ピープサイトの穴の大きさと使い分け

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話し フォーラム 実銃掲示板 ピープサイトの穴の大きさと使い分け

  • このトピックには2件の返信、1人の参加者があり、最後に西京信樹により1週、 3日前に更新されました。
3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #80386返信
    西京信樹
    ゲスト

    昔持っていたMP5かG3のエアソフトガンに、リアサイトがVノッチと丸穴が大中小の4パターンを回して切り替えられるものが有りました。
    丸穴のサイトはピープサイトというものだということはわかったのですが、
    穴径の違いは実際には狙う距離に応じて使い分けたりするものなのでしょうか?
    その場合、これくらいの距離ならこのサイズといった目安はあるのでしょうか?
    それとも単純に個人個人の見易さで自由に変えれば良いものですか?
    貴稿 https://hb-plaza.com/rear-sights/
    も拝見しましたが、距離による使い分けまでは言及されていなかったので気になった次第です。

    #80395返信
    ポルポル
    キーマスター

    サイトはメーカーやモデルによって使用方法が異なります。

    H&K MP5では大きさの異なる4つの穴がありますが、これはどれを使用しても着弾点は同じです。
    H&Kでは9x19mmNATOを使用し25メートルでゼロインしており、25~100メートルでの使用を想定しているため、これ以上の距離を狙うことは想定していません。
    どのサイズの穴を使用するかは、射手の好みや周囲の明るさ/暗さに合わせて使用します。
    最も精度が高くなるのは小さな穴ですが、穴が小さいほど暗い場所では視認性が悪くなります。

    Vノッチまたはスクエアノッチは100メートルまでの距離で使用されます。
    またライフルで1~4の数字が刻印されている穴は、それぞれ100、200、300、400メートルを意味します。

    H&Kのピープサイトは、フロントサイトのリングの周りに「明るい輪」が現れるようにして狙うのが正しい方法です。

    #80437返信
    西京信樹
    ゲスト

    ポルさん

    ご回答ありがとうございます。
    距離に応じて選ぶものではないんですね。

    H&Kのピープサイトの正しい使い方、初めて知りました。
    確かにフロントサイトがリング状になっていますが、図のように合わせて視るものなんですね。大変勉強になりました。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
返信先: ピープサイトの穴の大きさと使い分け
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました