銃の基礎知識

マシンガンの構造:ベルトリンクは内部でどうなっている?

M240 Photo via businessinsider.com

マシンガンはどうやって作動しているのでしょうか?

弾薬が連なったベルトリンクは、銃の内部でどうなっているのでしょうか?

今回はM240マシンガンを例にマシンガンの構造について解説します。

スポンサーリンク

マシンガンの作動構造

ボルトが後退しており、発射準備完了状態です。

トリガーを引くとボルトが前進し、弾薬を前へ押すことでリンクから分離されます。

ボルトが前進し弾薬を薬室内へ装填します。

ボルトがさらに前進するとボルトキャリア下部のロッキングレバーが下降しボルトをロックします。

これにより薬室が閉鎖されます。

そしてファイアリングピンが弾薬のプライマー(雷管)を叩き発射されます。

装薬の燃焼により発生した高圧ガスが銃身内を充満し、銃身の途中にある穴(ガスポート)を通って銃身の下に備わったピストンを後退させます。

ピストンが後退すると、ピストンと接続されたボルトキャリアが後退し、薬室内の弾薬が排莢されます。

ベルトリンクの引き込み構造

ボルトキャリアの上にはフィードレバーが配置されています。

フィードレバーはレール状になっており、ボルトキャリアの上に備わったローラーが通過する構造です。

フィードレバーは湾曲しているため、ボルトキャリアが前後に往復するとフィードレバーは左右に動きます。

フィードレバーの先端にはベルトリンクを引き込むためのフィードパウルが接続されています。

ボルトが前進するとフィードレバーが右に動き、ベルトリンクを引き込みます。

そしてボルトが後退するとフィードレバーが左に動き、またベルトリンクを引き込みます。

弾薬を引っ掛けるフィードパウルが上下に2つ用意されており、フィードレバーが左右に動く度に2つのフィードパウルが交互に弾薬を引き込む構造です。

弾薬と分離したリンクはそのまま排出され、弾薬も発射後に排莢されます。

MG3マシンガンの排莢構造動画

MG3マシンガンの動画を作りました。

よろしければこちらもご覧ください

タイトルとURLをコピーしました