ブローニングHPは携帯に適していますか?

faq_q数ヶ月前にGun誌の特集でブローニング・ハイパワーが記載されましたがいくつか疑問が湧きました

  • 現在、FN社ではブローニング・ハイパワーは約1000ドルで販売されており、中古品セールサイトでも状態の良いものであれば1000ドル以上の高値で取引されています。ハイパワー好きな方には申し訳ありませんが、この値段はブローニング・ハイパワーの持つ命中精度や耐久性・信頼性、操作性などに「見合った」価格と言えるのでしょうか?
  • カナダ軍やウルグアイ海軍、イギリス軍などはグロックやSIGなどが極めて幅広く普及していた2000年代初期でもハイパワーを正式装備していた様ですが(現在ではいずれも別の銃に更新したようですが)、それは一体何故でしょうか?単に予算不足で更新出来なかったのか、それとも使い慣れた銃だったからでしょうか?
  • チャット掲示板などでハイパワーをコンシールドキャリーガンに出来るかどうかという話題がたまにありますが、実際に可能なのでしょうか?個人的には全幅や全高はグロック17とほぼ一緒であるもののグロック17でも「大きい」と言われる事かありますから、秘匿携帯にはあまり向かない気がします。
  • ハイパワーの話題から少し逸れますが、DA/SAトリガーやグロックの様なトリガー機構の銃が大量に出回って いる現代において、「コック&ロック」は実用的なのでしょうか? 銃撃戦に置いては動作はトリガーを引くだけの方が扱いやすい気がしますし(それがグロックなどが普及した要因の一つだと思います)、正直、動画などを見ると携帯するにはかなり危なっかしい方法に見えます。また、ハイパワーはガバメントに比べるとコック&ロックの操作性が今一つとも聞いたことがあります。

 

Photo via wikipedia.com
Photo via wikipedia.com

 

faq_a>命中精度や耐久性・信頼性、操作性などに「見合った」価格と言えるのでしょうか?

ブローニングHPは非常に種類が豊富で奥の深いモデルです。細かな刻印の差や、製造された年代、状態、なども価格に影響するので、価格が妥当であるかどうかは個体別に判断する必要があると思われます。(HP専門のコレクターもいるぐらいです。)

 

>単に予算不足で更新出来なかったのか、それとも使い慣れた銃だったからでしょうか?

英軍に関しては2013年秋までに更新完了予定ですが、英国防省が発表した更新理由は、「信頼性が若干低下し、理想的とはいえなくなったことと、維持費が負担になったため」とのことでした。制式銃が更新されるときは、それぞれお国の事情があって、予算や政治的な理由など様々です。

 

>チャット掲示板などでハイパワーをコンシールドキャリーガンに出来るかどうかという話題がたまにありますが、実際に可能なのでしょうか?

個人的にブローニングHPをCCWとしていた人を知っているので可能だと思います。これは理想的か実践的かではなく、あくまで可能という意味ですが、平均的日本人男性を前提としても、無茶なサイズではないと思います。

ネット上の「○○はコンシールドキャリー可能か?」という議論は、「27cmの靴は履きやすいか?」と議論しているのと同じことだと思うので、それは「使う人の体格や思想次第」ではないかと思います。もし議論するとしたら、携帯状況と特定のモデルの特定の仕様を例にし、ドロウに不都合な点があるかなど、詳細な条件を出さないと議論にならないのではないかと。

 

>「コック&ロック」は実用的なのでしょうか?

SAであれば実用的で有効だと思います。1911のようなSAモデルをキャリーする人は大抵この方法です。外部ショックを与えてもインターナルセイフティーがあれば安全ですし、セイフティオフになってもトリガーさえ引かなければ弾は出ません。

 

>ハイパワーはガバメントに比べるとコック&ロックの操作性が今一つとも聞いたことがあります。

以前HP(MKII)を撃ったことがありますが、扱いやすいセイフティとは言い難いところがありますね。MKIはセイフティを交換しない限り、コック&ロックでキャリーするには絶望的に厳しいと思います。

 

 


 
 
 
 
 
こんな記事も読まれています


にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ