現在SAAの製造メーカー

  • このトピックには3件の返信、1人の参加者があり、最後にポルポルにより1ヶ月前に更新されました。
4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #91726返信
    jacky
    ゲスト

    ポルさんおひさです

    現在でもファストドロウとか、カウボーイシューティングとか、SAAを愛用する方や競技を見受けられますが
    本家コルトが倒産して、現在でSAAを買えるメーカーを教えてください。

    私の未熟な検索では、ルガーのバケロくらいしかわかりません。

    よろしくお願いします。、

    #91727返信
    ポルポル
    キーマスター
    #91737返信
    jacky
    ゲスト

    ありがとうございます😊

    こんなにあるんですね!

    また質問です

    コルトのSAAの再販のものは、1700ドルと1911ならマッチガン並みの値段に対して

    ルガーや他のもだいたい600から700ドル程度です。
    仕上げにその差も見られないし、この商品にそれだけの命中精度の差があるとも思えません。

    なんで値段が3倍もするのでしようか?
    コルト以外に2000ドルとかありましたが、金でも使ってるのでしょうか?

    あとスコフィールドが売ってるのは驚きました。
    すごいですね。

    スコフィールドに44-40と言うキャリバーがありましたが
    今でも44-40と言う弾が市販されているのでしょうか?

    よろしくお願いします。

    #91742返信
    ポルポル
    キーマスター

    画像で品質差を比較するのは難しいと思います。
    実際に手で触れてみてフィニッシュを肉眼で確認してハンマーのクリック音を耳で聞けばその差は歴然です。

    価格差は製造数などによっても異なりますが、素材の価格や人件費が大きく影響しています。

    2000ドルのリボルバーは硬度の高い高品質なスチールを使用していることもあり、ハンマーをコックした際のクリック音が綺麗でトリガープルもカッチリした切れの良いトリガーが多いです。

    また、フィッティングに費やす時間など工程数が多く、高精度でカットされたパーツのすり合わせが上手いため、600ドルのリボルバーで見られるバリが残ったような手触りもありません。
    言葉で表現するのが難しいですが、ガタツキを感じるような点がなく、設計通りに精密に作られている状態が感じられます。

    その他、命中精度や仕上げの良さは言うまでもありませんが、使用されているグリップの素材や品質も高価な理由の一つです。

    >今でも44-40と言う弾が市販されているのでしょうか?

    流通量が多いとはいえないので店頭にあるとは限りませんが、ガンショーやネットなどで購入可能です。

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
返信先: 現在SAAの製造メーカー
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました