ハンマーに空いた穴は何のために存在するのですか?

ご質問を頂きました。

ハンマーの端やグリップの下にある穴は何の為にあるのでしょう?

何かを付ける目的であるのでしょうか。

ある人はふざけて、「ストラップを付けるんだ」とか、「落とさないように紐か何かを付ける」と私をからかいます。

ピストルのハンマーに穴がある理由について解説します。

ハンマーの穴の存在理由

穴の空いたハンマーはリングハンマースケルトンハンマーと呼ばれ、これには存在理由があります。

命中精度向上

Photo via wilsoncombat

ハンマーに穴を開けることで軽量化によりハンマーの動作が速くなり、ロックタイムが短縮されます。

ロックタイムとは、トリガーを引いてからファイアリングピン(撃針)がプライマー(雷管)を叩いて撃発するまでの時間を指します。

ロックタイムが短くなると銃が大きくブレる前に発射されるため、命中精度が向上します。

製造コスト削減

ハンマーを製造する際、ハンマースパー(ハンマーの突起)を切削するより丸いハンマーを切削する方が簡単に製造可能です。

指が引っ掛かりやすいようにハンマーにはある程度の大きさ(面積)が必要になり、そのままでは重いハンマーになってしまいますが、穴を開けるだけで軽量化が可能なため、安価に製造することができます。

ハンマーの形状が丸い理由

Photo via dailycaller.com
Photo via dailycaller.com

引っ掛かり防止(スナッグフリー)

Photo via gunsandammo.com

丸いハンマーはホルスターから銃を抜く際に衣服などに引っ掛かり難くする目的があります。

通常のハンマースパーは引っ掛かりやすいため、丸いハンマーはコンシールドキャリー(隠匿携帯)に適しています。

しかし、近年ではハンマーそのものが存在しないハンマーレスピストルに人気があります。

ハンマーバイトの防止

Photo via gunsmagazine.com

発射時に起き上がったハンマーがフレームやグリップセイフティの間に親指の付け根を挟む事故(ハンマーバイト)を防ぐ目的で丸いハンマーが利用されます。

ハンマーバイトには個人差もありますが、特に手の大きな射手は注意が必要です。

後方へ突き出した形状の「ビーバーテイル」もハンマーバイトを防ぎ、銃の落下からハンマーを守る目的があります。

グリップの下にある輪の存在理由

Photo via blackhawk

グリップの下に用意されたリングはランヤードリング(Lanyard Ring)と呼ばれ、ランヤード(紐やワイヤー)を穴に通して銃の紛失を防ぐためのパーツです。

特に軍用ハンドガンで多く装備されています。

タイトルとURLをコピーしました