弾道学

強装弾、ホットロード、オーバーロード、+Pの違いを解説

強装弾」、「ホットロード」、「オーバーロード」、「+P」などの銃器用語があります。

弾薬(カートリッジ)の装薬量に関係する用語ですが、これらの意味を解説します。

スポンサーリンク

弾薬の基本構造

銃に使用される弾薬(カートリッジ)は、装填される装薬量によって弾速腔圧(銃身内や薬室内の圧力)が変化します。

装薬量を増加させると大きなパワーを得られる傾向がありますが、過剰な装薬量は銃の反動を大きくしたり、銃の破損や破裂事故に繋がる恐れがあります。

弾薬の構造は、薬莢(ケース)の中に装薬(火薬)を入れ、弾頭で蓋をする構造になっています。

薬莢の底には雷管(プライマー)が備わっており、銃の撃針(ファイアリングピン)が雷管に打撃を与えると圧力により雷管内の火薬が撃発します。

これにより装薬に引火し、高圧ガスが発生することで弾頭が圧力に押されて発射されます。

Photo via cheaperthandirt.com

薬莢先端は厚みが薄く、反対に後端は厚みがあります。

発射時には薬莢先端が膨張することで発射ガスが後方へ逃げるのを防ぎ、強い圧力が加わる薬莢後端を厚くすることで強度を得ています。

薬室や薬莢は耐えられる圧力に限界があり、限界を超えると破損するため、限界を超えない安全なレベルの装薬量や適切な燃焼速度の装薬を使用する必用があります。

スポンサーリンク

ホットロードとは?

ホットロード(Hot load)とは、通常より多く装薬が充填された、高圧を発生する弾薬です。

具体的な定義は無く曖昧な用語ではありますが、一般的にロードデータ(装薬の種類や量を提供するレシピ)やSAAMIが示す最大腔圧に近い圧力を発生させる弾薬は「ホットロード」と呼ばれる傾向があります。

SAAMI(Sporting Arms and Ammunition Manufacturers’ Institute/スポーツ用武器・弾薬製造者協会)は、1926年にアメリカ連邦政府によって発足した団体で、弾薬の基準や互換性など安全のための技術情報を提供しています。

Photo via quora.com

9mm弾を例に挙げると、一般的に重さ5~6グレイン(1グレイン=0.0647989グラム)の装薬が使用されています。

装薬には様々な種類やブランドが存在し、目標とする弾速や腔圧を得るために、必要な装薬の種類や装薬量が異なります。

弾頭重量115グレインの9mm弾の場合、「Blue Dot」という装薬を使用したとき最大(MAX)で装薬重量8.5グレインになります。そして、「AutoComp」という装薬を使用したとき最大で5.5グレインになり、これら両者共にホットロードの状態です。

「Blue Dot」が8.5グレイン装填された薬莢内は完全に装薬で埋まった状態になりますが、「AutoComp」が5.5グレイン装填された薬莢内の35%は空洞(エアスペース)です。

このように、「ホットロード=装薬が満杯に詰まった状態」ではなく、装薬の種類によってホットロードとなる装薬量が異なります。

スポンサーリンク

+P(プラスP)とは?

拳銃弾の画像

9mm+P」や「9mm+P+」のように、弾薬の名称の後ろに「+P」や「+P+」の表示が追加されることがあります。

これは通常より腔圧が高い弾薬を意味します。

例外はありますが、一般的に「+P」は通常より10%前後高圧で、「+P+」は10~25%高圧な弾薬です。

弾薬通常腔圧
(psi)
+Pの腔圧
(psi)
増加割合
.38 SPL17,50020,00014.29%
.38 ACP26,50036,50037.74%
9 mm35,00038,50010%
.45 ACP21,00023,0009.52%

ちなみに、NATO軍規格の9mmNATO(弾頭重量124グレイン)は36,500 psi(プルーフテストでは45,700 psi)で、民間の「9mm+P」に相当します。

注意したいのは、必ずしも「高圧=威力が強い」ではありません。

発生するパワーの大きさは弾頭重量や弾速などの条件によって異なります。

また、「+P」や「+P+」は銃に負荷を掛けるため使用には注意が必要となり、これら高圧の弾薬に対応する銃はモデルによって異なります。

自動車に例えると「+P」は急ブレーキと急発進を繰り返すようなもので、日常的に「+P」を使用することは推奨されません。

普段の射撃練習用に通常弾を使用し、護身用として携帯する際に「+P」を装填するといった使い分けが一般的です。

また、サブマシンガンに使用される弾薬は高圧な方が作動の信頼性が高いため、「+P」との相性が良いとされます。

オーバーロードとは?

オーバーロード(Overload)とは、ロードデータの限界値を超えた装薬量が装填された状態です。

例として、弾頭重量115グレインの9mm弾に「HS-6」という装薬を装填したとき、ロードデータでは最大(MAX)7.1グレインのため、7.2グレイン以上装填するとオーバーロードになります。

ロードデータで示されている最大値は安全に使用可能な範囲の限界値であるため、これを超えると危険です。

通常の2倍の装薬量を装填することを「ダブルロード」、3倍装填することを「トリプルロード」と言いますが、トリプルロードは薬室が破裂する確率が高いといえます。

強装弾とは?

強装弾とは、通常より高圧な弾薬を意味します。

「ホットロード」、「+P」、「+P+」はどれも強装弾です。

しかし、強装弾はオーバーロードではありません。

タイトルとURLをコピーしました