銃全般

最大射程距離と有効射程距離とは何ですか?

Photo via military.com

最大射程距離(限界射程距離)と有効射程距離の違いについて解説します。

スポンサーリンク

最大射程距離(マキシマム・レンジ)

Photo via military.com

最大射程距離(限界射程距離)とは、弾が到達可能な最大距離です。

銃を水平にして撃った距離ではなく、斜め上を狙い、弾が大きく放物線を描いて到達できる最大の距離です。

狙って命中させるのは不可能な距離ですが、人に命中すると死傷する可能性があります。

【例】 5.56mm弾を使用したM16A2ライフルの最大射程距離は約3,600mです。

最大射程距離は弾頭重量、弾速、弾頭形状(弾道係数)、口径などの違いによって異なります。

※気圧が低い場所では飛距離が伸びるため、海抜0mと標高4,000mで撃った場合、到達距離は約1,500mほど差があります。(弾頭や弾薬の条件によって距離が異なります)

最大有効射程距離(マキシマム・エフェクティブ・レンジ)

Photo via military.com

最大有効射程距離(有効射程距離)とは、必要とされる殺傷力や命中率を維持可能な最大距離です。

大雑把な目安として、ハンドガンは約20~50m、ストック付サブマシンガンは約50~100m、アサルトライフルは300~600m、スナイパーライフルは約600~2,000m程度となります。

【例】 5.56mm弾を使用したM16A2ライフルの最大有効射程距離は約550mです。

最大射程距離は弾薬の性能が影響するのに対し、最大有効射程距離は弾薬だけでなく銃のデザインの影響も受けます。

例を挙げると9mmピストルは20~50mの有効射程距離ですが、ストックやスコープを追加搭載することにより100m以上に延長することが可能です。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました