ハイブリッド・サプレッサー

Photo via SilencerCo
Photo via SilencerCo

サイレンサーコ社(SilencerCo)が新製品「ハイブリッド」と「オメガ9K」の二種類のサプレッサーを発表しました。

一般的なサプレッサーは銃の使用弾薬に合わせて設計されますが、今回のハイブリッドモデルは9mmのピストル弾から.45-70GOVのライフル弾までマルチに対応する珍しい製品です。

装着する銃によってアダプターを交換することで異なる銃に対応可能です。ライフルでは装着が簡単なQDアダプターを使用し、ピストルではピストンを組み合わせて装着します。

ピストンはショートリコイルするピストルを作動させるのに必要なパーツで、これが無いと連続発射できず、エアコキのように一発ずつ手動でスライドを引く必要があります。しかし、バレルが固定されているピストルでは不要です。

 

モデル名ハイブリッドオメガ9K
対応口径9mm~.45-70GOV9mm~.300BLK
平均音圧125.7デシベル (9mm)
130.4デシベル (.45ACP)
123.7デシベル (.300 BLK)
138.3デシベル (.458 SOCOM)
140.6デシベル (.45-70 GOV)
131.5デシベル (9mm)
133.7デシベル (.300 BLK)
重量13.8オンス(391g)8.8オンス(250g)
全長7.8インチ(20cm)4.7インチ(12cm)
直径1.565インチ(4cm)1.475インチ(3.8cm)
フィニッシュグレー・セラコートブラック・オキサイド
価格(MSRP)999ドル(約118,700円)865ドル(約102,800円)

スペックを見る限り性能が良さそうですが、メーカー発表なので「話半分」として見ておきましょう。

ハイブリッドを使用した9mmの音圧レベルは125.7デシベルとなっています。これはジェットエンジンの騒音と同等ですが、サプレッサーとしては良い性能でしょう。

9mmピストルはサプレッサーなしだと160デシベル程度なので、それに比べたらイヤープロテクターをしなくても耐えられるレベルといえます。ピストルは150~160デシベル前後、ライフルは170デシベル以下が多いので、30デシベル減音できれば合格点です。

 

 

ハイブリッド

以下、ハイブリッドの動画です。

 

 

以前記事で触れましたが、サプレッサーを装着するとガスが抜けないので、スライド周辺からモクモクと煙が漏れやすくなります。

 

サプレッサー動画の辛いところは、性能差が視聴者に伝わらないところだと思います。映像では音圧レベルを再現できず、音質が変わった程度しか認識できません。

私がアメリカで撮影したサプレッサー動画に「銃声の大きさはあまり変わらないな」と視聴者の方からコメントをいただくことがありますが、それを見ると「実際の生の音は違うんだけどな~」と凄さが伝わらないことが残念です。とはいえ、スピーカーで160デシベルを再現したら、とんでもない近所迷惑ですが。

 

 

オメガ9K

こちらはオメガ9Kの動画です。こもった様な独特の銃声がカッコイイですね。

 

 

 

 

耐久性の違い

 

そしてこちらの動画は、「もし.22LR専用サプレッサーで5.56mm弾を使用したらどうなるか?」を実験しています。

短時間にも関わらず、高温高圧に耐えられずに崩壊する様子がよくわかります。

今回のハイブリッドのような製品は、高温高圧に耐えられる性能が求められます。

 

 


 
 
 
 
 
こんな記事も読まれています


にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ