S&W社製リボルバーのフレームサイズ一覧

リボルバーには様々な大きさのフレームが使用されていますが、同時にフレームの呼称がバラバラで混乱されがちだと思います。

そこで今回は、S&Wのフレームサイズをまとめてご紹介します。

 

コルト社製リボルバーのフレームサイズ一覧
コルト社製リボルバーのフレームサイズをご紹介します。 Dフレーム(スモールフレーム) 199...
スポンサーリンク

Mフレーム

S&W レディスミス Photo via liveauctioneers.com

S&Wレディスミスでのみ使用されており、ハンドエジェクター・リボルバーでは最も小さなフレームです。

Mフレームのレディスミスは装弾数7発の.22口径で、1902年から1921年まで製造されていました。

 

Iフレーム

S&W ハンドイジェクター Photo via imfdb.org

装弾数6発の.32口径リボルバーで使用される小型フレーム。

サイズはJフレームと似ていますが、フレームウィンドウ(シリンダーが入るスペース)がJフレームより小さいという特徴があります。

 

インプルーブド・Iフレーム

S&W ハンドイジェクター Photo via imfdb.org

Iフレームを改良した新型フレーム。

Iフレームではメインスプリングに板ばね(リーフスプリング)が使用されていましたが、新型Iフレームではコイルスプリングに変更されています。

サイドプレートのスクリュー数は4本のままです。

Iフレームは廃版となり、Jフレームが導入されました。

 

Jフレーム(Eフレーム)

Photo via S&W

チーフスペシャル、センチネル、ボディーガードなどでお馴染み、装弾数5発の.38口径や装弾数6発の.32口径で使用される小型フレームです。

1995年に.357マグナムを使用するために僅かにサイズアップされ、これは「Jマグナムフレーム」と呼ばれています。

1997年以降に製造されたJフレームは全て「Jマグナム」に移行していますが、一般的な呼称は「Jフレーム」のままです。

S&Wの社内ではステンレスのJフレームをEフレームと呼んでいます。

 

 

Kフレーム(Fフレーム)

S&W 67 Photo via S&W

装弾数6発の.38口径リボルバーで使用される中型フレーム。

ミリタリー&ポリス・モデル10(.38スペシャル)や次元大介でお馴染みモデル19(.357マグナム)などで使用されています。

S&Wの社内ではステンレスのKフレームをFフレームと呼んでいます。

 

Lフレーム(Hフレーム)

S&W 686 Photo via S&W

ミディアムフレームのKフレームに対し、少し大きなミディアム・ラージのLフレーム(.38口径)です。

使用弾薬は.38スペシャルや.357マグナムなどですが、多くは.357マグナムモデルです。(モデル586や620等)

サービスマグナム(.357マグナム)、ターゲットマグナム(.357マグナム)、内蔵型ハンマーのセンチネル(.38スペシャル)などで使用されています。

S&Wの社内ではステンレスのLフレームをHフレームと呼んでいます。

 

Nフレーム(Gフレーム)

S&W 629 Photo via S&W

装弾数6発の.38口径や.44口径で使用される大型フレームです。

.357マグナムや.44マグナムのリボルバーで多く使用されます。

モデルナンバーでは、27、28、29、327、520等々。

S&Wの社内ではステンレスのNフレームをGフレームと呼んでいます。

 

Xフレーム

S&W 500 Photo via lockharttactical.com

S&W M500などで使用される特大フレーム。

.460S&Wや.500S&Wのリボルバーで使用されています。

コルト社製リボルバーのフレームサイズ一覧
コルト社製リボルバーのフレームサイズをご紹介します。 Dフレーム(スモールフレーム) 199...
タイトルとURLをコピーしました