銃全般

銃身に備わっているライフリングとは?ライフリングの役割について

faq_q「ライフリング」ってなんですか?

右だとか左だとか書いてあったりするのですが、何のことだかさっぱりわかりません。

faq_aライフリングとは銃身内に刻まれている溝です。

銃を発射する際、弾丸が銃身(バレル)内を加速して発射されます。このとき銃身の内側に刻まれている溝「ライフリング」によって弾が回転します。

弾を回転させるとコマの原理(ジャイロ効果)によって飛翔中の弾が空中で安定し、命中精度が向上します。

もしライフリングが無ければ空中で横転するなどして飛距離や威力が低下したり、命中精度に悪影響が生じます。

DSC_5171

ライフリングは1500年代中頃から使用され始め、現在では殆どの銃器にライフリングは存在し、逆にライフリングの無い銃身は「スムースボア(滑空腔/滑空銃身)」と呼ばれています。

ショットガンでは球形の散弾が使用されるためライフリングを必要としない場合がありますが、ショットガンでもスラグ弾(一発弾)を使用するためにライフリングで弾に回転を掛けて命中精度を高める場合もあります。

「右」「左」と言われているものは、「溝(ライフリング)の回転方向」を示しており、銃の後方(射手側)から銃身内部を見て右回りか左回りかで判別されます。

例として「右6条」と記載されているデータがある場合、これは溝が合計6本あり、それらは後ろから見て右回りに回転している事を指しています。

タイトルとURLをコピーしました