マグナムの意味とは?リボルバー以外にもマグナム弾は使用される?

.44マグナム Photo via Kishopa

ご質問を頂きました。

マグナムというのはリボルバーにしかないものなのですか?

それとも単にオートマチックの名前に表記されていないだけなのでしょうか?

マグナム弾はリボルバー用弾薬だけではなく、ピストル弾、ライフル弾、ショットシェルなど、それぞれのカテゴリーにマグナム弾が存在します。

マグナム弾とは?

Photo via guns.com

マグナム弾とは、一般的に従来の同系の弾薬よりケース(薬莢)が大きく、装薬量が多い弾薬です。

例を挙げると、.44マグナム(.44レミントンマグナム)は、.44スペシャルの装薬量を増量した結果誕生したものです。

しかし、「マグナム」の名称は弾薬メーカーによって定義が異なるため、必ずしも「マグナム=装薬量が多い=強力」とは限りません。

.338ラプアマグナムを例にすると、この弾薬は.416リグビーのケースを.338口径にネックダウンした弾薬ですが、ケース容量は.416リグビーの方が大きくなっています。

.338ラプアマグナムと.416リグビーのマズルエナジーを比較した場合でも、実際に使用されている装薬量や弾頭重量によって異なり、.338ラプアマグナムの方が大きなマズルエナジーになる傾向がある一方、その逆の場合もあります。

「マグナム」の名称はメーカーの判断で商品名として名づけられることが多く、どの程度以上の装薬量であればマグナムと呼ばれるといった定義や規定はありません。

マグナムは定義が曖昧な名称で、「なんとなく強力な弾なんだろうな~」という程度の認識でも問題ないでしょう。

マグナムの語源

.375 H&H Magnum Photo via surplusammo.com

マグナムはラテン語で「大きい」、「巨大」、「強力」、「重大」などを意味します。

語源を遡るとラテン語のmagnus(マグナス)、古代ギリシア語のmegas(メガ)、ペルシア語のmeh、ヒッタイト語のmēkkis・・・まで辿りますが、これらは「大きい」や「沢山」といった意味があります。

英語圏では1788年以降のラージサイズのワインボトル(容量2クォート)はマグナムと呼ばれており、これが元となって1912年に開発された強力なライフル弾である.375H&Hマグナムが登場するとマグナム弾が広く知られるようになりました。

そして1935年にS&W社が同社のM27リボルバーとその弾薬に「マグナム」と命名したことで、ハンドガンの世界でもマグナムの名称が一般化しています。

タイトルとURLをコピーしました