スポンサーリンク

射撃後のクリーニング

20070921cleaning_beretta
〜 クリーニング中 〜
発射数が多かったにもかかわらず、予想よりカーボンの汚れは軽いものでした。
スライドのレールを磨いてオイルで皮膜を作ると格段に動きが良くなります。
もちろん、フィーディングランプも磨いてツルツルに。

 

20070921cleaning_kimber
あっ、9mm用のブラシが写っちゃった(笑)

昔からモデルガンで慣れていたとはいえ、初めてKimberをクリーニングした頃はリコイルスプリングの硬さやパーツの噛み合わせに翻弄され、かなりの時間を掛けていました。しかし、何度か繰り返しているとコツを掴んで慣れるので、短時間でメンテできるようになります。やはり繰り返し作業は大事ですね。

ピストル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HB-PLAZA

著者プロフィール

ポル

子供時代(1987年頃)から鉄砲が好きなガンマニア。
アメリカ在住時には実銃趣味を持ち、日本では某エアガンメーカー社員だったこともある、何かと銃や射撃と関わる人生を送る男です。
(学生時代は弓道部でした)

HB-PLAZAをフォローする
タイトルとURLをコピーしました