拳銃に使用されるコーンバレルとは?コーンバレルの長所と短所とは?

faq_qコーンバレルとはどういうものなのですか?

faq_aコーン・バレル(Cone Barrel)のコーン(Cone)は「円錐」を意味しますが、これはバレル(銃身)の先端が円錐状に膨らんでいるバレルです。一般的にはヘビーバレル(Heavy Barrel)、またはブルバレル(Bull Barrel)と呼ばれることもあります。

Photo via forum.1911forum.com

主にコルト・ガバメントに代表されるモデル1911系の銃など、スライドがバレルを覆っているタイプに使用されます。

従来のミリタリー・モデルを含む1911シリーズでは、バレル先端を固定し命中精度を高める為に、”バレル・ブッシング”という部品が用いられますが、コーン・バレルはバレル・ブッシングを必要とせず、バレルが直接スライドと接してバレルを安定させます。

 

question_cone_barrel001

 

構造は本来バレル・ブッシングの収まる位置でバレルが太くなっており、スライド内側に直に接してバレル先端を固定し安定させます。

スライドとバレルとの間に別パーツを使用しない為、がたつきをより減少させることからマッチ仕様(競技用銃)に多く用いられます。

また、先端側が重くなるため瞬間的に狙いをつけやすく、銃口の跳ね上がり(マズルジャンプ)も抑制されることから速射性向上の利点があります。

通常、ブルバレルは表面が磨きこまれ、スライドとの滑りもよくスムーズに作動し非常に高精度です。しかし反面、タイトに作られているために隙間の幅のある通常モデルより異物に対してデリケートな傾向があり、ジャム(回転不良)の可能性が高まる事から軍用や警察用としては不向きです。

タイトルとURLをコピーしました