撃たれた容疑者はどうなるのか

  • このトピックには2件の返信、1人の参加者があり、最後にゆうたにより3週前に更新されました。
3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #90703返信
    ゆうた
    ゲスト

    実銃板に書こうか迷ったのですが、銃そのものには関係ないのでこちらでお願いすることにしました。
    できればいつも通りよろしくお願いします。

    日本でも38スペシャル弾で撃たれて命を落とす容疑者がいますが、アメリカの場合は容疑者が被弾し無抵抗な状態になった場合、すぐに救急車の要請などをするのでしょうか?
    それとも、まずは一旦警察で身柄を拘束して、治療の必要があると確認された場合のみ、治療を受けられるのでしょうか?
    日本の警察官が使う2インチ足らずのバレルから発射される38スペシャル弾より圧倒的に強力な9ミリルガーのホローポイント弾を主に使っているアメリカの警察官が発砲した弾を被弾した場合だと、重要な臓器を破損したと思われない場合でも、抵抗力がなくなったとみなされる時点で、治療されるべきだと思うのですが…。
    よろしくお願いします。

    #90706返信
    ポルポル
    キーマスター

    原則として容疑者が被弾し死亡したとしても手錠をかけて救急車を要請します。

    被弾し無抵抗になった容疑者が突然警官に襲い掛かるといった事例があるため、手錠をかけて救急車の到着を待つのが通常ですが、実際に全てのケースで同じ対応が行われているわけではなく、状況にもよります。

    ですが被弾した容疑者を治療しないということはありません。

    #90707返信
    ゆうた
    ゲスト

    ポルさん、いつもありがとうございます。

    アメリカは容疑者にちゃんとした権利を日本のそれ以上に与えるはずだと思いながら今回の質問をさせてもらったのですが、やはり手錠はかけられるのですか。
    アメリカの場合は麻薬などもありますから、鎮圧できたはずの容疑者が突如復活するケースも考えているのでしょうか。
    でも、救急車は呼んでもらえて治療はされるという事で、アメリカ発の動画で容疑者が警察官達に押しつぶされるように殺されるようなものは稀なケースだということですね。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
返信先: 撃たれた容疑者はどうなるのか
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました