ビーバーテイルとは何ですか?

ご質問を頂きました。

最近よく銃の改造に「ビーバー・テイル」というパーツが出てくるのを雑誌などで見るのですが、これはいかなる効果を狙ったものなのでしょうか?

ビーバーテイル(Beavertail)とは、その名の通り、形がビーバーの尻尾に似ていることからビーバーテイルと呼ばれています。

beavertail

主に1911モデルのグリップセイフティを進化させたもので、通常のグリップセイフティより大きく、後方に伸びた形をしています。

後ろへ長く伸びた「尻尾」が、グリップする手の親指の付け根部分にフィットし、反動を受けてもマズルジャンプ(銃口の跳ね上がり)を抑え、グリップをしっかりと確実に握れます。

ハンマーバイト Photo via gunsmagazine.com

また同時にハンマーバイト(ハンマーが親指の付け根の肉を挟むこと)を防ぎ、.45口径のような大口径ピストルや、ターゲットピストルで使用されることが多くなっています。

軍用では一部の特殊部隊等で使用されることもありますが、コスト高になるため大量に採用されることはありません。

また、ビーバーテイルはハンマーをカバーする形をしており、銃を落下させてもハンマーを直接の衝撃から守る役割も果たします。

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検出しました

 

広告ブロッカーをオフにしてブラウザを更新してください。

当サイトは広告収入で運営しており、広告を表示して応援していただける方へ情報を提供したいと考えております。

ご協力のほどよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました