銃全般

リボルバーよりピストルの方が反動が小さい?.357マグナムは片手でも扱える?

コルトパイソン Photo via rockislandauction

faq_qオートマチックガンはブローバックする事によって反動を押さえているとどこかで読んだ気がしますが、 それでは、リボルバーは相当量の反動があるということだと思います。

ということは、某シティ・○ンターのサエバ○ョウ(CV:神谷明)のように 片手で357マグナムを速射、精密射撃することは 可能なのでしょうか。

faq_a自動銃によって反動を抑える効果はわずかです。

反動は火薬の燃焼時に動き出す弾頭と、弾頭が銃口を離れた瞬間のガス圧(マズルブラスト)によって発生します。

発射の瞬間には殆どバレルもスライド後退していませんが、弾が銃口を離れてスライドとバレルが後退中に銃が後方へ押され大きな反動を手に受けます。

リボルバーやボルトアクション式などでは発射の瞬間の反動を手に直接受けますが、ショートリコイル式ではバレル後退中の反動がバレルを動かすエネルギーに消費され手に伝わる反動がマイルドに感じられます。

.357マグナムリボルバーの片手での射撃についてですが、時間をおいて一発ずつの精密射撃は十分に可能です。

ですが、交戦時など動きのある状態での片手のみの射撃の精確性は両手保持に劣ります。

また、複数発を短時間に連射する際には、発射後の跳ね上がった銃口が元の位置に戻るまで時間を要し、両手でグリップした状態より片手でグリップした状態の方が遅くなります。

つまり、速射時には両手で支える方が速く撃つことが可能です。

この復帰の早さは使用弾薬や銃の種類のみならず、射手の体重、筋力、経験などにより差があり、どれだけ精確に撃てるかは個人差があります。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました