チャーターアームズ・ブルドッグは警察で使用されている?

FAQ Qチャーターアームズブルドッグについて質問があります。
メディアガン・データベースというサイトで「バックアップ用に愛用する警察官も少なくない」と書かれていましたが、本当に実際に使用されていたのでしょうか?

また、同威力(ジュール値で見た場合)で値段も安い22マグナムや威力の高い40S&Wや9mmパラべラムがある中で、現代でわざわざ44スペシャルを選ぶメリットはあるのでしょうか?

 

14420チャーターアームズ・ブルドッグ .44spl

Photo via www.charterfirearms.com

 

FAQ Aチャーターアームズ・ブルドッグが予備のバックアップガンとして民間や警察で使用されていたのは有名です。70~80年代に人気が高かったモデルで、価格がリーズナブルであったため広く普及しました。また、アメリカの警察は日本の警察とは異なり、警察署によって(口径など必要条件を満たしたうえで)携帯する銃を自由に選択できることが多いので、許可されればどんなモデルが使用されていても不思議ではありません。

次に、.44スペシャルのパワーについて確認してみます。

 

口径弾頭重量gr弾頭の種類初速(MV)fpsエナジー(ME)ft-lbs
.44SPL165JHP1500825
180JHP1000400
200JHP920376
246LRN755310
.22WMR40FMJ1910324
9x19mm115FMJ1150338
.40S&W165FMJ985356
.45ACP230FMJ850370

 

弾薬は、メーカー、弾頭重量、弾頭の種類、使用火薬の種類などによって初速やエナジーが異なります。.44スペシャルは、9x19mmや.40S&Wといった現在警察で使用されるポピュラーな弾薬と比較しても、パワーが劣るとはいえないでしょう。エナジーに注目すると、.45ACPを上回るパワーの.44スペシャルも存在するように、バックアップガンとして十分な性能を持つ弾薬であることがわかります。


 
 
 
 
 
こんな記事も読まれています


にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ