日本警察のリボルバーはなぜ装弾数5発なのか?

faq_q最近アニメなどで5連装リボルバーをよく見かけます(コナン、十二国記など)が 、あれは日本のリボルバーですよね?

なぜ6連装じゃないのか、理由をご存じありませんか?

 



faq_a当該のアニメを拝見していないので、それが日本製リボルバーなのか断定できませんが、リボルバーの装弾数はそのモデルの目的や口径によって異なります。

使用されるフレームの大きさによって弾が装填されるシリンダーの大きさが決定され、必然的に装弾数にも限界が生まれます。小型のフレームを使用した中口径のリボルバー(.38splなど)は、その大きさから6~7発以上の装填が出来なくなります。しかし、同型フレームを使用しても、弾種が小口径(.22LRなど)を使用するモデルの場合、弾は8発以上装填する事も可能になります。また逆に、大型フレームを使用するリボルバーでも、その口径が大きくなればシリンダー容量の限界から6発以上装填できなくなるモデルも存在します。

日本の警察が使用するリボルバー「ニューナンブM60」は、装弾数が5発です。これは小型のフレーム(Jフレーム)を使用し、.38splという中型サイズの弾を使用するためにシリンダーの容量から決定されている装弾数です。同口径で同じ弾種でも、使用するフレームサイズが大きくなればシリンダーも大きくなり、装弾数を6発に増やす事ができます。

なぜ日本の警察が装弾数5発のリボルバーを採用しているのかについては、小型化により重量を軽くすることで携帯性を向上させ、現場の現状から多弾数を必要としないと判断されたからと思われます。

 




 
 
 
 
 
こんな記事も読まれています





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ

過去記事(ランダム表示)