銃の撃ち方【ピストル編】グリップの方法や狙い方とは?

Photo via gundigest.com

今回は銃の撃ち方、構え方についてご紹介したいと思います。

一言に「銃の撃ち方」と言っても方法は多種多様に存在し、時代と共に流行り廃りがあります。

多くのプロシューターが独自のシューティング・テクニックを考案していますが、人それぞれ体格や体重、手の大きさが異なり、使用する銃の大きさも様々なため、誰もが同じ撃ち方で良い結果が得られるとは限りません。

「銃はこうして撃たなければならない」といった回答は存在せず、「安全かつ正確な射撃ができればOK」という世界です。

そこで今回は基本に絞り、誰でも実践しやすいおすすめの「撃ち方」をご紹介します。

片手でグリップ

歴史的にハンドガン(拳銃)は片手で撃つことを前提に誕生した火器のため、まずは基本の片手グリップです。

可能な限りフレームの高い位置を握り、親指のつけ根と中指がフレームの高い位置に密着していることを確認してください。

ハイグリップ(高い位置を握る)は重要で、命中精度向上、速射性向上、作動不良防止に影響します。

リコイル(反動)はバレル(銃身)の位置で発生し、発射時に手首を支点にして跳ね上がる「マズルジャンプ」が起こります。

マズルジャンプを最小限に抑えるには、バレルから支点までの距離が可能な限り短くなくてはなりません。

低い位置でグリップすると激しくマズルジャンプするため、フレームの後退量が大きくなり、これがスライドの後退を相殺することで装填不良(ローディング・ジャム)が発生しやすくなります。

また「甘いグリップ」は「リム・リスティング(Limp wristing)」と呼ばれ作動不良の原因となるため、しっかりとグリップすることが求められます。

人差し指はフレームの上に置きます。

トリガーガード内に指を入れるのは射撃するときだけです。

指先をトリガーガードに乗せる方法は安全ではなく、タクティカル・シューティングではトリガーを引くまでの反応が遅くなるのでお勧めしません。

glock17wrist

銃の中心線が手首を通るようにグリップし、親指の付け根でリコイルを受けないように気をつけます。

ズレた状態でグリップすると当たらないどころか、手を痛めたり、ジャムの原因になります。

両手でグリップ

ハンドガンは両手でグリップすることで安定し命中率が高まります。

glock17hands-left

右利きの場合、最初に右手でグリップします。

次に左手の掌低をグリップに密着させ、右手と同様に左手も可能な限りフレームの上の方をグリップします。

左人差し指はトリガーガードの下に押し付けられます。

左親指はフレームにあててフレームとの接地面積を増やすと良いと考えるのは私の意見ですが、必須ではありません。

左親指でフレームを押しすぎると銃口が右へ動きやすくなるため注意が必要です。

glock17hands-right

左手の指で右手を包み込みます。

必ずしもグリップと平行に揃える必要はありません。

左人差し指でトリガーガードを巻き込むようにグリップするのも良いでしょう。

プロのシューターもグリップ方法は人によって千差万別です。

Photo via glocktalk.com

トリガーガードの先端にチェッカリングが用意されている場合は、左人差し指をトリガーガードに掛けるのも一つの方法です。

しかし、指が滑ってトリガーガード内に入ってしまい、誤射の原因となるリスクがあります。

私はベレッタ92FSを撃つ際は左人差し指をトリガーガードに掛け、右親指の爪を左親指の付け根で押さえつけるようにしてグリップします。

私の場合はこの方法が良い結果を出すのですが、個人差があるのでお好みで選択してください。

まずはトリガーガードに指を掛けない通常のグリップで試すことをおすすめします。

お勧めできないグリップ

Photo via v3wall.com
Photo via v3wall.com

ティーカップと受け皿に例えて「カップ&ソーサー」と呼ばれるグリップは、グリップした利き手をもう一方の手(サポートハンド)が下側から掴む方法です。

「ティー・カッピング」とも呼ばれ、映画やドラマでは定番のグリップです。

この状態で撃つとマズルジャンプでサポートハンドが銃から離れてしまうため、次弾発射時にもう一度グリップし直す必要があり、連続発射可能な銃に適していません。

Photo via sportsmansoutdoorsuperstore.com

カップ&ソーサーで撃つ場合は、シングルアクションの銃で使用すると良いでしょう。

アメリカの警察がリボルバーを採用していた時代には法執行機関の公式なグリップでしたが、時代と共に見直されました。

Photo via telegraph.co.uk
Photo via telegraph.co.uk

映画「ダーティーハリー」で有名になった「リスト・グラビング / リスト・ロック」は、手首をもう一方の手で掴むグリップです。

現実では意味のないグリップであり、マズルジャンプを抑えることはできません。

スタンディングの基本姿勢

基本姿勢の気をつけるべきポイントをご紹介します。

shootingstance

軽く前傾姿勢で体重の重心は前へ

後ろから押されても倒れない程度に前傾姿勢になることでリコイル(反動)に対応します。

これはライフルやショットガンでより重要になる姿勢です。

ウィーバーとアイソサリーズ(アイソセレス)

有名な射撃姿勢にウィーバーとアイソサリーズ(アイソセレス)があります。

ウィーバースタンス Photo via gunbelts.com

ウィーバースタンスは1950年代にジャック・ウィーバー氏によって考案されました。

一方の肘を伸ばして、もう一方の肘を曲げるウィーバースタンスでは上半身は目標に対して斜めになります。

反動を受け止めやすく、安定した射撃が可能です。

しかし、ボディーアーマーを着用している際、停弾効果の弱い部分、または保護されていない部分を相手に向けることになります。

また、左右のターゲットに対応しにくいため、近年は次第に廃れている印象があります。

アイソサリーズスタンス Photo via gunbelts.com

アイソサリーズスタンスは1980年代にロブ・リーサム氏らによって考案されました。

アイソサリーズ(Isosceles)とは日本語で「二等辺(三角形)」を意味します。

両手で銃を前へ突き出し、複数の目標に対応しやすい射撃スタンスです。

また即応性が高いのもこのスタンスの特徴です。

Photo via telegraph.co.uk
Photo via telegraph.co.uk

ドラマ「24」のジャック・バウアーは右腕を伸ばして左肘を大きく曲げるウィーバー・スタンスで撃つことが多いようです。

アイソサリーズスタンスとよく比較されますが、実際に撃ち合いとなったとき、人間は強いストレス状況下で自然に両腕を突き出して射撃する傾向が強いため、アイソサリーズの方が実戦的と言われます。

アイソサリーズは両足を平行に並べますが、近年では片足を半歩後退させる「モディファイド・アイソサリーズ」を利用するシューターが多くなっています。

Photo via watchesinmovies.info
Photo via watchesinmovies.info

私はウィーバーとアイソサリーズの中間が好みで、映画「コラテラル」のヴィンセント(トムクルーズ)の撃ち方に近い方法です。

体は目標に対して正面を向き、右腕を伸ばして左肘を小さく曲げます。

伸ばした右肘はロックさせないので、反動を受けたら自然に曲がります。

この映画ではテクニカルアドバイザーとして元SAS隊員のMick Gould氏が参加し、劇中のガンアクションも見事でした。

撃ち方には人それぞれ好みがあるため、自分にあったスタイルを選択すると良いでしょう。

腰は両足の間で安定させる

ハンドガンやライフルに限らず、腰を少し落としてボクシングの姿勢で射撃するとフルオートでも安定します。

あえて尻を突き出す必要はありません。

両足に掛かる体重の配分は「5:5」か「6:4」にします。

片足に過度の体重が掛かるのは姿勢が不安定になるので良くありません。

両肘と両膝は伸ばしきらずに若干曲げる

肘を伸ばしてロックしてしまうと反動を吸収できないため、肩を支点として銃と腕が跳ね上がりがちです。

連続射撃する場合は腕の跳ね上がりを最小限に抑え、手首から先だけが跳ね上がるように注意します。

しかし、腕を跳ね上げない程度の弱い弾薬を使用する場合は、肘を伸ばしきってロックさせてもOKです。

使用弾薬に対して反動を抑え込めるか否かは、シューターの体重、筋力、スキルによって左右されます。

両膝は若干曲げることで姿勢が安定します。

撃った直後にダッシュする際も、膝を曲げていれば動きやすくなります。

(右利きの場合)右足は半歩後ろで45度外側へ開き、左足つま先は目標方向へ向ける。

両足が揃っているより片足が半歩下がることでより安定し、連射時でも反動に対応できます。

また、次の動きに移りやすい利点があります。

このスタンスはハンドガンだけでなく、ライフルやショットガンでも効果があります。

(右利きの場合)握力は右手が3、左手が7の割合

利き手に力を入れすぎるとトリガーの動きに支障があります。

そのためもう一方の手(サポートハンド)で強めにグリップします。

無理に「7:3」である必要はないので、「6:4」でもOKです。

もし発射後に左手(サポートハンド)が銃から離れてしまう場合は、グリップする力が足りないと考えられます。

銃を力いっぱい握ると銃が震えますが、この状態から少しずつ力を緩め、振動が止まる程度の握力で射撃すると良いでしょう。

弱すぎず強すぎずが重要です。

glock17rotate

もう一つの方法は、両手を同じ力でグリップし、右手を左へ回転させ、左手を右へ回転させるようにしてグリップする方法です。

これはUSPSAチャンピオンのRobert Vogel氏らプロシューターが実践しています。

ただ注意したいのは、これはアイソサリーズ・スタンス専用のグリップであり、ウィーバー・スタンスでは無理があります。

Photo via pistol-training.com
Robert Vogel Photo via pistol-training.com

射撃姿勢の基本は自然体。首を傾げず、銃を目線まで持ち上げる。

銃を構える際に頭を斜めに(右利きは右へ)傾げるシューターがいますが、これは不自然な姿勢になるため正しくありません。

頭は動かさずに、銃を目線の先に突き出すようにして射撃します。

これによりターゲットを認識→構え→発砲という一連の射撃スピードが上がり、広い視界が確保可能なため複数ターゲットに対応することができます。

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検出しました

 

広告ブロッカーをオフにしてブラウザを更新してください。

当サイトは広告収入で運営しており、広告を表示して応援していただける方へ情報を提供したいと考えております。

ご協力のほどよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました