水平二連散弾銃(中折れ式)の構造と仕組み

中折れ式(ブレイク・アクション)の水平二連散弾銃の構造と仕組みについて解説します。

モデルによって若干構造が異なりますが、今回はウィンチェスター・モデル21を参考にしています。

 

スポンサーリンク

ウィンチェスター・モデル21の構造と仕組み

覚えておきたいパーツ名は上の通りです。

トリガーは前後に二つ配置されており、前のトリガーを引くと右の銃身から発射され、後ろのトリガーを引くと左の銃身から発射されます。

二つのトリガーを同時に引いて二発同時発射が可能なため、狩猟の際に大型の獲物に対しても有効です。

また、シアー、ハンマー、コッキングロッド、コッキングレバー、エジェクションハンマー、エジェクターは、左右で対になっています。

 

発射

ハンマーはコックされた状態で保持されており、シアーハンマーの動きを妨げています。

スプリングによってコッキングロッドハンマーを前方へ引っ張っている状態です。

 

トリガーを引くと、シーソーの様に動くシアー後方が持ち上がり、シアー前方が下がってハンマーを解放します。

解放されたハンマーコッキングロッドに引っ張られてショットシェル(弾薬)プライマー(雷管)を叩き、発射されます。

 

銃を折る

排莢と装填を行うには銃を折ります。

銃を折るにはトップレバーを右へ動かします。するとレバーの回転軸が左回転し、ロッキングボルト(緑のパーツ)が後退します。

ロッキングボルトが後退するとロックが解除され、銃を折って装填と排莢が可能になります。

 

排莢の仕組み

銃を折るとショットシェルが自動的に排莢されて1メートルほど後方へ飛びます。

 

銃の銃身側にはエジェクションシアーがあり、銃を折るとレシーバーに接触したエジェクションシアーが僅かに回転します。

このとき、ヒンジを軸として回転する銃身によりエジェクションシアーエジェクションハンマーの接触が断たれます。

そしてエジェクションシアーから解放されたエジェクションハンマーエジェクターを叩き、ショットシェルが排莢されます。

 

コッキングの仕組み

銃を折ると、自動的にハンマーがコックされます。

銃を折ると、銃身側に備わっているコッキングレバーがヒンジを軸として銃身と共に回転します。

するとコッキングロッドが押されて後退し、ハンマーを起こします。

ハンマーが回転するとシアーが上昇してハンマーを捉え、コックされた状態を保持します。

 

ウィンチェスター・モデル21では、分解時に銃身とレシーバーを分割し、フォアアーム(先台)を外した状態で空撃ちするとコッキングレバーの位置がずれてしまい、フォアアームが再度取り付けられなくなります。

この場合、レシーバーを台に押し付けたり、工具を使用するなどして外部からコッキングレバーを押し下げるとハンマーがコックされ、フォアアームが取り付けられるようになります。

 

装填

新しいショットシェルを装填して折った銃を元に戻すと、エジェクターレシーバーに接触し、エジェクションハンマーが前進します。

エジェクションハンマーが前進するとエジェクションシアーが上昇し、エジェクションハンマーを捉えて排莢する準備が整います。

 

セイフティ(安全装置)の仕組み

ウィンチェスター・モデル21ではグリップの上にスライド式のセイフティが備わっています。

セイフティオフの状態ではトリガーが引けます。ロッキングブロックも後退できるため、銃を折って装填と排莢が可能です。

セイフティを前へスライドさせてオンにすると、トリガーロッキングブロックの動きが妨げられます。

これによりトリガーを引いたり装填や排莢を行うことが不可能な状態となります。

 

上下二連散弾銃(中折れ式)の構造と仕組み
上下二連式散弾銃のコッキングについて。 この銃はよくクレイ射撃などで使用されていますがコッキングの仕組みがよくわ...
タイトルとURLをコピーしました