FBIが.40S&Wより9mmを選択した理由とは?

faq_qFBIが.40S&Wから9mmのオートマチックに切り替えると聞きました。

9mmのオートマチックから.40S&Wに切り替えたのにどうしてまた9mmに戻したのでしょう?

マイアミであった事件がきっかけに開発されたと説明があったのでメリットがあるのになぜ今口径を戻すのでしょうか?

 

faq_a現在の9mmルガーが昔に比べて進化したことと、総合的に.40S&Wよりメリットが多いと判断されたためです。

 

 

マイアミ銃撃事件

1986年4月11日、フロリダ州マイアミでFBI捜査官と銀行強盗犯との間で銃撃戦が発生し、FBI捜査官二名と容疑者二名が死亡しました。

以前に「S&W 1076のトリガーシステムの長所短所とは?」の記事でも触れましたが、この事件を切っ掛けにFBIは9mmルガー(JHP)から10mmオートへ、そして.40S&Wへと弾薬を変更します。

 

Photo via FAPDF Forensic Analysis Of April 11 1986 FBI Firefight
Photo via FAPDF Forensic Analysis Of April 11 1986 FBI Firefight

事件当時、FBI捜査官と容疑者の間でカーチェイスとなり、容疑者の車が他の車と挟まれて動けなくなりました。

ルガーMini-14ライフルを手にした容疑者は車外へ出ようとしたものの、ドアが開かないため窓から飛び出します。そこへFBI捜査官が30フィート(約9m)の距離から9mmルガー(ウィンチェスター・シルバーチップJHP)を発射し、容疑者に命中させました。

 

Photo via FAPDF Forensic Analysis Of April 11 1986 FBI Firefight
Photo via FAPDF Forensic Analysis Of April 11 1986 FBI Firefight

弾は容疑者の右腕を貫通し(骨には命中せず)、潰れて展開された弾頭が肺に進入して心臓の手前で停弾します。

ところが、被弾したにもかかわらず容疑者は右腕と肺にダメージを受けながらも銃撃を継続でき、このとき発砲したFBI捜査官を含む二名の捜査官を射殺しました。(この後、容疑者は別の捜査官に胸部を撃たれ死亡)

この事件がFBIに与えた衝撃は大きく、弾が命中しながらも容疑者の行動を止められなかった反省から10mmオートを採用します。

Photo via shootingtimes.com
Photo via shootingtimes.com

しかし、10mmオートを使用するとフレームは大型化し、発生するリコイルが大きいことや、リコイルが強いことによるパーツの消耗が激しいといった理由から、同口径でありながらよりコンパクトな設計の.40S&Wが採用に至ります。

 

 

再評価が検討された9mmルガー

FBIで弾薬のテストを行う部門「ディフェンシブ・システムズ・ユニット」はあらゆる弾薬のテストを継続していましたが、2007年から9mmルガーの再採用を検討し始めます。

ホローポイント弾の技術は年々向上しており、特に弾頭重量147グレインのスピアー・ゴールドドットG2は1986年当時の9mmルガー・ホローポイント弾と比較すると各段の進化が見られ、より効果が高いことが判明します。現在の水準に照らし合わせると、30年前の9mmルガーJHPは現在のホローポイント弾の最低レベルの性能しかないことが分かってきました。

FBIは「貫通力」と「弾速(軽量で高速)」を重要視しており、人体内を12~18インチ(30~45cm)貫通する能力を求めています。.40S&Wと9mmルガーを比較した場合、9mmルガーはこの点で優位にあります。また、手の小さい捜査官には.40S&Wのピストルはトリガー・リーチが長く操作し辛いと不評であったこともあり、次第に9mmルガーが注目を浴びました。

 

 

調査して判明したこと

2014年7月25日、FBIは9mmルガー弾を使用するピストルを採用することを事前公示し、以下の調査結果が明らかとなります。

  • 拳銃弾のストッピングパワーについてはFBI内部でも様々な意見があり、長年議論されてきたことだが、FBIはその議論の根底にあるものが「myth(根拠のない話し)」と断定。どの口径が最も優れるのかは「可能性」でしか議論されておらず、ハンドガンのストッピングパワーも根拠が無い。
  • 弾薬で重要視されるのは貫通力で、12~18インチの貫通力が必要であり、2007年以降の法執行機関向け弾薬は飛躍的に性能が向上している。
  • 9mmルガー、.40S&W、.45ACPを同じ条件で比較した場合、9mmが最も優れる結果となった。
  • 銃撃事件で法執行機関のオフィサーが発砲した70~80%の弾はターゲットに命中していない。
  • 9mmルガーは、マガジン装弾数が多く、リコイルが小さい、弾薬コストが安い、パーツの消耗が少ないため銃の維持費が安い、作動時の信頼性が高い。
  • スピードシューティング時の命中率が9mmの方が.40S&Wより優れる。
  • 法執行機関向け弾薬の9mm~.45ACPによる銃創を確認した結果、殆ど違いが見られない。
  • 法執行機関向け9mmルガー弾は、他の弾薬と比較しても性能に遜色がない。

 

 

まとめ

ロサンゼルス警察は.40S&Wのグロックから9mmルガーのS&W M&Pに変更し、ニューヨーク市警も使用弾薬を9mmルガーに変更しました。

昨年10月にはFBIが次期採用ピストルを選定することを発表し、8,500万ドル(約97億円)の契約となることを明かしています。

米陸軍では拳銃弾の大口径化の動きがありますが、法執行機関は9mmルガーを採用する傾向にあるようです。

FBIの決断をみると、今回の決定は9mmルガーが人体に対して効果があると結論付けたのではなく、むしろ「9mm~.45ACPはどれも殆ど違わないが、それならばコンパクトな9mmルガーが良い」と判断したと見た方が良いかもしれません。

単純にストッピングパワーを求めるならデザートイーグル.50AEでも採用すれば解決することですが、求められているのは総合的なバランスです。

9mmルガーは装弾数が多く、リコイルが小さいため速射性に優れる。リコイルが小さければ、速射時の命中率が高くなる。9mmルガーは他の弾薬より薬室装填がスムーズでジャムが少ない。弾薬コストとピストルの維持費も9mmルガーの方が優れ、フレームの大きさを抑えられるため手が小さくても扱える。近年のピストルはモジュラー化されバックストラップ交換可能とはいえ、.40S&Wを使用するピストルは手の小さな射手には指がトリガーに届かないなど問題があります。

このような点から、9mmルガーと.40S&Wが弾道学的に殆ど同等であれば、9mmルガーを選択するのは当然かもしれません。

これまで何度か「弾の疑問FAQ」で触れましたが、人体に対する弾の効果は条件次第で様々です。.45ACPを複数発受けても生き残る場合もあれば、.22LR一発で絶命することもあります。問題は当たり所次第であり、脳や脊髄といった神経系を破壊するか、動脈を切断し失血しなければ、ターゲットに反撃の機会を与えてしまいます。当たり所によって効果が異なるなら、できるだけ多くの弾を撃ち込めて命中率の高い9mmルガーは、総合的に優れているといえるでしょう。

2016年6月30日追記FBIは9mm口径のグロック17とグロック19の採用を決定しました。

 


 
 
 
 
 


にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ