リボルバーの機構について

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話 フォーラム 実銃掲示板 リボルバーの機構について

  • このトピックには2件の返信、2人の参加者があり、最後にフロイ線により3ヶ月、 2週前に更新されました。
3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #96719返信
    フロイ線
    ゲスト

    こんにちは、よろしくお願いします。
    リボルバーの撃発のメカニズムとして、ハンマーが、あるいはハンマーに押されたファイアリングピンがプライマーを叩いて撃発するという機構が(リボルバーに限った話ではないですが)一般的かと思うのですが、逆に、弾を装填したシリンダー部分をファイアリングピン(あるいはそれに準じた突起)にぶつけるようなリボルバーというのは存在しますか?

    #96723返信
    ポルポル
    キーマスター

    リボルバー以外では日野式自動拳銃(ブローフォワード)、ジャイロジェット、スラムファイアショットガンなどが思い当たりますが、リボルバーでは存在しないかもしれません。

    シリンダーだけを後退させるとシリンダーギャップが開いてしまうため銃身も後退させる必要があるなど、可動部分が重くなるため機構的に都合の悪い構造になってしまいます。

    銃身が可動するブローフォワードのリボルビングショットガンは存在しますが、それに加えて固定ファイアリングピンという構造のリボルバーは見た記憶がありません。

    #96735返信
    フロイ線
    ゲスト

    ありがとうございます!
    ブローフォワード式のリボルバーについて考えていた際に思い浮かんだのですが、やはり重くなりますね……

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
返信先: リボルバーの機構について
あなたの情報:




Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検出しました

 

広告ブロッカーをオフにしてブラウザを更新してください。

当サイトは広告収入で運営しており、広告を表示して応援していただける方へ情報を提供したいと考えております。

ご協力のほどよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました