フルオート火器

H&K MP5サブマシンガンの種類、刻印の意味、歴史について解説

H&K MP5A3 Photo via spiegel.de

H&K MP5シリーズについて解説します。

スポンサーリンク

MP5とは?

Photo via heckler-koch.com

MP5は9x19mm弾を使用するサブマシンガンです。

1977年にソマリアで起こったルフトハンザ航空機ハイジャック事件でMP5を装備した特殊部隊(GSG9)が成功をおさめて以来注目を集め、操作性の良さ、射撃時のコントロールのしやすさ、命中制度など様々な点で優秀なサブマシンガンとして評価され、ギリシャ、パキスタン、サウジアラビアなど中東諸国をはじめとする14か国でライセンス生産されています。

MP5の数字の意味

ネーミング、ナンバリングについてですが、これはH&K社独自の規格があり、MP5の“5”サブマシンガンを意味しており、その後ろに続く数字はストックの形状や機能面などモデル名を意味します。

また、「A」はドイツ語で「バージョン(Ausfuehrung)」を意味します。

このMP5(マシーネン・ピストール・5)とは当時のテスト名であり、そのまま引き継がれています。

HK54 Photo via firearms.96.lt

MP5が生まれた当初は”MP5″のみでしたが、その後テレスコピックストック(伸縮式メタルストック)付きが登場し、これはMP5A1と名づけられています。(試作MP5はMP54 / HK54)。

MP5A3 Photo via deactivated-guns.co.uk

A1はストック無しのレシーバーバットキャップのみ、A2は固定ストック付き、A3はスライド式伸縮ストック付き、A4は固定ストック付きで3点バーストモデル、A5はスライド式伸縮ストック付きで3点バーストモデルです。

H&K MP5SD Photo via H&K

そして更に発展を続け、MP5K(ショートモデル)、HK94(輸出用セミオート民間モデル)、MP5SD(サプレッサーモデル)、SP89(民間用ピストルモデル)など多数登場しています。

MP5シリーズの種類

MP5/40 Photo via Vickers Tactical

H&K社製MP5シリーズ

モデル概要
HK54固定ストック
伸縮式ストック
フリップアップリアサイト
MP5A1バットキャップ
MP5A1(NT)バットキャップ
ネイビートリガーグループ
MP5A1(3RB)バットキャップ
3点バーストトリガーグループ
MP5A2固定ストック
MP5A2(NT)固定ストック
ネイビートリガーグループ
MP5A3伸縮式ストック
MP5A3(NT)伸縮式ストック
ネイビートリガーグループ
MP5A4
MP5A2(3RB)
固定ストック
3点バーストトリガーグループ
MP5A5
MP5A3(3RB)
伸縮式ストック
3点バーストトリガーグループ
MP5SFA2固定ストック
セミオートオンリー
MP5SFA3伸縮式ストック
セミオートオンリー
MP5-N伸縮式ストック
ネイビートリガーグループ
ステンレスサプレッサー用スレッデッドバレル
トリチウムフロントサイト
MP5PT2トレーニング弾用(実弾使用不可)
固定ストック
MP5PT3トレーニング弾用(実弾使用不可)
伸縮式ストック
MP5PT4トレーニング弾用(実弾使用不可)
固定ストック
3点バーストトリガーグループ
MP5PT5トレーニング弾用(実弾使用不可)
伸縮式ストック
3点バーストトリガーグループ
MP5SD1バットキャップ
サプレッサー
MP5SD1(NT)バットキャップ
サプレッサー
ネイビートリガーグループ
MP5SD2固定ストック
サプレッサー
MP5SD2(NT)固定ストック
サプレッサー
ネイビートリガーグループ
MP5SD3伸縮式ストック
サプレッサー
MP5SD3(NT)伸縮式ストック
サプレッサー
ネイビートリガーグループ
MP5SD4
MP5SD1(3RB)
バットキャップ
サプレッサー
3点バーストトリガーグループ
MP5SD5
MP5SD2(3RB)
固定ストック
サプレッサー
3点バーストトリガーグループ
MP5SD6
MP5SD3(3RB)
伸縮式ストック
サプレッサー
3点バーストトリガーグループ
MP5SD-N伸縮式ストック
ネイビートリガーグループ
ステンレスサプレッサー用スレッデッドバレル
トリチウムフロントサイト
MP5Fラバーパッド伸縮式ストック
アンビスリングループ
高圧弾対応
3点バーストトリガーグループ
MP5Kショートバージョン
MP5K(BC)ショートバージョン
ブリーフケースモデル
MP5K(NT)ショートバージョン
ネイビートリガーグループ
MP5KA1ショートバージョン
固定サイト
MP5KA4
MP5K(3RB)
ショートバージョン
3点バーストトリガーグループ
MP5KA5ショートバージョン
ロープロファイルアイアンサイト
3点バーストトリガーグループ
MP5K-Nショートバージョン
ネイビートリガーグループ
ステンレスサプレッサー用5.5インチスレッデッドバレル
トリチウムフロントサイト
MP5K-PDWショートバージョン
サイドフォールディングストック
MP5/1010mmオート
MP5/40.40S&W
SP89
SP5K
ピストルバージョン
セミオートオンリー
HK94ライフルバージョン
セミオートオンリー
SP5バットキャップ
セミオートオンリー

コピー/ライセンス生産品

モデル概要
T94 ZSG
T94P
T94A
T94K
T94SD
トルコ製MP5
AT94
Z5Rs
Z5K
トルコ製MP5
アメリカ民間市場モデル
MP10フィリピン製セミオートMP5
POF SMG-PK
SMG-PK1
POF4ピストル
POF5ピストル
パキスタン製MP5K
OFB Anamika 9mmインド製MP5
LDT HSG-94
LDT HSG-94K
ルクセンブルク製セミオートMP5

製造年の表記

MP5に刻印には独自の規則があり、数字の0~9はA~Kで表示されています。

例:1987年製は「87」ではなく「IH」と刻印されます。

0123456789
ABCDEFGHIK

モデル名と略称の意味

H&Kで使用される略称には以下の意味があります。

  • A = Ausführung (バージョン)
  • G = Gewehr (ライフル)
  • K = Kurz (ショート、またはカービン)
  • AG = Anbau-Gerät (アタッチメント・デバイス) またはAnbaugranatwerfer (マウンテッド・グレネードランチャー)
  • GMG = グレネードマシンガン
  • GMW = Granatmaschinenwaffe (オートマチックグレネードランチャー)
  • MG = マシンガン
  • MP = マシンピストル
  • PSG = Präzisionsschützengewehr (精密射撃ライフル)
  • PSP = Polizei-Selbstlade-Pistole (ポリス・セルフローディング・ピストル)
  • SD = Schalldämpfer (サプレッサー)
  • SG = Scharfschützengewehr (スナイパーライフル)
  • SK = Subkompakt (サブコンパクト)
  • SL = Selbstlader (オートローダー)
  • UMP = ユニバーサル・マシン・ピストル
  • UCP = ユニバーサル・コンバット・ピストル
  • USC = ユニバーサル・セルフローディング・カービン
  • USP = ユニバーサル・セルフローディング・ピストル
  • VP = Volkspistole (国民ピストル)
  • ZF = Zielfernrohr (ライフルスコープ)
  • S = Sicher(セイフティ)
  • E = Einzelfeuer(セミオート)
  • F = Feuerstoß(バースト、またはフルオート)

MP5の歴史年表

1948年エドモンドヘッケラーとセオドアコックによりH&K(ヘッケラー&コック)社創設。
1959年G3ライフル製造開始。
1964年MP5開発に至る「プロジェクト64」始動。
1966年12月、MP5完成。ドイツ警察とスイス警察に採用される。
1968年MP5用ブランクアダプターが開発される。
1971年MP5改良。
ボルトのセレーション廃止、トリガープル軽量化、ボルトキャリア短縮、エジェクションポート大型化。
1972年薬室サイズ変更。
リコイルスプリングガイドロッド大型化。
ストック素材にグラスファイバー追加。
1973年トリガーハウジング素材にグラスファイバー追加。
グリップを空洞化。
湾曲バットプレート廃止。
レシーバーにスコープマウンティングポイントを追加。
1974年MP5SD試作。
1975年新型コッキングレバー追加。
1976年湾曲マガジン(バナナマガジン)開発。
HKの南アフリカ地域セールス担当者の要請によりMP5K(クルツ)を開発。
1977年輸出向けにラッカーコーティング開発。
1978年ブリーフケースMP5K開発。
伸縮式ストックにラバーバットプレート追加。
新型エキストラクタースプリングテスト完了。
輸出向けにトロピカルフォアアーム開発。
1979年新型キストラクタースプリング(銅色)に変更。
1980年溶接方法変更によりレシーバー強化。
1982年3点バースト開発。
1983年ロックドボルトMP5SDをテスト。
アメリカでHK94販売開始。
1984年ダイナマイトノベル社のトレーニング用弾を使用するMP5PT開発。
MP5用グレネードランチャーがテストされる。
1988年塩水に対応したコーティング済みマリタイムMP5開発。
1989年エジェクターの高さを0.5mm上げる。
SP89開発。
伸縮式ストックのバットプレートを鋳造化。
1990年スペシャルSEFセレクター開発。(右側のセレクターシャフトを押すとフルオートに切り替わる)
1991年ボルトヘッドとブリーチの仕様を変更。
ローラーホルダーをプレート型からスプリング型へ変更。
MP5K-Nを開発。
1992年米国FBIの要請によりMP5/10(10mm)とMP5/40(.40S&W)を開発。
1999年フランス軍向けにMP5F開発。
2000年MP5/10、MP5/40製造終了。
2013年MLI(Mid Life Improvement)バージョン開発。
2016年SP89の発展版であるSP5Kを開発。
2019年SP5を開発。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました