スポンサーリンク

標高が高いと射程距離が伸びる?

faq_qGUNの出てくる漫画で読んだのですが、これらは本当なのでしょうか?

本当だとしたらなぜこのようになるのでしょうか?

(1) 夜は弾道が上にズレる

(2) 標高が高いと射程距離が伸びる

 

faq_a

スポンサーリンク

(1) 弾道について

弾道は気温や気圧に影響され、長距離射撃になると地球の自転も考慮されます。

ですが、弾道は昼夜で変化する事はありません。

もし影響が出るとしたら、射手側の問題かもしれません。

例えば、射手については、スコープを使用しない状態で射撃する際には夜間は照準し難いために、サイトの見方にズレがあるのかもしれません。

また、銃の問題としては、日中と夜間では照準方法が違う事もありえます。

日中はオープンサイト(光学機器を使用しない照準)でありながら、夜間は暗視スコープを使用するとした場合、この二つの照準にズレがあれば、弾道も狙ったところには当たらないでしょう。

つまり、最初から違うところに狙いを定めているから当たらないという事です。

夜間だから弾道が上にずれるといった事はありません。

 

(2) 標高との関係について

標高が高いと気圧が低くなるため、射程距離が伸びます。

空気抵抗の小さい場所では、弾速は減速し難くなります。

例えば、.308win(7.62x51mm)を標高0mで撃つと最大射程距離は約4kmですが、標高3,600m(12,000 ft)で撃つと5.6kmまで伸びます。

弾種や口径によって伸び率は様々ですが、ライフル弾では少なくとも最大射程距離が1km以上伸びる傾向があります。

著者プロフィール

ポル

子供時代(1987年頃)から鉄砲が好きなガンマニア。
アメリカ在住時には実銃趣味を持ち、日本では某エアガンメーカー社員だったこともある、何かと銃や射撃と関わる人生を送る男です。
(学生時代は弓道部でした)

HB-PLAZAをフォローする
タイトルとURLをコピーしました