ライフルで使用されるケースレス弾とは? H&K社の4.7mm OH DE11

Photo via hkpro.com
Photo via hkpro.com

ご質問を頂きました。

ケースレス弾という弾種があると聞いたことがあるのですが、どんな弾なのでしょうか?

ケースレス弾とは薬莢を使用しない弾薬です。

ケースレス弾は1970年代にドイツのダイナマイト・ノーベル社とH&K社によって次世代ケースレス式ライフルの開発中に登場したのが始まりです。

その名の通り、ケース(薬莢)を持たない弾薬であり、発射時に弾頭以外の全てが燃焼するため、銃からケースが排莢されることがありません。

H&K社は弾薬名”4.7mm OH DE11”を開発し、これには様々な試作品とバリエーションが存在します。

口径は4.7mm、”OH”はドイツ語の「ケースレス」の頭文字を表し、”DE11”はドイツ軍内での弾薬名です。

開発段階では薬室内温度が上昇することにより装薬が自然発火してしまう「クックオフ」という現象に悩まされましたが、これを克服し完成されました。

しかし、この弾薬を使用するG11ライフルの開発自体が頓挫し、量産化されることなく現在に至ります。

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検出しました

 

広告ブロッカーをオフにしてブラウザを更新してください。

当サイトは広告収入で運営しており、広告を表示して応援していただける方へ情報を提供したいと考えております。

ご協力のほどよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました