M16で芸術作品?

m4
3日前のニュースですが、こんな記事を見ました。



アメリカのニューヨークでは、美術大学の学生たちが平和への願いを込めて、ライフル銃を使ったユニークな展覧会が開かれました。
 作品に使われているのはM−16というライフル銃。ベトナム戦争でアメリカ軍が使ったことでも知られています。こちらは、M−16を使ったサッカーゲームです。テディベアもあります。
 「幸せの象徴を作りたかったんです。サーカスは子供たちを喜ばせるからね」(作品を作った生徒)
 アメリカの軍事費は年間およそ50兆円。M−16も世界中に輸出され、現在も80ヶ国以上で、この銃が使われています。
 「生徒たちにはM−16を使って、本来の目的とは違った、意義ある物を作りなさいと課題を出しました」(作品展を企画したオキャラハン先生)
 作品展のタイトルは、「DISARM・・・NEW YEAR,NEW USE」。作品には生徒たちの豊かな発想と、平和への思いが込められています。
NYの美大生、平和願い銃使った展覧会

私のような鉄砲好きの目から見ると、ベビーカーのフレームにイチロクなんてカッコイイ!と思ってしまいます。
やはり芸術とは受け手の捉え方次第でしょう。これらの作品から平和の願いが感じられるか否かは別として、面白い作品集だと思います。(インタビューでは”平和への願い”なんて触れてませんが、ここにTBSの思惑?が込められている気がするのは気のせい?)




 
 
 
 
 
こんな記事も読まれています





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ

過去記事(ランダム表示)