スポンサーリンク

空撃ちはしない方が良い?

faq_q実銃においても、カラ打ちは厳禁なのでしょうか?

銃が傷むことはないのでしょうか。

faq_a銃によりますが、基本的に空撃ち(ドライファイア)はオススメしません。

数回のドライファイアで銃は傷みませんが、長い目でみるとファイアリングピンを痛め、実弾を使用している場合よりも早く傷むことがあります。特にブリーチブロックの内側にダメージが蓄積されひび割れを起こしたり、ファイアリングピンが折れることもあります。そのため、ドライファイアを楽しむ場合は下の写真右側のようなドライファイア用ダミー・カートリッジを使用することが推奨されます。

このカートリッジの底にはファイアリングピンを受け止めるためのシリコンやスプリングなどが埋め込まれています。

dryfire

カートリッジ左は実弾。右は空撃ち用ダミーカート(スナップ・キャップ)。

しかし、現代の軍用銃では信頼性が向上しているため、殆ど気にする必要はありません。

銃の疑問FAQ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
HB-PLAZA

著者プロフィール

ポル

子供時代(1987年頃)から鉄砲が好きなガンマニア。
アメリカ在住時には実銃趣味を持ち、日本では某エアガンメーカー社員だったこともある、何かと銃や射撃と関わる人生を送る男です。
(学生時代は弓道部でした)

HB-PLAZAをフォローする
タイトルとURLをコピーしました