リボルバーにサイレンサーを装着して消音効果はありますか?

q「リボルバーにサイレンサーをつけても消音、減音 しない。シリンダーとヨークの間の接触面から発射ガスが漏れるから。」と聞きました。 本当のところはどうなんでしょうか?

 

faq_aヨークではなく、シリンダー(弾倉)とバレル(銃身)の間(シリンダーギャップ)から発射ガスが漏れるため、銃口から発せられる音を抑えても消音、減音しません。これはリボルバーの構造上の問題で、ピストルとは異なり、バレルとチャンバーが独立しているためガス漏れが避けられないからです。



シリンダーギャップから放出される高温高圧のガスに触れることは危険を伴うため、銃を握る際は指がシリンダー・ギャップより前に出ないように注意する必要があります。

cylindergap

過去には、シリンダーを含むリボルバー全体を丸ごと覆ってしまうサイレンサーも存在しましたが、容易にリロードできなくなる上、消音効果も大きくなかったため実用的ではありませんでした。

なかにはガス漏れの無いリボルバーも存在します。ロシアのナガンM1895はユニークな構造を持ち、トリガーを引くと同時にシリンダーが押されて前進し、バレルにシリンダーが押しつけられてガス漏れを防ぎます。

このメカニズムはサイレンサーを利用するためのものではなく、発射ガスを無駄なく利用する目的で設計されました。当時は現在ほど火薬の性能が良くなかったため、使用弾薬を7.62mmと小口径にし、弾速を上げようとしたのです。




 
 
 
 
 
こんな記事も読まれています





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ

過去記事(ランダム表示)