弾薬の各部名称

 

拳銃弾/ピストル弾(9x19mm弾)

case-pistol

  1. ヘッド
  2. ボディ/ケースボディ
  3. ブレット/弾頭/弾丸
  4. ケースマウス 薬莢先端の口の部分
  5. リム エキストラクターが引っかかる縁の部分
  6. ヘッドスタンプ 製造メーカー名、口径、製造年などの弾薬情報が打刻されている
  7. プライマー(雷管)
  8. インデント/ストライク/ストライクポイント(撃針痕) 発射時にファイアリングピン(撃針)が叩いた痕
  9. エキストラクショングルーヴ エキストラクターの爪が入る溝

 

 

ライフル弾(5.56NATO)

case-rifle

  1. ブレット/弾頭/弾丸 先端に向かって傾斜が始まる部分はショルダーと呼ぶ
  2. カニュラー/カナルー/キャナルアー 薬莢先端(ケースマウス)が食い込んで保持する凹み。ホローポイント弾では過度の展開(エクスパンション)を抑えるために使用されたり、コア(弾芯)とジャケット(被甲)の分離を防ぐために使用される
  3. ベアリングサーフェイス 薬莢と接触する面
  4. ベース 弾丸の底面
  5. パウダー(装薬/火薬)
  6. ケースマウス
  7. ネック
  8. ショルダー
  9. ボディ/ケースボディ
  10. ヘッド
  11. エキストラクショングルーヴ エキストラクターの爪が入る溝
  12. リム
  13. べベル リム後部の傾斜部分

 



詳しい解説は弾薬の構造

 

 

ショットシェル(00バック・ショットシェル)

case-shotshell

  1. 表記:シェルレングス(ショットシェルの全長/インチ) 弾と火薬を装填前/発射後のケース全長
  2. 表記:装填されている弾(散弾)の種類
  3. 表記:シェルレングス(ショットシェルの全長/ミリメートル)
  4. クリンプ(スタークリンプ) プラスチックケースを内側へ折り込んでフタをしている。星の形に見えることからスタークリンプと呼ばれる。スラグ弾使用時など、内側へ巻いて折り込まれたものはロールクリンプと呼ばれる
  5. シェルケース/ケース
  6. ブラスヘッド/メタルヘッド/ロンデル/袴 
  7. ヘッドスタンプ 製造メーカーや口径などの情報が打刻されている
  8. プライマー(雷管)
  9. リム

※1-3の表記の場所と内容はシェルによって異なることがあります。

※内部はショット(散弾)、ワッド/ワッズ、パウダー(火薬)、プライマー(雷管)で構成されています。

shotshell

 

 

弾丸/弾頭/ブレット(.45ACP .357マグナム 9x19mm)

bullets-name

  1. パウダー(装薬/火薬)
  2. ベース 弾丸の底面
  3. ショルダー 先端に向かって傾斜が始まる部分
  4. カニュラー/カナルー/キャナルアー 薬莢先端(ケースマウス)が食い込んで保持する凹み。ホローポイント弾では過度の展開(エクスパンション)を抑えるために使用されたり、コア(弾芯)とジャケット(被甲)の分離を防ぐために使用される
  5. クリンプマーク 「かしめ」の痕。コア(弾芯)とジャケット(被甲)の分離を防ぐために弾丸に付けられたもの、または、弾丸をケース(薬莢)に装填後に弾丸の保持を確実にするためにケースの上から付けられたもの
  6. ベアリングサーフェイス 薬莢と接触する面

 

 

プライマー(雷管)

primers

primer2

primer2hole

 




 
 
 
 
 

 

こんな記事も読まれています





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ

過去記事(ランダム表示)