スポンサーリンク

銃弾に鉛を使用する理由とは?

faq_qサイトを拝見していてふと疑問に感じたのですが、銃弾というのはなぜ鉛で出来ているのですか?

また、他の素材で銃弾を作ることは出来るのでしょうか。

 

faq_a鉛を利用する一番のメリットは、価格が安くて比重が重い点です。

極端に言えば、プラスチックの弾頭を飛ばしても飛距離も伸びず、弾頭が持つエネルギーも格段に低いため必要なパワーを期待できません。鉛は融点が低く加工しやすいため、歴史的に古くから弾の材料として適した金属とされています。

また、鉛の柔らかさも重要で、弾薬メーカーは着弾時に弾頭がマッシュルーミング(マッシュルームの形になる)するように設計します。これは弾頭の先が潰れるとターゲット(人や動物など)に大きなダメージを与えられるためであり、柔らかくマッシュルーミングしやすい鉛の弾頭は、利用価値が大いにあります。

一方で鉛以外の素材で弾頭を作ることは、もちろん可能です。環境への配慮から鉛を使用しない弾頭も増えており、銅100%や銅合金100%の弾も存在しています。

また、比重の重いタングステンの粉を固めて造られたフランジブル弾(トレーニングや非殺傷用途)など、非致死性の特殊な弾薬も公的機関で広く使用されます。

弾の疑問FAQ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HB-PLAZA

著者プロフィール

ポル

子供時代(1987年頃)から鉄砲が好きなガンマニア。
アメリカ在住時には実銃趣味を持ち、日本では某エアガンメーカー社員だったこともある、何かと銃や射撃と関わる人生を送る男です。
(学生時代は弓道部でした)

HB-PLAZAをフォローする
タイトルとURLをコピーしました