スポンサーリンク

木製パーツに防湿加工がされる事はあるのか。

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話し フォーラム 実銃掲示板 木製パーツに防湿加工がされる事はあるのか。

  • このトピックには2件の返信、1人の参加者があり、最後に関口卓磨により1ヶ月、 1週前に更新されました。
3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #86005返信
    関口卓磨
    ゲスト

    ベトナム戦争中に米軍の制式ライフルがM14からM16へと変わった理由の一つについて、木製のM14のストックは高温多湿のベトナムの環境下では変形する等、悪影響を受けたからだというのを聞いて一つ疑問に思ったのですが、銃の木製パーツに防湿加工が施される事はあるのでしょうか?

    #86013返信
    ポルポル
    キーマスター

    >M14からM16へと変わった理由の一つについて、木製のM14のストックは高温多湿のベトナムの環境下では変形する等、悪影響を受けたから

    変形してもM14はM16A1より高い精度を維持可能なため、その情報は誤りだと思います。
    しかし湿度や温度が木製ストックの変形に影響することもあり、M14からM21へ更新される際にグラスファイバーストックに変更されたのは事実です。

    >銃の木製パーツに防湿加工が施される事はあるのでしょうか?

    耐水性を持たせるためにポリウレタンでコーティングされるのが一般的ですが、もともと木製ストックの内部には水分が含まれるため、完全に変形を防ぐのは困難です。
    ただし変形の影響はわずかなため、フリーフローティングバレルを使用し、射撃前にゼロインを行っていれば実用上の影響は殆どありません。

    もし高温または低温環境で使用するのであれば、ポリマーストックを選択するのがベストです。

    #86069返信
    関口卓磨
    ゲスト

    今回もお答え頂き、有り難う御座いました。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
返信先: 木製パーツに防湿加工がされる事はあるのか。
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました