エッセイ

少女前線のドルフロでも人気のCz52ピストル(実銃)を実射テスト

7.62x25mmトカレフ弾を使用するCz52を実射したので感想を述べたいと思います。

射撃の感覚が伝われば幸いです。

スポンサーリンク

少女前線のドルフロでも人気のCz52ピストル(実銃)を実射テスト

注文していた7.62x25mmトカレフ弾がやっと届いた。

弾の無い銃なんてモデルガン同然で、毎日スライドを引いたりトリガーフィーリングを楽しむぐらいしかできなかった。やはり銃は道具である以上、撃てなければ面白くない!

 

・・・ということで弾が届いた今、シューティングレンジへ!

カリフォルニアの青い空の元、レンジのカウンターで使用料を払おうとすると、「今日はサービスだ」といって2人分でトータル5ドル負けてくれました。ありがとうレンジマスター!

さすがに日曜日ということもあって、馴染みのレンジは盛況だった。

家族連れや友人同士、恋人同士で賑わっている。

なかには、一人で黙々と撃ち続ける「シリアスシューター」も居た。

アジア系のある男性は、ひたすらSIG P226を撃ち続ける。彼はよく見かけるシューターの一人だ。
まだ話しかけたことは無いが、また見かけたら話しかけてみようかと思う。

そして、その隣の白人の大男はデザートイーグルの.44MAGをスペアマガジン3本付で持ち込んでいた。
彼は私の左隣で撃っていたので、排莢された.44MAGカートが私の足にコツン、コツンと何度もヒットした。

この日は珍しく2丁のデザートイーグルを見かけたが、やはりデザートイーグルは高価なので、周囲のシューターにも気になる存在だ。

何人かが彼に、「リコイルは大きい?」「どこで買ったの?」といった質問をし、「リコイルはシャープな.45ACPみたいなものだよ。」といったやりとりがあった。
そして、そのままシューティングの様子を見た。ドゴーン!ドゴーン!ドゴーン!と3発発射。

しかし、ターゲットのどこにも穴が空かない。そして4発目にしてターゲットの端に命中。
固定バレルで命中精度に定評があるデザートイーグルはきっと泣いている。

 

080104cz52d

スタンディングで15ヤードからの結果。中央の黒丸の直径は約20cm。最初の1マガジンは散ってしまったが、慣れてくると集弾するようになった。練習次第で2~3インチは狙えそう。

さて、肝心のCz52はどの程度のアキュラシーを見せてくれるのか?

雑誌のレビューを見るより、自分で撃った方がその理解度は全く違う。今回の実射は楽しみにしていた。

今回使用した弾は、ウィンチェスターの7.62x25mmトカレフ弾だが、製造はメイド・イン・チェコリパブリックだ。

弾頭重量は85グレインのFMJ。

ネックダウンされたケースを使用し、非常に高速で撃ち出される。

悪名高いトカレフ・ピストルに使用する弾なので日本の裏社会でもポピュラーな存在かもしれない。

 

TT33 Photo via Wikipedia

たまたま、この日となりで撃っていたシューターがトカレフTT33を使用していた。
彼の弾はノリンコ製で、星のマークがスタンプされている。

 

Cz52のマガジンには8発入る。
月刊GUN誌2004年3月号でもレポートされていたが、あともう少しで9発入りそうで入らない。

ここで意外に感じたのは、そのマガジン・スプリングの柔らかさだった。
全く固く無く、力を必要とせず簡単に弾を込めていける。
単にヘタっているのかと思ったが、スペアマガジンも同様だった。

Cz52はスタームルガーMKⅡやワルサーP38、またはSIG P220のようにマガジン・キャッチ・レバー(ヒールマガジンリリース)を採用しているため、素早いマガジンチェンジはやりづらい。
片手でマガジンを抜けず、おまけに挿入時もスムーズにいかない。
しかし、半世紀も昔の銃なのでしょうがない。

 

マガジンを挿入しスライドを引くとカシャンと高い音をたてた。そしてトリガーを引き第一弾を撃発。

イメージ的にズガーンと抜けるような音で、ベレッタ 92FSより大きく迫力を感じた。

スライドの後退スピードも速く、リコイルも92FSより鋭い。

また、トップライトで跳ね上がりも大きい。
エネルギー量を見ても9mmLUGERより大きいだけのことはある。

そして何より、排莢されたケースがよく飛ぶ。
カートの飛距離はトカレフほどでは無いが、ケースが軽いこともあって斜め後方45度方向へ5メートルも飛んだ。
92FSやM1911では1メートル程度なので、その違いがよく分かる。

1箱50発撃ち終える前にジャムが発生した。

閉鎖不良で、あと一歩というところでエキストラクターがリムに掛からない。

スライドの後ろから軽く叩いてやる程度で閉鎖するのだが、リコイル・スプリングがあともう少し強ければ快調作動すると思う。

また、もう一つ意外な欠点があった。
それは、リコイルを受ける際にトリガーの先が人差し指の腹に刺さる感覚があるというもの。
100発も撃つと指の腹に痛みを感じ、グリップに気を付けた方が良いのかもしれない。
これはまた次回にも色々試して確認してみたいと思う。

なにわともあれ、銃声も派手でケースが勢い良く飛び、撃っていて気持ちの良い、スカッとする銃だ。

 

ジャムったCz52。リコイルスプリングがヘタっているのか、スライドが完全に閉鎖されていない。

あともうちょっとで閉鎖なのに・・・。

 

Cz52オートマチックピストル【前編】
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました