.357マグナムは片手でも扱える?

faq_qオートマチックガンはブローバックする事によって反動を押さえているとどこかで読んだ気がしますが、 それでは、リボルバーは相当量の反動があるということだと思います。

ということは、某シティ・○ンターのサエバ○ョウ(CV:神谷明)のように 片手で、357マグナムを速射、精密射撃することは 可能なのでしょうか。

faq_aオートの銃が反動を抑える効果は僅かです。反動は火薬の燃焼時と弾頭が銃口を離れた瞬間に発生しますが、ほとんどの反動は弾が銃口を離れた瞬間からマズルブラストによって発生します。発射の瞬間には殆どショートリコイルもスライド後退もしていませんが、弾が銃口を離れてスライドとバレルが後退中に銃が後方へ押され反動を手に受けます。リボルバーやボルトアクション式では発射の瞬間の反動を直に手へ伝わりますが、ショートリコイル式ではバレル後退中分の反動が緩和されるため手に伝わる反動がマイルドに感じられます。

.357マグナムリボルバーの片手での射撃についてですが、時間をおいて一発ずつの精密射撃は十分に可能です。ですが、銃撃戦となった場合など、動きのある状態での片手での射撃の信頼性は両手には劣ります。

また、複数発を短時間に連射する際には、発射後の跳ね上がった銃口が元の位置に戻るまでに要する時間は、両手でグリップした状態より片手でグリップした状態の方が長くなります。この復帰の早さは射手の体重、筋力、握力、経験により差があるため、どれだけ精確に撃てるかは個人差があります。大男であれば楽ですが、小柄な体格だと難しいでしょう。

 


 
 
 
 
 
こんな記事も読まれています


にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ