9mm弾と.38スペシャル弾の実力差とは?

Photo via shootingtimes.com

.38スペシャルは9mm(9x19mm)と比較すると非力なのでしょうか?

.38スペシャルは「豆鉄砲」と揶揄されることがありますが、これは事実でしょうか?

今回は.38スペシャルと9mmの違いについて解説します。

.38スペシャルと9mmの違い

平均的な.38スペシャルのマズルエナジーと弾速は9mmより劣ります。

9mmを100%とすると、.38スペシャルは約50~70%程度です。

.38スペシャルは1898年に設計された弾薬で、当時はブラックパウダー(黒色火薬)が使用されていました。

しかし、スモークレスパウダー(無煙火薬)の普及により使用する装薬量が減少したものの、ケース(薬莢)の規格サイズは現在も当時と同じため、内部は空洞(エアスペース)が多くを占めています。

装薬量は弾頭重量や装薬(パウダー)の種類によって異なりますが、.38スペシャルでは約2.5~7グレイン、9mmでは約3~8グレインの装薬が使用されています。

※1グレイン=0.0647989グラム

フルメタルジャケット(FMJ)で比較

距離25ヤードでの弾道を比較すると、このようになります。

緑の線が.38スペシャル、青の線が9mmです。

弾道は常に放物線を描きますが、双方の曲線の頂点を比較すると、.38スペシャルは、9mmより約8mmほど高い高度で飛んでいます。

9mmは軽量高速でフラットな弾道を描き、.38スペシャルは低速重量弾により弾道の放物線が大きくなります。

勿論、使用する弾頭重量や弾速によって結果は異なりますが、概ねこのような傾向がみられます。

以下はフルメタルジャケット弾を使用した際の弾道データです。

.38スペシャル(FMJ)の弾道データ

フェデラル アメリカンイーグル 130 gr FMJ
弾道係数 0.174 G1 / サイト高 0.2インチ

距離
(ヤード)
弾速
(フィート/秒)
エナジー
(ft-lbf)
弾道
(インチ)
0810189.0-0.2
25794182.00.0
50779175.0-3.2
75765169.0-10.1
100751163.0-20.6

9x19mm(FMJ)の弾道データ

フェデラル アメリカンイーグル 115 gr FMJ
弾道係数 0.119 G1 / サイト高 0.2インチ

距離
(ヤード)
弾速
(フィート/秒)
エナジー
(ft-lbf)
弾道
(インチ)
01180356.0-0.2
251105312.00.0
501046279.0-1.6
75998254.0-5.1
100958234.0-10.9

9mmは、弾速、エナジー共に.38スペシャルより勝っていることがわかります。

ホローポイント(JHP)で比較

以下は、ホローポイント弾の比較です。

代表的な製品として、スピアー・ゴールドドットの弾道データです。

.38スペシャル(JHP)の弾道データ

スピアーゴールドドット +P 125 gr JHP
弾道係数 0.14 G1 / サイト高 0.2インチ

距離
(ヤード)
弾速
(フィート/秒)
エナジー
(ft-lbf)
弾道
(インチ)
0945248.0-0.2
25917233.00.0
50891220.0-2.4
75867209.0-7.5
100845198.0-15.5

9x19mm(JHP)の弾道データ

スピアーゴールドドット +P 124 gr JHP
弾道係数 0.135 G1 / サイト高 0.2インチ

距離
(ヤード)
弾速
(フィート/秒)
エナジー
(ft-lbf)
弾道
(インチ)
01150364.0-0.2
251088326.00.0
501039297.0-1.6
75997274.0-5.3
100962255.0-11.1

この比較では双方の弾頭重量が近いため、さきほどのフルメタルジャケットの比較よりも弾速差が少なくなっていますが、弾速とパワーは依然として9mmの方が優位にあります。

しかし、.38スペシャルは「豆鉄砲」と呼ばれるほど非力ではありません。

対人としては、致命傷となる部位に命中すれば、死に至る確率の高い殺傷力を持ち合わせていますし、9mmよりリコイル(反動)が小さいため、護身用としても広く使用されている弾薬です。

グリズリー(ハイイログマ)を倒した事例

最後に.38スペシャルで熊(グリズリー)を倒した事例をご紹介します。

2011年9月13日、アメリカのワイオミング州にて、二人のハンターがエルク(アメリカアカシカ)を狩るために険しい山中(標高2878m)を移動していました。

二人は弓で猟を行うボウハンターで、そのうちの一人は弓と.38スペシャルリボルバーを携帯しています。(以下、氏名不明なためハンターA、ハンターBと呼称します)

午前10時ごろ、倒木の多い場所を横断中に熊が現れました。

熊はハンターAに飛び掛かってきたため、倒木の上へかけ上げると、熊は驚いて雑木林の中へ逃げていきました。

そして熊が見えなくなるまで待ち、危険なため二人は下山することにします。

下山途中、大きな音を聞いた二人はエルクだと思ったところ、熊が走ってくるのが見えました。

ハンターAは急いで倒木の幹に登り、ハンターBも弓を捨て、近くの倒木を登ろうとしました。

しかし、ハンターBは滑って仰向けに落ちてしまいます。

倒れたハンターBは襲ってくる熊を足で蹴ると、熊はハンターの足首をつかみました。

そしてハンターBはハンターAに向かって「Shoot the bear!(熊を撃て!)」と叫びます。

ハンターAは.38スペシャルリボルバーを2発発砲。

すると熊はハンターBから離れたものの、次にハンターAに向かっていきます。

ハンターAは震える手で熊に向かってもう1発撃つと、熊はその場に倒れました。

発砲時の距離はいずれも6フィート(約1.8m)以内だったとのことです。

同日、通報を受けたワイオミング州魚類野生生物局はハンターと共に現場を訪れ、熊を解剖しました。

熊の体内から変形が少ない弾頭2発と、大きく変形した弾頭1発を発見し、恐らくこの変形した弾頭が熊の脊髄に命中したことが致命傷になったと考えられています。

情報元:ammoland.com .38 Special Effective Against Wyoming Grizzly Bear

タイトルとURLをコピーしました