銃の疑問FAQショートアンサー過去ログ

このページは、1998年から2012年までに皆さんからいただいた質問とその回答を公開しています。

 


faq_q暴発てどういうこと?

faq_a「暴発」とは、銃や弾に問題があり、射手の意思とは無関係に発射されることです。一方、うっかりトリガーを引いてしまった場合は「誤射」です。

 


faq_qあぶない刑事とか、ドラマでは、俗に言う「バキューン」とエコーしたような音ですよね。でも、本物の世界では、よくニュースとかで目撃者が「パンっていう乾いた音」って言ってますよね。これはどうして矛盾(むじゅん)しているんでしょうか?

ぼくとしては、ドラマのように響いた方がかっこいいと思います。
「パン」っていうだけだと、なんかおもちゃみたい・・・。

faq_a私も響いた方がカッコイイと思います。ドラマや映画の方が迫力があるように感じますよね。でも、実際に自分で撃ってみると、「ドン」という衝撃派を感じ納得できます。ドラマでは再現できない音なので、誇張は必要だと思います。

 


faq_qライフルは拳銃に比べて口径が小さいのに威力が大きいのは、装薬量と銃身の長さに関係しているのでしょうか?

faq_a仰る通りです。

銃身の長さは使用する火薬の本来の力を引き上げるためにも重要です。

弾頭が軽く(最低限の重さが必要)、火薬量が多いと初速が上がり、運動エネルギーも大きくなります。


faq_qずっと疑問に感じていたことがありましたのでこの機会に質問させて頂こうと思いました。

照準についての疑問なのですが、銃口とそれよりズレた位置に装着されているスコープの十字(またはサイト、レーザーポインターなど)との間には数ミリ~数センチの差があるので、実際に弾丸が飛ぶ軌道とスコープの照準とではその分の誤差が発生してしまい、狙った目標にピンポイントで正確にヒットしないと思いました。

スコープの十字の中央に目標をサイティングするだけでは、そこへ飛ばないのではないのでしょうか。もちろん、針の穴に糸を通すような正確な射撃が必要とされない場合においては、ほんの数センチの着弾点のズレまでは考えないのかもしれませんが、しかし、プロのスナイパーなどは数キロ離れた場所からコインを撃ち抜くというような驚異的な芸当をやってのけてしまいます。多くの場合、熟練者は銃口と照準との誤差を考えて撃っているのでしょうか。

faq_a仰るとおり、バレル(銃身)延長線上のラインと、サイト(照準)延長線上のラインとの誤差を修正する必要があります。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 


faq_q完璧なド素人です。先日、ハンドガンの雑誌を見ていて気が付いたのですが、 マグナムというのはリボルバーにしかないものなのですか? それとも単にオートマチックの名前に表記されていないだけなのでしょうか。 もし、リボルバーにしかないのなら、その理由も教えていただけたら幸いです。

faq_aマグナムとは元々弾に付けられた名前でしたが、マグナム弾という強力な弾が生まれた当時はそれが珍しかった事もあり、いつの間にかマグナム弾を使用する銃そのものをマグナムと呼ぶ事が多くなりました。このような背景もあり、リボルバーでも、オートマチックハンドガンでも、ライフルでも、マグナムと表記される銃は存在します。

しかし、殆どの場合は一般のユーザーやメーカーが勝手にそう呼んでいるだけで、マグナムと呼ばれる多くの銃はそれが正式名称ではありません。マグナムと呼ばれるリボルバーでも、それは殆どが俗称、または商品名です。

 


faq_qはじめまして、小生の疑問にお答え願えたら幸いです 依然から気になっていたのですが、弾丸をテフロン加工するメリットとはなんでしょう? 某映画でも あるシーンで登場しました、防弾チョッキを貫通していた様です(ケブラ-製?) 貫通力アップが目的なのでしょうか?、また どうゆう場合に使用されるのでしょうか? よろしくお願いいたします

faq_aおっしゃる通り、テフロン加工することで着弾時に弾頭の変形が少なく貫通力が増します。当然、貫通力が必要とされる場合にしようされ、ボディーアーマー(弾種やボディーアーマーのタイプにもよりますが)の貫通にも有効です。


faq_qスパス12は様々な弾が搭載できると言っているけど、どういう風な弾が搭載できるのですか。

faq_aSPAS12に限らず、ショットガンはそれぞれ様々な弾を使用できます。弾の種類については無数に存在するのでお答えできませんが、SPAS12にしか使用できないという弾はありません。


faq_qショットガンの口径について教えて下さい。 12ゲージや.410をよく聞きますが。 どのくらいの種類があるのでしょうか? また、単位のゲージというのはどういう基準で 分けられているのでしょうか。昔何かで、溶かした鉛を水に落としたときの球の大きさで、溶かした鉛の量で決まると書いてあったような覚えが、 ありますが、はっきりしません。どうか教えて下さい、よろしくお願いします。

faq_a弾の種類は各メーカーが様々な製品化していますので無数です。ですが口径で大きく分類すると1~10番の10種類に加え、BB、OOバック、OOOバック、スラグの4つです。 また、ショットガンの口径は弾の重量表示になっています。表示方法の歴史は英国から始まり、 12ゲージとは1/12ポンド、つまり約38gの重さの弾と同じ大きさの口径を指します。 しかし、市場を米国を中心とする410という口径はこれとは異なり、この場合はインチ表示で口径が0.410インチとなります。


faq_q口径の話で・・・ 大きいサイズってどれぐらいまであるんですか?? あと小さいサイズも・・・。

faq_a弾の種類同様に口径も多様で、小さいものでは、S&W M647などで使用される、.17(4.5mm)口径から、大きいものでは、スイスのソロサーン対戦車ライフルなどに見られる、20mm口径まで存在します。これ以上口径が大きくなると、”銃”という扱いではなく、”砲”の種類になります。また、.17口径はエアライフル競技の世界では最もポピュラーな口径でもあります。

 


faq_q最近銃関連のHPをいろいろ見るようになったのですが、気になったことがいくつかあります。今日はそのうちの一つですが、ニュースーパーブラックホークはコルトS・A・Aと形が似てますが、何か関係はあるのでしょうか?教えてください。

faq_a銃器市場では、ルガー・スーパーブラックホークや、コルト・SAAのような、ウエスタンスタイルにも人気があります。そこで、各メーカーも次々と”新しいながらも古いデザイン”の銃を発表し続けています。問題の銃の両者に直接的な関係はありませんが、こういったウエスタン・スタイルの銃は、シューターやコレクターに好まれる、1つのジャンルとなっています。


faq_qマシンピストルが大好きです。
その中でGLOCK18とBerettaM93Rに興味があります。 その最高装弾数が知りたいので教えていただけないでしょうか?

faq_aBeretta M93Rのマガジンの装弾数は20発ですが、Glock18に適合するマガジンは4種存在し、それぞれ10発、17発、19発、33発の装弾が可能です。

これらの多弾数マガジンは、Glock18と同口径である9×19mm弾を使用するGlockピストル(一部コンパクト・モデルを除く)に適合します。


faq_qM16(CAR15)シリーズ共通であると思いますが、ファイアリング・ピン・リターンSPが省略されています。

ハンマーをコッキングした場合、ファイアリング・ピンはフリーとなって動き回るのではないかと思われますが真偽は如何に?

自重で前進して激発する事は無いとは思うのですが…(^_^;)

faq_a仰る通り、M16(AR15)の構造上、ファイアリング・ピン・スプリングは省略されています。ハンマーが起きあがり、ボルトが閉鎖されている状態ではファイアリング・ピン(撃針)はボルト・ヘッドに到達することが可能です。

しかし、ボルトには”ファイアリング・ピン・リテイニング・ピン(ファイアリング・ピン・リテイナー)”という、先が二股に分かれたピンが刺さっており、このピンはファイアリング・ピンにテンションを掛け、保持する役目を果たします。このピンによってファイアリング・ピンが撃発にいたるまでの衝撃を弾薬に与えることはありません。


faq_qグロック18Cのフルオート射撃は、1秒間に何発ぐらい連射できるんですか?

faq_aGlock 17(セミオート)をフルオート化させたGlock 18は、毎分1200発、毎秒20発の発射速度です。


faq_qライフルドスラッグについて質問します。
スラッグ弾の側面にライフリングのようなミゾがついており、これが飛翔中に回転効果をもたらすとありますが、実際のところはどうですか?また所持している銃は交換チョーク式の銃で、 フルチョークを装着中に、銃口部分より直径の大きな弾丸(スラッグ弾)を発射したら、やはり銃身破裂が起こるのでしょうか?

faq_aライフルド・スラグは飛翔する弾そのものにライフリングが刻まれており、空気抵抗によって回転します。種類にもよりますが、従来のスラグ弾より集弾率約25%の向上が見られるとされています。フル・チョークにスラグ弾の使用は、スラグがレッド(Lead:鉛弾)であれば問題ありません。

スラグが使用可能なチョーク(ライフルド・チョーク、シリンダー・チョーク、インプルーブド・シリンダー・チョーク、モディファイド・チョークなど)もあるので、特にそちらの使用をお勧めします。(実際に試される場合は自己責任でお願いします。)


faq_qシグ・ザウエルP229という拳銃は9mmパラベラムと357SIGが撃てるという話ですが、これは同じ口径の弾丸ですよね? ということは『特別な部品の変更なしで撃てる』と言うことなんでしょうか?要は、P229で9mmパラベラムを撃っていて弾切れをした後すぐに357SIGを再装填して(あるいはその逆をして)発射が可能か、ということなのですが。

faq_a不可能です。口径やケース長が変化すれば、それに適合するバレルが必要になります。

 

faq_qあと、357SIGのサイズ(9mmパラベラムなら9×19といったもの)がよくわからないのですが、わかるようなら教えていただけないでしょうか?

faq_aメートル法で表せば9x22mm(9×21.97mm)となりますが、一般的に.357SIGはメートル法で表記されることはありません。


faq_q9mmと45口径ならある程度は威力はわかるんですがその他の拳銃弾22口径から50口径マグナムの威力の強い順番に教えてください!それに銃口エネルギーは威力に関係ありますか?

faq_a 基礎知識の比較表をご覧下さい。ここで表記されているエナジーの数値の大きさは、その弾の”威力=エネルギー量”とほぼ比例します。ですが、比例すると言っても弾頭の種類や環境など同じ条件下であることが必要です。また、人体に与える影響や貫通力は比例しません。

弾は使用目的に合った選択が必要であり、一言で”威力”と言っても、ターゲットの素材は何か?その素材に対してどれだけの貫通力が必要か?ターゲットは動物か人間か?どれだけのダメージを与える必要があるのか?・・・等々、様々な条件を考え、それに一致した弾でなければ本当の効果は得られません。そのため、弾を選択する場合、単純に威力の強弱だけを考えるのは無意味です。

 


faq_qトレマーズ3を見て思ったんですけど実弾に火薬の代わりにガソリンを入れたらどう思いますか?

ブライマーが車で言うプラグと一緒のはずですから発火はすると思いますが。

faq_aガソリンは気化状態で爆発するため、液体のガソリンが狭いカートリッジ内で、しかも密閉された状態では、殆ど酸素と混合しないことから、発火は難しいと思われます。仮に酸素と混合するスペースがあったとしても、その空間は僅かですから、十分な爆発力を得られるとは考えられません。

 


faq_q某24時間ドラマの1シーンにて、空き缶の中に弾を入れてその上に草をかぶせて火を着け、弾に引火し発火。そちらの方に敵の注意をそらすという場面があったのですが、これは可能なことなのでしょうか。

faq_a私はそのシーンを拝見していないので詳しい状況が分かりませんが、弾を火にくべることで爆発させるのは不可能ではありません。その弾薬に使用されている火薬が発火点に到達すれば爆発します。

しかし、発火点に到達するまで燃え続けるかは、草の量にも寄るところでしょう。引火の可能性は火力と時間次第です。無煙火薬の具体的な発火点は、その火薬の種類によって異なります。

 


faq_q「散弾銃などに使われる火薬を、ピストル弾やライフル弾に使うと不発が起こる」と聞いたことがあるんですが、本当のところはどうなんですか?

faq_a火薬を製造するメーカーは、商品が何に使用できるか情報公開していますが、ショットガン用にもピストル用として対応する火薬が存在します。

これが不発の原因になるとは考えにくいです。

 


faq_qリボルバーはシリンダーをおさえると絶対トリガーが引けないのですか?

faq_aダブルアクション・リボルバーの場合、ハンマーがレスト状態(起きていない状態)時にシリンダーを強く押さえると、テコの原理によってシリンダーが回らずトリガーを引くのは難しくなり、殆ど引けない状態になります。

しかし、ハンマーが起きている状態でシリンダーを押さえた場合は、シリンダーは回転し終えた状態であるため、トリガーを引け、発射できます。

 


faq_qシングルアクションアーミーというリボルバーピストルについて質問します。
リロードするとき、今主流のリボルバーのようにスリングアウトして弾を装填する事が出来ないのはわかるのですが、実際の装填方法が分かりません。

faq_aフレームの右側にローディングゲートと呼ばれるフタがあります。弾をロード(装填)するときは、ハンマーをハーフコックし(これでシリンダーが自由に回転する)、ローディングゲートを開いて一発ずつ弾をシリンダーへ入れていきます。

 


faq_qリボルバーについて質問があります。
シリンダーの回転方向は銃によって違うそうですが、これによってスイングアウトの方向とライフリングの向きは決まるのでしょうか?

faq_aいいえ、シリンダーとライフリングの回転方向は無関係です。

faq_qまた、安全に携帯する為に一発目は開けておく、というのがありますが、当然これもシリンダーの回転方向を計算に入れるわけですよね。

faq_a仰るとおりです。ですが、現代のリボルバーで一発目を空にする理由はありません。

faq_qもしシリンダーの回転方向とライフリングの向きに法則が無い場合、その銃を初めて見た人が、空撃ちなどをせず、見ただけでシリンダーの回転方向を見極めることは出来るのでしょうか?回転方向を勘違いすると普通に二発目を撃ってしまうと思ったのですが。

faq_aシリンダー表面のシリンダーストップ用の溝(ノッチ)の向きで判断できます。

または、殆どの場合、S&W社とレミントン社製は右回転、コルト社とスターム・ルガー社製は左回転です。しかし、これらには製造時期によって例外が存在しますので、メーカー別に回転方向を知ることはできません。

 


faq_q上下2連式のショットガンの構造について質問させて頂きます。

1.上下2連式のショットガンはダブルアクションですか?

faq_a基本的にシングルアクションです。

faq_q2.シェルを装填して銃を元の状態に戻すとコッキングされるのですか?

faq_aいいえ、逆です。弾を装填する前に、銃(バレルとレシーバー)を折ったときにコッキングされます。

faq_q3.通常は上下どちらが初矢でしょうか?

faq_a通常は下側のバレルから先に発射されます。一発目で使用されるバレルは使用頻度が高いので、できるだけ銃の低い位置で発射される方がリコイルの処理も簡単で有利です。 #上下どちらから発射するかを切り替えられるセレクター(バレルセレクター)を装備したモデルは、上下どちらからでも先に発射できます。また、上下バレルで独立した二つのトリガーを装備するモデルは、どちらかのトリガーを引くことによって選択できます。

faq_q4.上下の発射順はどうやって切替えるのでしょうか?

faq_a上で述べたとおり、バレルセレクター装備モデルは、セレクターを前後又は左右に移動させることで切り替え可能です。

faq_q5.上下に装填して1発だけ発砲した場合は発砲した側のみ排莢されるのでしょうか?また、この状態から装填した場合は二の矢からの発射になりますか?

faq_a例外はありますが、通常、未発射の弾(不発の弾など)は排莢されずにそのままチャンバーに残ります。このとき、弾はエキストラクターで少し引き出されるため、指で直接引き抜くことができます。また、この状態から発射済みの弾だけ再装填をすれば、再び一発目から順番に撃発されます。

faq_q6.クリーニング等でデコッキングをしなければならない場合は、どうするのですか?

faq_a通常、デコッキング機能は無いため、チャンバーから完全に弾を排莢してドライファイア(空撃ち)するか、ドライファイア用のダミーカートを装填してトリガーを引きます。

 


faq_q M134ミニガンについているモーターを回すためのバッテリーの容量はどのくらいでしょか?

faq_a基本は28ボルトですが、24ボルトでも駆動します。

 


faq_qSMGはOB(オープンボルト)とCB(クローズドボルト)に分類されますが、アサルトライフルもOBとCBに分類されるのですか?

faq_aオープン・ボルトとクローズド・ボルトは作動方式の機構を示すものなので、SMGであるかライフルであるかは関係ありません。一般的に、オープンボルトはSMGやライトマシンガン、ヘビーマシンガンに多く、アサルトライフルでは非常に稀です。

 


faq_q海賊映画に出てくるマズルローダー・ライフルは、一発撃ったら使い捨てですか?二発目も打てますか?

faq_a使い捨てではありません。二発目も撃てます。ただし、短時間で連射できません。 マズルローダー(マズルローディング・ライフル/ピストル)は、名前の通りマズル(銃口)からローディング(弾込め)するため、一発撃てば再び銃口から火薬と弾を装填する必要があります。 もしバレルが一本しかなければ発射毎に再装填が必要ですが、バレルが複数本存在する場合はバレルの数だけ続けて撃つことができます。

 


faq_qとあるTVゲームで、イサカM37に弾薬を装填する際にマガジンかクリップようなものを使い一気に4発全弾装填していた
のですが、実銃のM37もそのような装填方法があるのでしょうか? またそのように装填できる散弾銃は他にあるのか教えてください。

faq_aイサカM37のようにチューブ式マガジンを持つショットガン(ポンプアクション・ショットガン及びオートローディング・ショットガン)には、ショットガン・スピード・ローダーが使用できます。これはプラスチック・チューブにシェルを内包し、マガジンに当てて押し込むと装填される仕組みです。現在ではアクション・シューティング界を中心にポピュラーな存在となってきました。


faq_q  実銃のトリガープルはカスタムすることである程度軽減させることはできるのでしょうか?

例えばトリガープル5kgの銃を2kgまで減らしたりすることは可能でしょうか?

faq_a殆どの銃で可能です。 銃によってトリガーの構造が異なるため、トリガープルを変更する方法は様々です。一般的にはトリガー・スプリングの交換や、シアー形状の変更、その他、競技用銃を中心にトリガー・アッセンブリー/トリガー・モジュールといった、トリガー・システム全体を丸ごとカスタム・トリガーに交換することでトリガープルを軽くすることが可能です。

また、競技用のカスタム・トリガーでは、トリガープルの微調整が可能であるものが一般的です。


faq_qサブマシンガンの様な連射が可能な銃の発射回転速度はいろいろありますが、どんな風に決めているのか?(設計する人が予想しているのか、作ってみたらそうなったのか)これを教えていただけたらありがたいです。

faq_aこれは最初から計算通りだったり、偶然の結果であったり、その両方があったと思われます。 現在は技術の進歩により回転速度も計算できますが、デザイナーの経験からある程度の回転速度の予測がつくでしょう。ボルトやブリーチの移動速度や移動距離、使用弾薬の特性などから製造前にデザインできます。

 


faq_q映画などで拳銃のトリガーガードに指を入れて銃をクルクル回す演技をよく見かけるのですが、あれを行っている最中にトリガーに力が加わって暴発したりしないのでしょうか?



また、そういった行動はどのような効果をもたらすのでしょうか?
尚、安全装置をつけていない状況下での質問とさせていただきます。

faq_aトリガー・ガードに指を入れ、銃を回転させるガン・スピンは絶対にやってはいけない行為です。 マズル(銃口)はどんな時でも常に安全な方向へ向けておくことが重要であり、銃を扱う上で基本中の基本です。

また、銃を撃つ瞬間までトリガー・ガードに指を入れてはいけません。これはどんなにハイレベルなトレーニングでも必ず実行しなくてはならい点であり、セイフティがオン(安全装置が掛かっている状態)でも守らなければなりません。 ガンスピンでトリガーを引いてしまう可能性は十分にあり、他人や自分を怪我させたり死亡させる結果に繋がります。ガン・スピンは映画や小説の中だけの演出とお考え下さい。

因みに、ハリウッドではガン・スピンしやすいように特別加工された銃を使用してガン・スピンの撮影を行うことがあります。

 


faq_q日本のドラマや映画などで銃を撃ったとき銃口から赤い火花が出ている事があるんですが、洋画等を見ていると金色の火花が出ている事が殆どで、邦画やドラマのように赤い火花が出る事はあるんですか?

faq_a火花(マズルフラッシュ)の色は自由に変更できます。 火薬の種類が異なるとマズルフラッシュの色も変化します。これは打ち上げ花火が赤や黄色や緑といった色を出すのと同じ理屈です。

日本では銃や火薬の扱いに制約があるためハリウッドと同じ方法でマズルフラッシュを出すのは難しいのですが、ハリウッドではステージガン(撮影用の銃)を専門的に扱う会社が、監督側の意向に沿ってマズルフラッシュの量や色を調整します。 もし監督側が「赤いフラッシュにしたい」と言えば、それを実現するのは可能です。

 


faq_q題名は忘れましたが、シルベスター・スタローン主演の洋画で見るからに70~80歳の女性が恐らく44口径マグナムと思しき銃をベレッタ92Fを撃つような感じで撃っていたのですが、実際に同じくらいの年齢の女性が撃つとどうなるんですか?

faq_aご指摘の作品はおそらく、映画「刑事ジョー・ママにお手あげ(原題:Stop ! Or My Mom Will Shoot)」だと思いますが、実際に老人がマグナム・リボルバーを撃てるか否かは分かりません。 全くの素人で握力が弱ければ、リコイル(反動)で銃を落としたり、手首を痛める可能性があります。ですが、もしリコイルの小さい口径から徐々に射撃に慣れ、トレーニングを経て撃つのであれば、マグナム弾とはいえ射撃可能だと思われます。これは、子供のケースでも同様で、実際に強力なリコイルに対応できる老人や子供が世界にいるのは事実です。

 


faq_q私も管理人さんのように海外で実銃を体験したいと思っているのですが、どの国に行けば体験できますか?

faq_a日本からですと、米国本土、グアムやハワイ、またはフィリピンやベトナムといった東南アジアを利用する人が多いと思います。 グアム島であれば東京から3時間半と近いので気軽に楽しむことができると思いますし、もし予算と時間に余裕があれば、観光も楽しめる米国本土がオススメです。 また、米国では定期的に各地でマシンガン・ショーが開催されており、一度体験するときっと良い想い出になると思います。

 


faq_q私は今、陸自の架空特殊部隊の小説を書こうと思っていまが、銃についていくつか質問があります。
まず1つ目は、「SIG P226」等のシングルアクションの拳銃に、ダブルアクション機能を持たせること(個人でではなく、自衛隊等が)ってできますか?

faq_a銃のデザイン(設計)は様々なので、不可能とも言えませんし、可能とも言えません。
通常、軍や警察が組織的にダブルアクション・ピストルを必要とする場合、改造ではなく新規納入を検討すると思われます。

因みに、自衛隊の9mm拳銃(SIG P220)やSIG P226はどちらもダブルアクション・ピストルです。

faq_q2つ目は、「M203」を他のメーカー(H&Kや、SIG社など)の突撃銃につけることはできるのでしょうか?

faq_a可能ですが、H&KやSIGは独自に専用のアドオン・グレネード・ランチャーを開発しています。


faq_qフィリピン在住の者です。妻名義でGlock22を購入しやっと手元に来たのですが、同時に購入した40S&W弾がフィリピンのGUNメーカーARMSCORでリロードされたRANGE AMMUNITIONでメタルを被せたSWCのような形状の弾頭です。マガジンにロードしようと5発位入れると一番下の弾がマガジン内で斜めになり弾頭とリムがつかえて詰まってしまいます。これは弾の精度の問題なのでしょうか?SWCよりFMJの方が詰まりにくいのでしょうか?

faq_aFMJがジャムを回避する上で最も理想的な弾薬であることは間違いありませんが、マガジン内の詰まりは様々な原因が考えられるため一概にお答えできません。マガジンの精度そのものが問題であったり、マガジン・フォロワーやマガジン・スプリングの不良、不適切なローディング方法などで問題が起こることがあります。

faq_qあと、マガジン内には注油しても差し支えないでしょうか?GUNショップではGUNオイルは、WD-40やCRCで良いと言われましたが本当でしょうか?何分初心者なもので宜しくお願い致します。

faq_a銃は金属製品なのでWD-40やCRCを使用することに全く問題ありません。WD-40はガンスミスやシューティング・スクール等でも多く利用されており、理想的なオイルと言えます。

 


faq_q利き手が右手、利き目が左目といったように利き手と利き目が異なる場合、一般的にはどちらに合わせるものなのでしょうか?
ハンドガンの場合は利き目に合わせれば良いと思うのですが、ライフルの場合はどうなのでしょうか?

faq_a利き手と利き目が同じ側であるのが理想です。 右利きの場合は右目を使用し、左利きの場合は左目を使用するのが一般的です。ライフルも同様ですが、左利きの射手の場合、左利き用ライフルまたは左右対称ライフルを使用できない場合は、右利きの射手と同じ方法で射撃します。

faq_q銃の右側から排莢する銃(ハンドガン以外)の場合左利き射手が撃つと、薬莢が腕や顔に当たる事はあるのでしょうか?

faq_a銃によりますが、顔や腕に当たることはあります。 例えば、米軍のM16やM4ライフルに見られるカート・リフレクター(排莢口後部の突起物)は、左利き射手の顔に薬莢が飛ぶことを防ぐために追加された機能です。

 


faq_q自分は左利きなのですが、実際に左利き用の銃と言うのはどのくらい出回っているのでしょうか。
全ての銃に左用モデルがあるとは思えませんが、実売価格や左用モデルの存在する銃などを教えて下さい。

faq_a左利き用も非常に数が多いため、実際にどれだけ流通しているのか分かりませんが、特にハンティングやスポーツ射撃用のライフルやショットガンを中心に数多く左利き用が用意されています。 価格については、レミントン社のM870エクスプレス・ショットガンを例とした場合、通常は373ドルであるのに対し、左利き用は401ドルとなっており、左利き用は若干割高になっています。

 


faq_q先日、舞台を観に行った際に、腕をまげて顔の真正面で銃口を上に向けて構えたまま先輩刑事の後ろを付いていくというシーンがあってかなり違和感を覚えたのですが、素人考えでは腕を伸ばして銃を下に向ける構え方(?)と比べて、銃口を上に向けたり、顔の近くに持っていく事は、何らかの原因で暴発した場合、自分や周囲の誰かを危険にさらす可能性がある上に、撃ち合う際にも関節を1つ余分に動かさないといけないので、命中率や反応速度が悪くなる気がするのですが、何らかのメリットがあったりするのでしょうか?

faq_a銃口を空に向けた状態で移動することに何のメリットもありません。 屋内など複数人で縦一列に移動する場合、先頭の人物は銃を自分の身体に近づけた状態で銃口をターゲットが現れるであろう場所より下を常にポイントして視界を確保し、後続は進行方向の左右どちらかにポイントします。このとき銃は下斜め45度以下で保持し、後続は前に立つ仲間から自らの銃口を必ず反らして構え、例え暴発させても仲間を傷つけることはありません。

実際には銃口を上に向けた状態で構えることはあり得ず、斜め下へ向けるのが一般的です。また、銃を自分の目の前で保持するのは、自分の視界を遮ることになり、ターゲットの発見が遅れる可能性があります。 舞台などではリアルにすると一般人が考えるイメージから離れるので、”らしくない”刑事像になるのかもしれませんね。

 


faq_qライフリングは、機械で刻むものなんでしょうか?それとも、専門の職人さんが手作業で刻むものなんでしょうか?

faq_aライフリングは専用の機械(ライフリング・マシーン/ライフリング・カッター)で削ります。 金属棒にドリルで穴を開け、トリミング(サイズ調整)後にドリル状のライフリング・カッター(フック・カッター)を穴に通すことでライフリングが完成します。切削中は非常に高温となるため、潤滑とクーリングを兼ねてクーラントオイルが使用されます。

 


faq_q先日はレミントンM870のcock chamberについて教えていただきありがとうございました。本当に助かりました。 その続きといっては変ですが、今度はこういうのが出てきてしまいました。

COLT 45 AUTOMATIC: PRESS CHECK
SMITH AND WESSON, 4046: PRESS CHECK

音は、小さなカチャンカチャンという感じの音で、CHECKという部分を押している、というのは分かるのですが、日本語では何と呼ぶのが適当だろうかという質問です。私が調べた限りでは「留め具を押す」という位しか見つかりませんでした。でも留め具って、ハンドガンでは一体何の留め具なんだか???

faq_aプレスチェックとは、チャンバー内に弾が装填されているか知るために、スライドを少しだけ引いて確認する作業を指します。 ガバメント・モデルなどの場合、トリガー・ガードに親指を入れ、人差し指で銃口の下に位置するリコイル・スプリング・プラグ周辺を押すことでスライドを若干後退させ、チャンバー内の弾薬を確認することができます。(リコイル・スプリングガイド・ロッドを装備している場合を除く)

 


faq_qシリンダーに弾が込められた状態のリボルバーは正面から見るとどんな感じに見えるのでしょうか? それと、発射した後の(弾頭が飛んで薬莢だけになった)シリンダーの正面図も気になります。昔から気になっている事なのですが、何処を探しても分かりやすい画像が見つからないので……

faq_aこのようになります。

faqgp100

上段は弾を装填したところ。下段は撃ち終えたあとの様子です。 (写真ではバレル直線上のシリンダーは空にしているため、奥にファイアリング・ピンが確認できます。実際には全弾装填すると他のシリンダー同様に弾頭が確認できます。) #手元にFMJ弾頭の弾が無かったため、JSP弾頭を使用して撮影しました。

 


faq_q実戦ではありうると思うのですが「射撃直後の自動拳銃を、残弾がある状態で安全に携行する方法」を教えてください。 起きているはずのハンマーはどうやっておろすのか、そのとき暴発はしないのでしょうか。コルト45のような古いタイプと、最近のデコッキングなるもののついた銃との具体的な違いはどうなのでしょうか。

faq_a

ピストルの場合

安全上ベストであるのは、チャンバー内から弾を取り除くことです。そのためには、マガジンを抜き、スライドを引いてチャンバー内の弾を取り除きます。その後、マズルを安全な方向に向けた状態でトリガーを引いて空撃ちさせるか、デコッキングレバー(もしあれば)を操作しハンマーをレスト(デコック)させ、再びマガジンを挿入します。 チャンバー内に弾を残すことは安全上好ましくありません。しかし、いつでも銃を抜いて攻撃or応戦する必要がある場合は、チャンバー内に装填したままセイフティをオンにして所持します。このとき、ハンマーを起こしたままセイフティをオン(コックアンドロック)にしても構いませんし、上記の方法でハンマーをレストさせても良いでしょう。

リボルバーの場合

いつでも撃てる状態にしておきたい場合は、そのまま所持します。もし気になるようでしたら、一発目は空にします。

 


faq_q非常に初歩的な質問なのですが、拳銃のアイアンサイトとはどうやって使うものなのでしょうか?
片目で狙いを定め、遠距離の標的を撃ち抜くライフルの場合は分かりますが、拳銃の場合は近距離での射撃(戦闘)が主なので片目で狙いを定めている暇が無いような気がします。

faq_aハンドガンは両目を明けて、利き目を使用してエイミング(狙う)して下さい。利き目の調べ方は、両目を明けた状態で指を目標物と目の直線上に立て、目を片方ずつ閉じたり開けたりして、指が静止した状態で見える方が利き目です。一般的には、手が右利きであれば右目で、左利きであれば左目でエイミングします。

aiming

上の図はサイトとターゲットの位置関係を表しています。

  殆どのハンドガンは.25ヤードの距離で弾が狙った場所へ命中するよう設計されています。通常、この距離では左の図のように、リアサイトとフロントサイトの頭が、ターゲットの中心に重なるようにエイミングします。 しかし、これはメーカーによって異なり、右の図のようにターゲットの下側(6時方向)を狙うよう調整されているものもあります。

 


faq_q『コッキング』って何ですか?
文章を見ていたら、銃の操作の一つだと思うのですが、よく分かりません。ここの質問集を見ていたら、『デコッキング』というものがあったんですけど、同じものですか?

faq_aコッキング(Cocking)とは、ハンマー等を起こす、または起こすことで発射可能な状態とすることを「コックする」と言います。ハンマーを少しだけ起こした状態をハーフコックと呼び、完全に起こした状態をフルコックと呼びます。また、デコッキングとは、コックしたハンマーを再び元の位置に戻す(レスト状態にする)ことを意味します。

 


faq_q狙撃銃についてなのですが、97式狙撃銃やkar98などではスコープが弾を入れる際に邪魔にならない位置にあったりGew43のようにマガジンタイプだったりして装填が容易になっていますよね。でもM24SWSのような銃の場合スコープが邪魔で装填ができないと思うのですがどのようにしているのでしょうか?やはりクリップが使えないのは不便なのでは。

faq_a97式、Kar98、Gew43は設計が古く時代が違うため、現代のM24SWSと比較することは難しいでしょう。M24など現代のボルトアクション・スナイパーライフルでは、短時間のマガジン交換を要求されません。

仮に、ターゲットが複数であることや、中距離程度のレンジを想定するならば、M14などのセミオート・スナイパーライフルが使用されるのが一般的ですし、必要であればデタッチャブル(着脱式)・マガジンのモデルを使用します。こうした理由から、使用用途によってクリップは必ずしも必要ではないと言えます。

 


faq_q少し前ほど「ベトコン」と言う名のゲームをやっておりました。
そこで射撃訓練を行ったのですが、教官に「フル・オートで撃つんじゃねえ。そりゃ映画だ」なんぞ叱り飛ばされてしまいました。どうやらトンプソンM1等もセミに変えることが出来るようですが、実戦ではどれくらいセミとフルの違いが出るのでしょうか?

faq_aベトナム戦争中は新兵の練度も低く、フルオートで撃つと短時間に弾を無駄に消費してしまったため、「フルオートで撃つな」と言われていました。そのことから、後に登場したM16A2ではフルオート機能を廃し、セミ or 3点バーストのみ選択できるライフルとなりました。しかし、現在では再びM16A3やM4ライフル以降、フルオート機能が復活しています。 フルオート射撃は無駄弾消費の問題だけでなく、射撃の正確性にも影響を与えます。

フルオート射撃はセミオート射撃と比較すると着弾のバラツキが激しく、遠距離になるほどそれが顕著になります。そこで、通常射撃時はセミオート又はバースト射撃を行い、突撃時や応戦時、支援射撃等でフルオートが使用されるのが一般的です。

 


faq_q小説を書いていて思うことがあったので質問を。
例えば9×19mm(9mmパラベラム)、ローラーロッキングのSMGがあったとして、その銃に9×17mm(.380ACP)の弾薬を装填し、問題なく発射する事は可能でしょうか?
また、もし不可能であるならば、チャンバーの閉鎖方法やプロ―バックの方式等、メカニズムの変更で何とか可能にならないでしょうか? ローラーロッキングは閉鎖の確実性が高いようなので難しいのではないか、とは思いますが、自分の知識ではそこで打ち止めなので。助言よろしくお願いします……

faq_a異なる弾薬を使用することはできません。9x19mmの銃に9x17mmの弾薬は使用不可能です。 しかし、コンバージョン・キットなどを使用することによって、それも可能になります。例えば、ローラーロッキングを採用するSMGとして有名なものにHK MP5シリーズがありますが、過去に、9x19mm口径のMP5に.22LR弾を使用するためのコンバージョン・キットが作られたことがありました。この様なコンバージョン・キットがあれば、異なる口径の弾を使用することも可能となります。 内容は、バレル、ボルト・アッセンブリー(エキストラクター等も含む)、スプリング、マガジンなどの交換です。

 


faq_qM16ライフルなどは普通銃床を肩に当てて使うのが一般的だと思っているのですが、ロケットランチャーなどを使うときに肩の上に置く?様な使い方は、ライフルなどでも使うことがあるんでしょうか?(銃床を肩の上において射撃する?) スコープをつけないでライフルなどで狙ったとき、十字マーク?が浮かび上がる事はあるんでしょうか?このようなこと、銃の構え方は実際あるんでしょうか?

faq_aこれは実際に行われる射撃スタイルです。 索敵や警戒中など、即応しなければならない状況下等では常に攻撃や応戦できるよう銃口を向けておく必要があります。通常の射撃姿勢を保ったままの警戒では、長いライフルを振り回してエイミング(狙いを定める)するのはアクションを遅らせると同時に、長時間その態勢を維持するのも困難な場合があります。しかし、ストックを肩の上に載せることでライフルを自分に引き寄せ、バランスの良い状態で長時間射撃姿勢を保てます。

また、この状態で発砲しても近距離であれば十分実用レベルにあります。 倍率のあるスコープなど光学機器を装備している場合は、この姿勢では正しくエイミングできません。しかし、現在アサルトライフルにはこういったスコープは一般的でなく、殆どの場合ダットサイトが用いられます。ダットサイトはどのような角度や距離で使用しても殆ど正確にエイミングできるため、目を近づけて使用しても正確な射撃が可能です。

 


faq_q広辞苑によると、銃床の項に『銃床は前床・銃把・床尾から成る』(抜粋)とあるのですが、「前床」や「床尾」が具体的にどこを指すのかがはっきりと分かりません。また前床は「先台」とも呼ばれるようなのですが、何か呼び方に違いがあるのでしょうか。

faq_aストックの先端部分、右利きの射手の場合、左手を添える場所が前床(フォアエンド)です。

詳しくはこちら

 

 

 


faq_q先日「メタルギアソリッド3」と言うゲームをやっていて気になった事なのですが、スナイパーライフルのスコープのレティクルが私の知っているもの(十字線型)とは全然違うものでした。横長の目盛りのようなものの中心に向かって矢印が伸びていて、左下部分には坂のような形をした目盛りがあると言う形でした。(軍用狙撃銃などのスコープには目標までの距離を測る目盛りがある、と聞いた事があるのでそれだとは思うのですが…) 架空の物ではないと思うのですが、このタイプのレティクルは現実ではどのようにして使うものなのでしょうか?ちなみに銃の種類はロシアのSVDでした。

faq_a上の写真は、SVDに付属するスコープを覗いたものです。おそらく、ゲームでもこういったレティクルが登場したのだと思います。 仰るとおり、軍用モデルではターゲットまでの距離を測るターゲット・レンジファインダーが装備されているものがあります。SVDのスコープも同様で、写真の斜めの曲線(2~10表記の点線)がそれにあたります。これは対人用として想定したもので、レティクル横に表記された”17”という数字は、ターゲットを身長170cmの人間と想定しているという意味があります。もし、身長170cmのターゲットが”2”の線から下の横線までの高さであれば、ターゲットまでの距離は200メートル、”4”の高さでは400メートルということになります。

レティクル中央、縦に矢印が4つ見えますが、これはターゲットまでの距離によって一番上の矢印から距離が近い順に矢印をターゲットに重ねあわせます。弾頭は必ず放物線を描いて飛ぶため、弾頭のドロップ量(引力によって落ちる量)から計算し、距離が遠くなるほど下方の矢印をターゲットにあわせます。一番上の矢印から二番目の矢印の間は距離0~900メートル、二番目の矢印は1100メートル、三番目は1200メートルの距離・・・といった方法で使用しますが、これは弾薬の種類によっても若干数値は異なります。よって、SVDのスコープはSVDで最適化されていますから、他のライフルに使用したい場合は注意が必要です。

中央の目盛の両端に”10”の数字が見えますが、この横方向の目盛は横風で流される弾道を修正するためのものです。1つの目盛は100メートルで約10cm移動します。風の強さによって、レティクルをあわせる位置も異なるのです。例えば、右から左へ風が吹いている場合、レティクルの中央より左よりの目盛をターゲットにあわせます。

詳しくはこちら

 


faq_qこんにちは。このサイトは銃を持っていない私でも、とてもわかりやすいしコンテンツも充実しているので大好きです。いつか機会があったら実銃を撃ってみたいです。 さて、質問なのですが
映画などで銃を構える時に「ジャキッ」とか「チャッ」って音がしますよね?
あれは本物の銃の場合も音が鳴るんですか?

faq_aお褒めありがとうございます。そう言って頂けるとやる気がでます。 さて、映画やTVでは「ジャキッ」とカッコイイ音をさせるものですが、実銃でも音は鳴るものの、TVで耳にするほど良い音では無いのが殆どです。音が鳴るということは、金属同士が擦りあったり衝突しているということですから、パーツとパーツの間に隙間があるということです。隙間が大きい銃は精度が悪いと言えるかもしれません。

特に、手に取ったり構えただけで音が鳴るようでは、その銃はガタガタで使い物にならないかもしれません。特に、軍用銃では致命的な欠陥で、TVの中だけの話しと言えます。 手に取っただけで音は鳴らないものですが、スライドを引いたり、マガジンを叩き込んだりといった、何か動作をさせれば音は鳴ります。その音質は銃によって様々で、材質や形状によってそれぞれ異なる特徴を持った音をさせます。また、オイルの付着量でも音は変化し、オイルがべったりの銃は、スライドを引いても”こもった音”をさせ、逆にオイルが付着していない銃では、甲高い音を耳にできます。

 


faq_qアメリカでの銃の普及率ってどうなんでしょうか?
映画などでたまに見るといった感じで一般家庭には縁の薄いものなのでしょか?
それとも護身用にほとんどの家庭が持っていたりしますか?

faq_a銃の普及率は地域差が大きいと言えます。1999年度のカリフォルニア州のデータを例にすると、(合法的に)州全体で一年間に15万7000人以上が銃を購入し、その総数は235,875丁になります。地域別総計では都会(ロサンゼルス)で最も売れており、年間約5万丁のハンドガンが販売され、その数は州全体の約1/5にあたります。

いわゆる田舎の方が、一人当たりに対する比率が大きくなており、普及率は田舎ほど高くなる傾向があります。 私(筆者)は2005年現在、カリフォルニア州の人口約13万人の街に4年住んでいますが、この地域では、それほど普及していないように感じます。少なくとも、一家に一丁あるとは考えられません。

 


faq_qS&WのサイトにコルトM1911やワルサーP99と同型らしいモデルがありますが、これは、いわゆるライセンス品なのでしょうか。だとすると、オリジナルとライセンス品はどう違うのでしょうか。

faq_aS&W社を例にすると、以前はワルサーUSA社がワルサー社製品をアメリカで販売していましたが、現在はワルサーUSAは解散したため、S&Wがワルサーの配給元となり、S&Wのライセンス下でワルサー製品のPPK/SやP99などがアメリカで販売されています。

Colt M1911系については事情が少し異なり、M1911のパテント期限の50年が経過したためパテントは無効となり、ライセンス契約無しにどの企業でもM1911系を生産できるようになりました。よって、ColtのみならずSIGやS&Wといった企業もM1911を生産しています。

ライセンス生産下の銃は基本的に刻印以外はオリジナルと同じコピーとなりますが、モデルによっては若干のマイナーチェンジが加わることがあります。フレームやスライド形状を変更したりと様々です。こういったライセンス生産品にコレクターズ・アイテムとしての価値はほとんどの場合ありません。

 


faq_qよく映画などで、ハンドガンを斜めや水平に構えるシーンがあるのですが、なにか意味があるのでしょうか?
また、銃の構え方や撃ち方にはどのような種類があるのでしょうか?

faq_a映画では水平に構える撃ち方など見られますが、見た目がカッコイイという理由以外に意味はなく、シューティングにプラスになるような効果は望めません。銃の構え方は多様化し、状況に応じた構え方、スタンスが必要となります。特にその中では、ウィーバー・スタンスと、アイソセレス・スタンスが有名です。

ウィーバー(Weaver Stance)

もっとも有名な構え方。1950年代にロサンゼルスのシェリフだったジャック・ウィーバーが考案した撃ち方。右利きの場合、右腕を突き出して左肘を少し曲げ、左足が右足より前へ出ているスタンスです。右腕で反動を受け、左手で銃を安定させます。体を斜めにして構えることから敵に対してターゲットとなる自分の体を最小限に見せる効果があると言われています。体を捻ったこの撃ち方では、サイドをサポートしていないボディーアーマーを装着している場合に無防備なサイドを敵にさらけ出すことになるといったマイナス面もありますが、タクティカル・ボディーアーマーではその心配はなく、また、自分の命が掛かった精神的身体的緊張状態での安定性があると評価されています。

アイソサリス(Isosceles Stance)

1980年代にIPSC競技の中で登場した撃ち方。両肩と両足がターゲットに対して水平で、両手を突き出すことで腕が二等辺三角形(アイソサリス)になることからアイソサリス・スタンスと名付けられました。また、ターレット・スタンスとも呼ばれます。コンバット・シューティングやアクション・シューティングで頻繁に採用され、ほとんどのシューティング・スクールではこの撃ち方を教わるはずです。ウィーバー・スタンスに比べ複数のターゲットに対応でき、銃を左右に動かしやすい特徴があり、移動しながらのシューティングも容易です。

どういった撃ち方をするかは個人の好みもあります。プロのインストラクターでも意見が分かれるところであり、経験から自分に合った撃ち方を探すのもシューティングの楽しさかもしれません。

#勿論、上達の早道はプロに教わることであるのは言うまでもありません。

 


faq_qガク引きとは何のことですか?

faq_aガク引きとは、マズル(銃口)がターゲットに対して正しく向いていても、トリガー(引金)を引く際のブレによって着弾がずれることを、トリガーのガク引き”と言います。ガク引きはトレーニングによって克服できます。 また、”フリンチング(Flinching:しりごみ)”と呼ばれる現象があります。これは、トリガーを引ききる前に反動を予測してしまい、撃発の直前に無意識に反動を抑えこもうと力が入り銃口がブレることを言います。しかし、これもトレーニングによって克服できる問題です。トレーニング方法の一つとして、リボルバーを使用してランダムに弾を装填し、いつ発射されるか分からない状態で射撃する方法があります。

 


faq_qイラク戦争の報道を見ていると、アメリカ兵が所持しているM16にエイムポイント等のサイトが付いているものがあります。 実用的(戦闘、狩猟他)にアイアン・サイトよりドット・サイト類の方が効果的なのでしょうか? また、双方のメリット、デメリットを教えて下さい。

faq_aダットサイト(ドットサイト:Dot Sight)はレンズ中央に赤い点(*)を表示し、その点をターゲットに合わせて狙うオプティカル・サイト(光学照準器)の一つです。ダットサイトは他のスコープやアイアン・サイトと異なり、両目をあけたまま使用します。複数のターゲットに対して狙いやすく、近距離(50ヤード以下)でのコンバット・シューティングに適しています。

faq_optics

アイアン・サイトでは、フロント・サイトとリア・サイト、そして人間の目の三点が直線上にある必要があります。アイアン・サイトやスコープでは目の位置が1センチも上下左右へずれてしまうと照準が不可能になりますが、ダット・サイトは中央の点がターゲットを指していれば、目とレンズの位置が多少ズレていても、近距離であれば実用範囲内のサイティングが可能です。 しかし反面、ダットサイトは電子機器であるので、バッテリーが必要であったり、太陽光等が反射しやすいなど、アイアン・サイトより取り扱いに注意が必要となります。

   eotech552bodyeotech552view
EOTech 552 ホロサイト (ホログラフィック・サイト)EOTech 552 のレティクル
中央のドットは1MOA(**)、外側の円は65MOA。 実際の使用時はレティクルが画像のレティクルより大きく表示されます。
panorama_bodypanorama_view
HAKKO パノラマ・ダットサイトHAKKO パノラマのレティクル
このモデルは4種類のレティクルを切り替え可能

 

ダットサイトのしくみ

ダットサイトの構造は非常に単純です。ダイオードにより発光部が光り、多層コーティングされたレンズに反射ししているレティクルを我々の目が視認しているわけです。使用されているレンズは赤や緑の波長を通しにくい性質を持ち、半透明の鏡のように発光部を反射させています。

faq_dotsight

ダットサイトの起源

ダットサイトは電子機器のイメージが強いのですが、1960年代に電気を使用しないNYDAR(ナイダー)というダットサイトがショットガン用に販売されました。構造は単純で、ダットサイト後部に描かれたレティクルがサイト先端のガラスレンズに反射するというものです。しかし、レティクルそのものは発光しないため、ターゲットが明るすぎるとレティクルが見えなくなる欠点がありました。

 

 

ダットサイトとホロサイトの違い

ダットサイトはダイオードの発光を反射させているのに対し、ホロサイトではレーザーが使用されています。レーザー光をダットサイトと同じようにレンズに照射し、その反射された光を目で見ているのです。(発光部のレーザーはフードで隠れているため、直接見ることはできませんし、レーザーなので直接見るのは危険です。) EOTech社のホロサイトはレベル2のレーザーが使用され、パワーは0.08mW 650nmです。 一般的な実銃用レーザーはレベル3が多いので、それらより弱い出力のレーザーが使われているのが分かります。

 

ホロサイトの特徴

ホロサイトの最も大きな特徴は、反射するレティクルを三次元的に表示している点にあります。ホロサイトのレティクルは人間の目には50メートル以上先に表示されているように見えるうえ、ターゲットの距離の遠近に関わらず常にピントのあったレティクルが見える特性があります。

  • グリーンやブルーなど色は様々。レティクル形状も十字型など数多いバリエーションがあります。 ** 1 MOA = 100ヤードの距離で直径1インチ相当の大きさ

 


faq_q現在、自己満足で小説を書いています。 で、僕自身銃が好きなので、幾つか登場させようと思っています。 そこで質問です。 極力、反動の弱いもの(なるべく子供でも撃てそうなヤツを)を紹介してはいただけませんか? もちろん、どんなものでも構いません。

faq_a銃の反動は銃種より弾種、弾の持つパワーによって違いが生まれます。よって、どの弾を使用するかで選択すると良いと思われます。子供でも簡単に扱えるものでは、.22LRや、.25AUTO.32ACP.380ACPといった弾を使用する銃はいかがでしょう?

 


faq_q『マスターキー』と言う銃があると聞いたのですが、どのような銃なのでしょうか?  また、何故『マスターキー』と呼ばれているのでしょう?

faq_aマスターキーとは、ライフルにショットガン(M870)を組合わせたシステムの通称名で、主にM4ライフルのハンドガード下部にショットガン(レミントンM870等)を装着させたものをマスターキーと呼びます。 ライフルとショットガンを簡単に使い分けられるため、様々な状況で使用できますが、主に室内戦闘や近接戦闘(CQB)を想定し、ショットガンでドアを破壊して突入することに使用できます。このことから、マスター・キー(どのドアでも開けられるカギ)と呼ばれるようになりました。

 


faq_q早速質問ですが、ソードオフショットガンと通常のショットガンとの違いは何ですか?出来ればソードとは何なのかも教えて頂けるとありがたく思います。

faq_aソードオフ(又はソウドオフ)・ショットガンとは、通常のショットガンのバレルを短く切り落としたものを、”ソードオフ・ショットガン”と呼びます。全長が短くなるため取り回し安く、簡単に隠し持てるため多くの国で規制対象となっています。 ソードオフは英語で”Sawed-Off”と表記します。Sawは日本語でノコギリを意味し、SawedはSawの動詞形です。そして、Sawed-offは形容詞となり、”短く切り落とした”、”短い”の意味の他、スラングで”チビ”を意味します。つまり、バレルの短いショットガンをソードオフ・ショットガンと呼ぶのです。

 


faq_q私が読んでいる小説に、こんな銃の扱い方がありました。
主人公は二十二口径のオートマチック拳銃をフルロードで携帯していて、毎日夜になるとマガジンから弾を抜き取り 、他に用意してあった空のマガジンに装填し直します。 つまり、マガジンスプリングを劣化させないように、常にフルロードのマガジンと空のマガジンを保持し、毎日交代 させるという事だと思うのですが・・・

実際、護身用としてタンスなんかに収納している銃や、警官がホルスターで携行しているオートマチック拳銃などは このような操作は行っているのでしょうか?

faq_a安全のために日常的にマガジンから弾を抜くことはありますが、マガジン・スプリングは簡単には劣化しません。製品にもよりますが、数ヶ月ではスプリングは弱まりませんので、日常的に抜き取り作業を行う必要はありません。 マガジンは消耗品ですし、10~50ドルで購入できることから、スプリングのヘタリを気にするシューターは定期的に新しいものに交換するか、こまめにチェックすると良いでしょう。

 


faq_q  はじめまして。早速ですが質問させてもらいます。
映画やマンガ等の銃撃戦を見ていると度々「ジャムった」等と言って作動不良を起こしている場面を見かけます。そ のように、もし実際に銃撃戦をしている場面で作動不良を起こしてしまったらどのような対処をするのですか? また、反対に射撃練習中などに作動不良を起こした場合もどのように対処するのか教えて下さい。

faq_a銃撃戦でも射撃練習中でも銃の操作方法は同じですので、同様の操作で対処します。オート・ハンドガンや、セミ/フル・オートマチック・ライフルなど、オート・マチックの銃で発生するジャムは、装填不良や排莢不良、不発、遅延発火などが殆どです。射撃途中であれば、ジャムを起こした状態から手動でスライドを引けば解消されますが、射撃練習中で不発や遅延発火と思われる場合は、銃口をターゲットに向けたまま10秒以上待ったあとで弾を抜きとります。

また、ジャムの状態により、マガジンを一度抜き、抜いた状態でスライドを引く操作も必要になります。 しかし、火薬の燃焼力不足から弾頭がバレルの途中で停まってしまったり、内部パーツの破損のような予期できない事態となれば、その場で対処するのは難しくなります。リボルバーはジャムの心配が殆どありませんが、手入れが行き届いていないと、「トリガーが戻らない」、「トリガーが引けない」、「ハンマーが起きない」、「シリンダーが回らない」といった作動不良を起こすことがあります。

リボルバーで起こる作動不良は厄介で、その場で対処するのは難しく致命的です。不発や遅延発火と思われる場合、射撃練習中においてはオートマチックの例と同様の対処方法ですが、銃撃戦ではそのままトリガーを引き続けます。以上ですが、最も大切なのは、パニックに陥らず冷静に安全に対処することといえます。

 


faq_q防弾車、防弾ガラス、銃弾をはじくタイヤ等はどのような仕組みなのですか?

faq_a

防弾ガラス
防弾車のボディーは鉄やセラミックが使用されますが、防弾ガラスではガラスとポリカーボネイトといった、ガラス層と樹脂層を何枚も重ねられた特殊積層ガラスが使用されます。粘りけのある樹脂とガラスとの組み合わせにより、粉々にならず、ヒビだけを残して弾丸の貫通を阻止します。

この特殊防弾ガラスは弾頭の持つエネルギーを吸収拡散し受け止めるため、弾頭はガラスにめり込んだ状態となったり、外側へと落ちます。一般的な防弾ガラスは拳銃弾を阻止できますが、ライフル弾に対してはその殆どが阻止できません。これを阻止できる防弾ガラスは厚みが増すため、通常の車両には使用されないのが普通です。

防弾タイヤ
防弾といえども、弾を跳ね返すタイヤではなく、防弾ガラス同様に弾を吸収してしまいます。 一般的に、ランフラット・タイヤと呼ばれるタイヤが流通しており、チューブレス・タイヤの中にホイールを囲むようにして厚みのあるゴムの輪が備え付けられています。

これにより、パンク状態であっても走り続ける事ができます。 「タイヤをゴムの塊にしたら良いのでは?」という疑問もあるかもしれませんが、それでは乗り心地が悪くなったり、スピードが出せなくなる他、軍用車など空気圧可変システムを装備する車両に利用できないため、ランフラット・タイヤのシステムが利用されます。

 


faq_q住宅街やその他銃声の聞こえては困る場所において、銃器の動作チェックはどのようにして行うのですか?

faq_a通常、住宅街の自宅で実弾による動作チェックを行う場合は、地下室などで、ブレット・トラップと呼ばれる装置を使用して行われます。 箱形や筒状の装置に銃口を突っ込み、そのまま射撃すると発射された弾頭は装置内部の渦巻き状コイルに沿って回転し、運動エネルギーを失うまで回転を続けます。そしてエネルギーを失うと装置内部で弾頭は回収されます。多くのブレット・トラップはこの構造を利用していますが、中にはケブラー繊維や金属板で弾を受け止める装置も存在します。

これらは、銃器メーカーやガンスミスなどは勿論、一般のシューターでも所有するテスト射撃用装置ですが、銃声は小さくなるものの、うるさいレベルであることに変わりません。そのため、殆どの一般ユーザーはシューティング・レンジでテストをします。 この装置の価格は400ドル程度から5,000ドルを超えるものまで多種多様です。

 


faq_qグロックシリーズの26や18という数字は何を表しているのですか?

faq_aGlockシリーズの数字は登場順に増えています。最初に登場したモデルのGlock17は、装弾数が17発であることからG17(Glock17)と名付けられましたが、Glock18以降は登場順に名付けられています。2004年3月現在では、.45AGP口径のGlock37まで登場しています。

 


faq_qアメリカ方面の銃に良く見られるM92FやM79、M16のような「M表記」は確かModelの略だったと記憶していますが、ヨーロッパ方面のP38やP08の「P表記」はどういう意味があるのでしょうか?

faq_a”P”は、”ピストル”や”ポリス”の意味があります。例えば、ワルサー社のPPモデルは、”Polizei Pistol(警察ピストル)”の意味です。ちなみに、P38やP08の”P”は、”ピストル”を意味します。また、例外的に銃によっては、”パワー”や”ポート”、”プラス”、などの頭文字から名付けられることもあります。

 


faq_qグレネードランチャーの弾についての質問なのですが、 ゲームのパラサイトイヴシリーズに登場するグレネード弾のエアバーストという空中炸裂するら しい弾種と、MM1と呼ばれる回転弾倉式のグレネードランチャーは実在するのでしょうか?

faq_a空中で破裂するグレネード弾(エアバースト)は存在します。以前は、エアバーストを利用する弾は不発の多い信頼性の無いものでしたが、特に近年のグレネード弾はエアバーストの機構が確立されつつあり、確実性が高まったことから今後更に流行し、グレネード弾の主流になると思われます。エアバーストは、敵の頭上で炸裂するため、地面に着弾後に爆発するものより、より多くの効果が得られます。

また、MM-1というグレネードランチャーは存在します。これは、ホーク・エンジニアリング社が開発したリボルバー・タイプのグレネードランチャーです。装弾数は12発で、数秒の間に全弾撃ち尽くすことが可能なことから、敵からの集中攻撃に対する防御にも有効です。このリボルバー・タイプのランチャーは珍しいものではなく、同様のシステムを備えたランチャーは多く存在します。

 

faq_q実在のグレネードランチャーの種類、名称を教えてください。数は少ないのでしょうか?

faq_a非常に多くあります。ヨーロッパや中東などで1~2年毎に開催される兵器ショーでは、毎回のように新製品が発表されています。現在のグレネード・ランチャーの主流は、車両に搭載したりトライポッド上で使用するAGL(オートマチック・グレネード・ランチャー)であることから、携帯できるものより多くなっています。グレネード・ランチャーは、ベトナム戦争時に発展し、米国のM79やM203は特に知られている存在です。

M79は映画「ターミネーター2」でも登場したことでも有名な、中折れ式ランチャーです。ブルーパーという愛称で呼ばれ、ベトナム戦争時には35万丁以上が生産され、それに続きM16ライフルに装着するM203も代表的な製品となりました。コルト社は25万丁のM203を製造し、韓国のデーウー社もライセンス生産しています。 他にも、ライフルに装着するアドオン・タイプには、ドイツのHK79やAG-C、ロシアのGPシリーズなどが有名です。

また、AGLとして有名なものには、米国のMK19やMK20、ドイツのHK GMG、ロシアのAGS17、南アフリカのAS88、スペインのSB-M1、スウェーデンのGC40、中国の87式、日本の96式40mm自動てき弾銃などがあります。

 

faq_q 実射した場合のグレネードランチャーの威力は?

faq_a 主に、対装甲用と対人用があります。対戦車用と呼ばれるグレネード弾も存在しますが、実際には軽装甲車や車両に対して使用されます。しかし、車両に対してはあまり効果が得られないため、グレネード・ランチャーの多くは対人用として使用されます。先に触れたエアバーストと呼ばれる弾は、対人用にあたります。殺傷範囲は着弾点より約3~6mです。AGLはフルオート射撃が可能なため、広範囲にわたって敵を制圧できます。 参考

 


faq_q戦闘用のライフルは大型でとても重たいものですが、なぜそれを小銃と言うのでしょうか? 中銃や大銃(笑)と言った物があるわけではないですよね、いわくなんかを教えていただけますか?

faq_a小銃とは、主に軍で使用されるライフル銃を指します。銃器は、狩猟といったハンティングのための道具として、また、スポーツといった腕を競い合うための道具として進化してきました。しかし、これらよりも更に銃器の進化に影響を与えたのは、戦争です。歴史的にも戦争の銃器への影響は大きく、国をあげて銃器や兵器に大金と最新技術が使われ、世界各国による、”いかに他国を凌ぐ兵器、銃器を持つか”という、”レース”が行われていました(います)。 そして、戦争に使用する兵器には様々な大きさがありますが、戦車や艦船、大砲のような大型の兵器(Arms)に対して、兵士らが装備する銃器を小火器(Small Arms)と呼ぶようになりました。

(特に、英語圏ではこの傾向があります。また、”銃”を意味する”GUN”も、銃だけでなく”砲”の意味を持ちます。)ですから、大型のライフルも、軍で使用される兵器の中では小型のため、小銃、小火器、といった呼ばれ方をします。 日本語での小銃の定義は曖昧ですが、現在ではアサルト・ライフルを小銃と呼ぶ傾向があります。

 


faq_qブルーモデルとは一体どういうものなんですか?

faq_a単純に、黒い銃はブルー・モデルと呼ばれます。ここでいうブルーは、本来、ブルーイング(青焼法)という、鉄表面に酸化皮膜を形成することによる防錆法の一種で、これは色が若干青いため、これを施した銃はブルー・モデルと呼ばれていました。しかし、実際にはブルーイングを施していない銃も、材質に関わらず黒いモデルは総称して、ブルー・モデルと呼ばれる現状があります。

 


faq_q映画ターミネーター2で、サイバーダイン社攻防戦の場面です。グレネードランチャー(M79?)の発射に関してですが、あれは実弾を使用しているのですか? パトカーに着弾した時、発射→パトカーのガラスが割れる(音と画像)→爆発、というシーンがあります。再現したにしてはあまりにもリアルだなぁと思ったのですが、実弾なんか使用したらアブナイだろうなぁと思ったので。ご存じですか?

faq_a昔の古い映画(1950~60年頃まで?)では、実際に映画の撮影で実弾を使用する事がありました。走り去る役者の後ろを、フルオート射撃で追っていくといったシーンも、過去には撮影されています。実弾ですから、当然リアルに反映されます。

しかし、これは危険なため、現在では実弾を使用する事はありません。 発射と着弾のタイミングを合わせて、予めセットされている爆薬を、有線や無線で爆破、またはCG加工されるのが通常の撮影方法です。ブランドン・リーも、撮影用の銃で亡くなっている事例がありますし、現在は安全に対して非常に気遣われています。

 


faq_q映画「ロボコップ」でお馴染みのオート9。映画ではセミ&三点バースト可能銃と して出てきますが、実は「フルオートを三点バーストに見せかけていた」という話を耳 にしました。真偽のほど、ご存じでしょうか?

faq_a有名な裏話ですが、仰るとおりフルオートを指きりによってバースト射撃に見せかけていた様です。記憶が定かではないのですが、ロボコップシリーズの映画パンフレットのどれか(ロボコップ2?)に、そういった記述があったように思います。

 


faq_qアメリカには銃祭りがあると聞きましたが、それはどういうものですか。

faq_a銃祭りかどうかはわかりませんが、銃の祭典とも呼ばれる催しは各地で行われています。 ガンショーはもちろん毎週のように各地で開催されますが、その他に実射して楽しめる企業やディーラー向けのイベントや、一般向けのイベントなどがあります。一般の人でも参加し試射できるものも多くあります。これは、個人または団体、企業などが主催するイベントで、銃の販売促進やリクリエーションとして行われている様です。

例えば、企業やディーラー、メディア向けとしては、Small Arms Conferenceなど。また、団体の主催する、Knob Creek Rangeや、有名なものに、SOF(Soldier Of Fortune)といったものもあります。これらは、クラス3と呼ばれる、いわゆるミリタリー・アームズを使用するイベントで、90年前の古い銃から最新の銃まで、フルオートマシンガンや大口径ライフルが主体です。こういったイベントはビデオ化される事も多いので、一度ご覧になるのも良いでしょう。 ガンショーはNRA公式ページから検索できます。

 


faq_q初めまして。 私は最近、某ゲームソフトメーカーの研修社員になりまして、目下、色々と専門知識や雑学を身につけようとしている次第です。 銃器類についても最近興味を持ち出したのですが、このようなHPがあるとは、嬉しい限りです。 そこで質問があるのですが、よく映画などで袖口から小さな隠し銃をバネ仕掛けのホルスター(?)で「シャコッ!」と取り出すシーンがありますよね。 あれをどうやって作動させているのか疑問に思っています。 どこかにスイッチ用のワイヤー等があるのかもしれませんが、『デスペラード』のアントニオ・バンデラスは両袖から同時に出していましたし・・・ 

faq_a創作上の物としか記憶がなく、実物が使用されたという話しを聞きませんのでなんとも言えませんが、恐らくスプリングで作動させる構造なのではないでしょうか。銃に取りつけられたバーと腕のレール付きホルダーにスプリングが取りつけられ、そのレールに沿って銃が移動するものかもしれません。デスペラードではルガーKP90(KP85?)が登場していましたが、この大型ハンドガンが裾の中に隠れていれば不自然なので難しいでしょう。コルトポケットサイズが良いかもしれません。


faq_q日本の映画の場合、撮影用の銃はどんなものが 使用されるのでしょうか?

faq_a日本では主に電気着火という手法がとられます。モデルガンを改造したもので、薬莢など排莢には火薬や小型モーターの力を使い、銃口から発生するマズルフラッシュ(発射炎)は予め仕込まれたフラッシュ専用の火薬を電池などのバッテリーで着火させます。現在では撮影後にCGでフラッシュを追加されることもあるようです。


faq_q先日テレビでシルベスタ スターローン主演の映画「暗殺者」を見たのですが、その中で
アントニオ バンデラスが使っていたライフルは何かご存知でしたらお教えください。

faq_a申し訳ないのですが、私も暗殺者は見ていたものの記憶が曖昧で、おまけに手元にその映画の映像や写真といった資料がないもので、わかりませんでした。ライフルについては、ストックやボルトといったパーツを交換する事は頻繁にある事で、それをされていると識別も難しくなりますが、分かり次第このページでお知らせしたいと思います。

 


faq_qすべての実銃メーカーの社名が知りたいです。

faq_a全て把握できるか分かりませんし、膨大な数になるので、ここで掲載する事はできません。恐らく1500社以上になると思います。また、これは資料さえあれば誰でも調べられる事ですから、米国の銃砲年鑑(Shooter’s Bibleなど)や、徳間文庫から出版されている床井雅美氏による本などを入手して、ご自分で調べて下さい。 しかし、これらの文献を使用しても、全てのメーカーを1冊だけの文献から知ることは困難だと思われます。勿論、当HPでも今後銃器メーカー名を含めたリストを、将来的には作成したいと思っています。

 


faq_q突然ですが、管理人さんなどは実銃の詳しい資料などはどのように見つけておられるのですか?
私もざっしなどは買ったりしているのですが、そういう専門の文献などがあるのならば、是非教えていただけませんか?

faq_a「これさえあれば大丈夫」という本はありませんから、大量の資料の中から必要な情報を探すしか無いと思います。私の場合は、月刊誌「GUN」を87年頃から購読し続けて、これを教科書としています。その他の専門書は私にとって参考書ですね。

この参考書とは、「使える情報」が書かれている本の事で、ミリタリー専門誌や航空専門誌でも、記事の隅の方に実銃の「使える情報」があれば、できる限り入手するようにしています。(ただ、映画、小説、マンガなどに書かれている情報は信用していません。)

また、参考になる文献にも銃器だけを扱ったものは多くありますので、書店や古本店を探し回るのも良いですね。今ではなかなか知ることが出来ない情報でも、絶版になった本で詳しく記載されていることはよくあります。他にも、洋書を扱った大きな書店で、米国の銃器カタログ(Shooters Bibleなど)を手に入れるのも参考になると思います。銃器に関する新刊は、いまある月刊誌で紹介される事がありますから、それをチェックするのも1つの方法ですね。なにわともあれ、膨大な資料から自分でデータベースを作れば、それは立派な参考書となることでしょう。

 


faq_q銃を数える時に使う「挺」と「丁」。どっちが一般的?

faq_aどちらでも構いませんが、「丁」が一般的といえます。自衛隊関連の資料では頻繁に「挺」を見かけます。

 


faq_qカスタムメーカーというのは、普通のメーカーとは全く別の会社なんですか?

faq_aカスタムメーカーは、ベースになる銃の加工をしたり、カスタムパーツなどを製造するメーカーですので、ベースになっている銃を製造しているメーカーとは違います。

faq_q「スマイソン」のようにコルトとS&Wを
合わせた銃は、どんな経緯で誕生したんでしょう?なにも問題なかったんでしょうか?

faq_aスマイソン(スモルト)は、1972年、ビル・デイビスによって生み出されたカスタムガンで、スムーズな機構を持つS&W社のフレームと、精度の高いコルト社のバレルを組み合わされ生まれました。これは、銃そのものを設計から製造販売しているのではなく、ベースになる銃と加工料を支払う受注生産の銃です。 法的な契約については不明ですが、問題は無い様です。

 


faq_q「モデルガン買おうかなー」と思っているのですが・・
初心者のため銃の名前すらわからない状態です。というより呼び名ですけど。
例えば、「ベレッタ M92FS」は
エム きゅうじゅうに エフ エス?
きゅうにい        ?
ナインティーツー        ?

faq_a呼び方はその銃が誕生した国の呼び方をしてみたり、英語読みをする事がありますし、また、そう呼ぶとしても、カタカナにして呼ぶのか、実際の発音に近い呼び方をするのかといった事は、もちろん人それぞれ自由です。「ベレッタ M92FS」の場合は、「えむ きゅうにい えふえす」が多いようですね。私もこう呼んでいます。

faq_qまた「S&W M19」は
エム いちきゅう
じゅうきゅう
ナインティーン?

faq_aやはり自由なのですが、「すみす あんど うぇっそん えむいちきゅう」が一般的かもしれません。また、「S&W」は、「えすだぶりゅー」と呼ぶ人もいます。

faq_q「357マグナム」は、さんごうななマグナムでいいんでしょうか?

faq_aそれでいいと思います。「さんびゃくごじゅうなな」と呼ぶことはありませんね。

faq_q「M19」や「M36」などの数字は名前以外に何を意味しているの?

faq_aこの数字は銃を区別する為の「型」で、メーカーによって付け方が違っていますが、S&W社の場合、南北戦争の頃から誕生した順番に番号を付けたり、その銃が誕生した年の4桁の数字を使用することがありました。

その後、素材(スチールやステンレス、アルミ合金など)を区別する為に、数字の頭や最後に「6」を付けられたりもし、さらに銃の構造をも表す番号も加えられるなどして、1989年以降は、それぞれに意味を持った規則性のある4桁の数字を使用する銃も登場しました。この4桁化による事で混乱も多く、評判は悪いものになっています。

 



faq_qリボルバーの弾薬の種類と口径はどのくらいあるのか教えてください。
あと一般的にどの弾薬が多く使われているのか教えてください。

faq_a詳細は分かりません。 例えば、リボルバー製造メーカー大手のS&Wは、これまでに約44種類(2007年現在)の弾薬を使用するリボルバーを製造していますが、これはほんの一部にすぎません。 また、弾薬は用途によって選択されるので、ご質問の”一般的”が何を指すのか分からないのでお答えできません。 因みに、米国で最も多く売れている弾は.22LRです。


faq_q過去の質問の中にガク引きについてのものが有りましたが、他の現象などが英語で言われているのに何故かこの言葉だけ日本語で、不思議に思って色々な他サイトを調べてみたのですが、どこも日本語表記でした。英語で「ガク引き」を現す言葉はあるのでしょうか?

faq_a適当であるか分かりませんが、「 Trigger Jerk 」と表現されることがあります。 殆どはフリンチング(Flinching)と、ひとまとめにされることが多いように思われます。


 

faq_q映画「DOOM」でSMGの上の部分に赤いレンズの様な物が付いていて、離れた敵を撃ち殺すのに、そのレンズ覗いて撃っていたのですが、アレは何のために付いているのですか?

faq_aSMGに載せているということで、おそらくダットサイトだと思われます。 詳しくは「その他の質問」の”ダットサイト”をご覧下さい。


faq_q実銃ブローニング ハイパワーM1935に純正装着(と思われる)されているグリップに黒色に着色されている木製グリップを見つけたんですが、こう言うモデルも存在したんでしょうか?通常黒いグリップはプラしか見た事無い様な気がしたものですから。ご存知なら、お教えください。

faq_aわかりません。それは着色による色だったのでしょうか? ブローニングHPのグリップで黒いウッドグリップは存在しますが、これは着色によるものではありません。


faq_qクリップについて調べているのですが、(セミオートハンドガンが)ホールドオープンした状態で、エジェクションポートからクリップを突っ込んで装填することはできるのでしょうか?エジェクションポートの形状次第で、モーゼル以外でもできそうな気がするのですが・・・。

faq_aピストルは無数に存在するので絶対に無いとは言えませんが、モーゼルM712やステアーM1912にみられるようなローディング・クリップが使用できるデザインでなければ、真上からのローディングはマガジン・リップに衝突するため、可能性は低いと思われます。


faq_qショットガンを撃ったら、弾は分散(?)して飛んで行きますよね? そのときバレルの中で分散した弾でバレルが破裂しないのですか?

faq_a弾に働くエネルギーは銃口方向へ一方に向かうため、バレルが破裂することはありません。


faq_qアニメなどで時折見かけられる、両手に二丁の銃を構えて複数のターゲットに対し同時に攻撃するという事は可能なのでしょうか?(例:ブラックラグーンなど)
動画のほうでグロックの二丁でのフルオート連射がありましたが、あれのように器具(?)を着けずに撃っても大丈夫なのでしょうか? 実銃に触った事がないので分かりませんが、どうなのでしょう?
また、可能であるならば一体どれぐらいの口径や重さ、大きさの銃までなら可能なのでしょうか?

faq_a両手で撃つとマガジン交換できないので実用的ではありませんし、一つの銃を両手でグリップする方が素早く確実に撃てます。 フルオートのリコイル処理は射手の経験や筋力にも左右されます。しかし、経験や筋力に関わらず、ストックを使用しないよりは使用した方が集弾しやすく、命中させやすいことに間違いありません。


faq_q前にガソリンタンクに銃を撃って爆発しないと書いていましたが、どこで明確な結果をしったのですか? テレビの検証番組などですか? それとも理論的にですか? または実際に検証したのですか?

faq_a理論的に考えられる結果でもありますし、私が知る限り約20年前から数多くの検証ビデオが市販されています。 有名なものに1985年に発売された米国の銃器検証ビデオ、”Deadly Weapons”があり、この中で実際にガソリンタンクを射撃し検証しています。


faq_q日本で12番の散弾銃を所持していますが、もう一本16番の散弾銃も購入したいので、16番の装弾は日本国内でほとんど流通していません。米国では16番はまだ売っていますか?

faq_a売っています。新製品も出ていますし、入手はそれほど難しくないと思われます。


faq_q映画やアニメ等の架空の話についての質問です。よろしくお願いします。
主人公が走ったり、車で逃げたりするときに、周りから大量の弾が撃たれているのに、なぜか当たらず、そのまま逃げ去ります。絶対に当たっているだろうと思うのですが、やはり架空の話ですか? それとも、案外連射するとなかなか当たらないものなのでしょうか?

faq_a実戦でも当たるときは当たります。当たらないときは当たりません。20メートルの距離でなかなか当てられなくても、100メートルの距離で命中してしまうこともあります。確かに移動目標に命中させることは実戦においても非常に難しいことですが、全ては運と状況、射手の腕次第です。


faq_qライフルなどを長期保管する場合は、どのような方法がとられているのですか?
海外の軍隊などでは、通常メンテするものは問題ないでしょうが。有事などに備えた大量の銃などをフィルムで真空パックしてあると聞きましたが。

faq_a地域差や状況によるので何ともいえません。クリーニングが行き届いていれば、長期保存とはいえそれほど神経質になる必要はないでしょう。 しかし、銃はどんなに油まみれでも錆びますから、真空パックにしておくのは良い保管方法だと思われます。


faq_qライフルの前床についての質問なのですが、第二次世界大戦後からしばらくしてまでのライフル、特に軍用のM1ガーランドや九九式短小銃等のライフルでは前床の形状が本ページの基礎知識にあるマンリッヒャー型の形状がとても多いのですが、民間用のライフルや戦後開発されたウィンチェスターM70、レミントンM700、スプリングフィールドM14、H&K PSG1等のライフルはなぜビーバーテールやラウンデッド等といった銃身の大半がむき出しになった前床が用いられているのでしょうか?

狙撃用に用いるライフルならば前床がマンリッヒャー型、特に木製だと湿気や気温の変化等による縮小や膨張のために銃身が歪み、命中精度の低下を起こすという理由がありうるのは分かり、また水や泥、湿気によって前床の腐敗、銃身の劣化、錆等によってライフル自体の寿命を短くするのが理由に挙げられそうですが、マンリッヒャー型の様に銃身の周りの多くを木材などで覆っておけば、特に軍用では銃剣やストックなどを用いた白兵戦が発生した場合や転落時の銃の落下の際、銃身自体の変形を防ぐ事が可能そうですし、また加熱した銃身が仲間の皮膚等に当たりそれでやけどを負う事を防ぐ事、近年の素材の品質の向上により銃身の歪みが起こりにくくなっているのではと思うのですがどうなのでしょうか?

faq_a一般的にスナイパーライフルを用いての白兵戦は想定されていません。近代ではスナイパーが一人で戦うことは希で、必ずフルオート火器を持ったサポート役が共に行動します。また、軍用ライフルは軽量であることが望ましいので、無駄な部分を省いたという点では現在の形は合理的と言えます。


faq_q通常に販売されているリボルバーを、手の小さい人が持ちやすくするための方法として、グリップを交換する以外にはどのようなものがあるのでしょうか? 例えばトリガーの位置をずらしたり、フレームを削るといった加工は可能なのでしょうか。教えてください。

faq_aリボルバーのフレームは細いものが多いので、グリップを小さくするのが最良の方法です。フレーム(バックストラップ)を削る方法もありますが、そこまでする必要があるならば、フレームサイズの小さいモデルを選択するのが適当だと思われます。


faq_qエアーライフルについての質問なので答えてくだされば幸いです。私は高校でライフル射撃をやろうと思っているのですが、腕や足は右利きなのに目は左利きなんです。右目でエイミングするのは難しいでしょうか?
写真で見ただけなのでよくわかりませんが、サイトは手前に5センチくらいの筒のようなものが付いていて、フロントサイトはそれよりも短い筒がついていました。ちなみに私の視力は左目のほうが強いです。

faq_a最初は慣れないと思いますが、トレーニングにより簡単に克服できると思います。


faq_q映画「Mr&Mrsスミス」で、John Smithが使っていた、銃口にサイレンサーみたいなのをつけて撃って銃はなんという銃なのでしょうか?

faq_a1911モデルやHK UMP、スターム・ルガーMkIIなど、サイレンサーを使用した銃器は多数登場していました。残念ながらどれだけの銃器が登場していたのか全てを把握していませんのでお答えできません。


faq_qハンドガンは、スライドが引かれた状態で撃発することが可能でしょうか?
もし可能なら、排莢は正常に行われるのでしょうか?

faq_aオート・ピストルはスライドが後退した状態で撃発できません。


faq_qちょっと気になったのですが、劣化したサプレッサーに消音効果は期待できるのでしょうか?
サプレッサーに亀裂などが生じたらもう使えないのでしょうか?

faq_a亀裂程度だと消音効果に問題はありませんが、その亀裂からの発射ガス噴出が大きいようであれば音も漏れると思われます。


faq_q映画 Underworld での主人公の銃は ベレッタ 92FS でしょうか?
映画では1秒間に数発くらいの連射をしていましたが,92F で連射できるのでしょうか?

faq_a銃はベレッタ 92FSでしたが、映画ではフルオート化されていました。92FSはセミオート・ピストルなので、通常は連射できません。


faq_q某ゲームで初弾を手動で排莢するというのがあったのですが、どのような意味があるのでしょうか? 戦闘の直前にオートマチックハンドガンのチャンバーに装填されている初弾を、手でスライドを前後させて排出させていました。装弾数が1発減って勿体無い気がするんですが(実戦において弾丸の1発は重要ですよね)、それを上回る利点があるのでしょうか。

faq_a状況が分からないのでお答えしにくい問題です。 初弾が不発だったのか、リロード時にチャンバーに一発あるのを忘れていたのかもしれません。そうでなければ弾の無駄だと思います。


faq_q現在のリボルバーについてなのですがコルトSAAで装填するときの様にシリンダーをフリーに回転させられる状態にできる様になっているのでしょうか?

faq_aできます。 コルトSAAは装填のためハンマーをハーフコックにするとシリンダーがフリーになります。一方、現代の一般的なDAリボルバーはハンマーを少し起こすことでシリンダーがフリーになります。


faq_qアクション映画を見ていて、気になる点があります。
サプレッサーを装着時はマズルフラッシュも一緒に消すことが可能なんでしょうか?

faq_aかなり抑えることもできますし、殆ど消える場合もあります。サプレッサーの大きさや、マズルから排出される発射ガスの量によってその効果が異なります。


faq_q
↑に
>>しかし、この銃はセミオートオンリーのため、ケース・バイ・ケースで使いまわす、という観念ではM3等の後継機に負い目をみるところもある。
とありますが、ポンプアクションよりセミオートの方が優れてるのではないのでしょうか?

faq_aベネリM3はセミオートとポンプアクションの切り替えが可能であるため、セミオート・オンリーのM1より優れているということです。スピードはセミオートに分がありますが、ポンプアクションは不発の処理や弾種を変更したい場合に素早く対処できるため、その状況によって有利に使用できます。


faq_q聞いた事があるんですが、中の溝を多くすると貫通力が上がるって聞いたんですけどバレルだけのパーツってありますか?

faq_aライフリングのことでしょうか? ライフリングの数と貫通力は関係ありません。


 

faq_q銃の重さを重くすると反動が弱くなるそうですが、そういうパーツはありますか?

faq_a同一の弾薬を使う条件下では、軽いより重い銃の方がリコイル(反動)がマイルドになりますが、通常、リコイルを軽減させるには、コンペンセイターやマズルブレーキというパーツが利用されます。


faq_q昔TVで『タップ・タップ』なる撃ち方が紹介されていました。標的に2発撃ち込む事で殺傷率が上がるらしいんですが、今でも現役の技術なんでしょうか?オートマチックの拳銃で、実演していたのは(確か)イギリスの軍人さんだと思いました。

faq_a正確には「ダブル・タップ」ですね。現在でも有効です。


faq_q銃を撃つとき、スライドの動きや、飛ぶケース、マズルフラッシュなどは見えたりしますか?

faq_a見えます。当サイトの動画コーナーの動画をご参考下さい。


faq_qガバメント系は、作動が遅いと聞きましたがホントですか?

faq_a1911ピストルはフルサイズになるとスライドが重いので、他の.45口径ピストルと比較すると、サイクルが若干遅く感じられことはあります。


faq_qこのサイトで50AE デザート・イーグル(6インチ・バレル/スチール・フレーム)は2053gと掲載されていますが。銃の威力をさらに上げようとする場合、重さに比例して増加するもななんでしょうか?

faq_aパワーが強くなるということは、火薬量が増えることにつながります。火薬が増えるということは、それに耐えうる強度を確保するため、チャンバーやフレームなど、それぞれのパーツの肉厚を増加させる必要があるので、重くなりがちです。パワーと重さは必ずしも比例しませんが、そういった傾向はあります。


 

faq_qまた重さによっては、ハンドガンの部類から外れることはありますか?

faq_a明確な定義はありませんが、一般的に、片手で保持できないハンドガンはハンドガンとして認められないと思われます。


faq_qガン=カタでおなじみの映画「リベリオン」の中で、主人公がショットガンを手に一挺ずつ持ち、両腕を前後するような動作で二挺を同時にコッキングするというシーンがあるのですが、あれは両腕を前後させたときの反動のみでポンプを引いているのでしょうか?

faq_aうろ覚えですが、そうだと思います。


 

faq_qもしそうであれば、実銃であのようなことは可能なのでしょうか?

faq_a実際にM870ショットガンで実験してみましたが、私には無理でした。ですが、両手でグリップとボディを持ち、勢いを付けて上下に振ると2回振ったところで装填できたので、人並み以上の腕力があれば可能かもしれません。 フォアエンドに十分な重さがあれば十分可能だと思われます。


faq_qさて、早速質問をさせていただきます。「リコイルスプリングプラグと、.45ACPの薬莢。外径は一緒か?」
友人に送ってもらった、.45ACPの空薬莢と、WAの1911のスライドを手にして、ぼぉっとしていたときに、ふと、空薬莢をスライドのリコイル・スプリング・プラグが納まる部分に、差し込むと、正にピッタリ。
さて、実銃ではどうなのだろうと思ってから、疑問は深まるばかりです。
ぜひ、「本当のところ」を、教えて下さい!

faq_a1911のリコイルスプリング・プラグ径は0.4985インチです。対して.45ACPの外径(ボディ部分)は0.4732インチです(リム径は0.48インチ)。その差、約0.0253インチですから、ほぼピッタリ収まることになります。


faq_qKimber Custom45口径ピストルを所持していらっしゃるそうですが、それは米国では非常に高価で、一丁2000$以上する物もあるとか聞いた事があります。実際にそんなにするのでしょうか?
それとその所持されてるKimber CustomⅡは何ドルぐらいしたのでしょうか?

faq_aKimber LTPのカスタムショップ・モデルは実勢価格で1800ドルほどですし、カスタムメイドだと2000ドルを超えるものもあります。 私が購入したKimber Custom IIは約650ドルでした。


faq_qある画像のサイトでAK47を近距離で人間頭に向け射殺してるグロい画像を見たのですが、その射殺されたひとは、口から上が無くなっていました。AKにそれだけの威力は有るのですか?

faq_a恐らく私も同じ写真を拝見したことがあると思います。それは子供の写真ではなかったでしょうか?弾頭形状によっても結果が異なりますが、7.62x39mmには子供の頭を飛ばすことはできても、大人の頭部に対しては、穴が空く程度に留まります。


faq_q弾の値段ってどのくらいなんでしょう?
弾の口径によって値段って違うというのは想像がつきますが、どのくらいするのか教えてください。弾にも色々種類があるので大変かと思われますが知りたいのは50口径弾(50AE等)と25口径弾(コルト.25オート等)の一発分の値段。
ぶっちゃけた話……最大と最小の口径の値段が知りたいのです。

faq_a価格はディーラーによって異なります。また、弾の価格は口径の大きさに比例しません。


faq_qSTIやSVのような、ガバメントをハイキャパシティーにしたモデルがあると聞いたことがあるのですが、これらはグリップがプラスティックでできていると聞いています。素材がプラスティックでは、強度は問題ないのでしょうか。

faq_a問題ありません。十分な強度が確保されています。

 

faq_qもう一つ、なぜプラスティックにするのでしょうか。

faq_a軽量化が主な目的ですが、メンテナンスが簡単であったり、軍用モデルでは極寒時など気温の変化に対して使用者に優しいなどメリットがあります。


faq_qColt 社の Python や 1911(“Goverment”) は,例えば Smith & Wesson 社の 620, 686 や SW1911 に比べてもデザイン的に優れていると感じられ,自分的に好みです.これら Colt 社の銃は今でも(オリジナルの新品を)入手可能なのでしょうか?
Python などは注文すれば作ってくれるとどこかで聞きましたが...数年後にでもアメリカに行きたいので,できればそのときに所持したいのですが

faq_a既に製造終了しているモデルですが入手可能です。価格は1,000ドル越です。


faq_qハンドガンの射程は約50mが限界なのだそうですが、その射程を延長する方法はあるのでしょうか?

faq_a50mというのはおおよその平均的有効射程距離であって、最大射程距離ではありません。これを踏まえて有効射程距離を伸ばそうとした場合、その銃と弾の形状は、よりサブマシンガンやライフルの形に近づきます。大型のサイトを装備し、ストックを装着し、火薬量を増やす・・・等々、方法はいくらでも考えられます。しかし、これでは本来のコンパクトであるべきハンドガンのメリットが活かせません。 .45ACPのハンドガンを.38Superにコンバージョンして射程距離を稼ぐレベルではあれば、その類似の方法は様々です。


faq_q22WMRを使う銃についての質問なのですが、あれは平均的で多少銃器に触れた事のある中高生の体格で狙ったところへの連射は可能なのでしょうか。

faq_a可能です。リコイルが小さいため扱いやすく、子供でも容易に撃てます。

 

faq_qそれと22LRを普通の銃(デリンジャーのような極端なものではないもの)で撃つとどの程度の初速がでるのか教えてもらえないでしょうか。

faq_aこちらをご覧下さい。 弾の比較 


faq_qアル映画で見たのですが、どこかに銃弾を固定してナイフを投げその刃先を雷管に当てて弾を発射するというシーンがあるのですがそのようなことは可能なのでしょうか。

faq_a可能であると思われますが、バレルを持たない状態で撃発しても、有効な殺傷力は得られません。


faq_qよく映画などで「銃を捨てろ」と言われて投げ捨ててますが、あれって銃が壊れたりしないのでしょうか?友人の警官はありえないといってました。警察では、捨てろと言われたら投げ捨てずにそっと地面におけば機会があれば拾って使えるけど投げ捨てた銃は危なくて発射できないといってました。

銃のトライアルには落下テストもありますが、発射可能と言ってるだけで故障しないと言う保証はないように思います。

faq_a投げて壊れるかどうかは、やってみなければ分かりません。無数に存在する数々の銃は、それぞれモデルによって強度が異なります。 私個人の体験として、過去何度かベレッタ 92FSやRuger GP100をハンマー部分から落下させたことがありましたが、何の問題ありませんでした。


faq_q7.62mm弾(AP弾)と5.56mm弾(SS109弾)では、鉄板に対して撃った場合どちらが貫通力がいいのですか?

faq_a条件次第です。 同じ7.62mm口径でも、7.62x39mm弾と7.62x51mm弾ではパワーや貫通力が全く異なります。 単純に、7.62x51mmと5.56x45mmを同じ種類の弾頭を使用する条件下で比較した場合、7.62x51mmの方がパワー、貫通力共に優れています。また、7.62x39mmと5.56x45mmを同条件で比較した場合、5.56x45mmの方が優れます。


faq_qパーカッションリボルバーが撃発時に他のチャンバー内の火薬へ誘撃発してしまった場合、どうなるのですか?

faq_aシリンダーの破裂や、フレームの変形などの恐れがあります。


faq_q拳銃は過去に外国で一~二回撃った事があるのですが、次回に外国で撃った時、3~4メートル先に狼がいて、危ない!と思い、狼を狙って、『アーゼナル・モデル・マカロフ』で撃ったのですが、慌てていたせいもあり、3~40センチも下の狼の足元に銃弾が当たりました。こんな事がどうして起こるのか教えて頂きたいのです。

faq_a原因の一つにフリンチングが考えられます。精神的な状況や過去の射撃経験から無意識に力が入って銃口が下がる現象はよくあることです。これは大量の弾を消費して克服するしかありません。


faq_qHNの様にイングラムが大好きなのでイングラムの前から気になってた事を質問します。

1.
毎分1200発らしいですが、という事は秒間20発ですよね。もし、本当に1200発撃っても銃自体は耐えられるんでしょうか
faq_a1200発射撃しても強度は問題ありません。ただ、連続1200発ではバレルが過度に加熱されるため、バレルのみならずフレームやレシーバー先端に触れて火傷しないよう注意してグリップします。

 

faq_q

2.
「バトルロワイアル」という小説(マンガ)では、中3の男子(桐山)が片手で連射してますが、リコイルは大丈夫なんでしょうか。その割には結構当たってますが。

faq_aターゲットに命中するか否かを無視するなら、片手で射撃可能です。近距離では着弾が大きく散ってしまうため、できるだけ両手でグリップしたり、ストックを伸ばして使用します。


faq_q狙いを付けるとき、照門と照星とターゲットを一直線になるようにしますよね。でもスナイパー・スコープでは十文字線とターゲットだけ合わせるようですが、接眼レンズの目の位置が少々ズレていても狙いの精度は充分なのですか?

faq_aダットサイトでは問題ありませんが、スコープでは目と接眼レンズのズレは命中精度に影響します。できるだけスコープの影が見えないよう、正しい位置で狙って下さい。


faq_qM16シリーズは強度不足という話を聞いたのですが、本当でしょうか?本当なら具体的にどういっところが強度不足なのでしょうか?また、他の小銃にはそような問題はないのですか?

faq_aM16ライフルはベトナム戦争で投入されたA1以降、バレルが曲がる、ストックが割れるといったトラブルが相次ぎましたが、A2、A3と進化するにつれて全て改良が重ねられ現在に至ります。よって、現行のM16系バリエーションでは強度不足と言われるトラブルは聞かれなくなりつつあり、十分な強度を持っていると言えます。他の小銃でも勿論、強度不足である部分は存在しますが、その数は無数であるため、ここではお答えしかねます。


faq_q銃の表記で、よくMがつきますよね。「モデル」の略なのはわかりますが、グロック17などを呼ぶときには、普通使わないみたいで……。小説を書いていて、ぜひ銃を登場させたいのですが、こういった使う場合と使わない場合との表記をどうすればいいのかで凄く悩んでいます。もっとも一般的な表記の場合、Mがつくかつかないかはどうやって決まるのでしょうか?

faq_aモデルを表す”M”は、メーカーや使用される軍などで名付けられるものです。この名付け方に法則はありません。ですから、それぞれの銃器名を調べたのちに使用されると良いでしょう。因みに、グロックに関しては、M17とは呼ばずG17と呼ばれるのが一般的です。


faq_q「枕に銃口を押しつけることに、消音効果は望めるか?」の質問をされた方へのアンサーに、多少、重複してしまう内容ですが……、「ペットボトルを銃口に被せることは、効果的な消音効果を望める」とのことですが、フィクションでは……たとえば映画ではペットボトルに中身がある場合と、中身がない場合があります。中身の有無は消音効果に影響を及ぼすのでしょうか?

faq_a理屈では多少の消音効果向上があると思われます。しかし、それ以上に使用にはパワーロスが影響するでしょう。中身を入れたまま射撃するメリットはありません。


faq_qデリンジャーについてなのですが、あれだけ小さいと、射程や威力が他のハンドガンに比べ劣ると思うのですが、具体的な射程距離、弾の威力(例えば、至近距離から発砲して人体を貫通できるか等)を教えていただけないでしょうか?

faq_aデリンジャーと呼ばれるピストルは数十種類のモデルと、数多くの口径バリエーションがあるため、一概にお答えできません。


faq_qデザートイーグル等のマグナム弾はリボルバー用の物を使っているのでしょうか。それとも特殊なものを使っているのでしょうか? (オートマグの薬きょうは、ライフル弾の物を削って作ると聞いたので)

faq_aデザートイーグル・シリーズは、オート・ピストルの世界では珍しいリムド・カートリッジ(リボルバー用の弾薬)を使用するピストルです。他のマグナム・オート・ピストルでは殆ど見られない弾薬の選択です。オートマグにライフル用の薬莢を加工して使用したというエピソードは特殊なケースであり、これは専用カートリッジが流通していなかったための苦肉の策でした。


faq_q最近ゲームをやっていましたら「お前は撃った時の反動をひじで吸収する癖がある。お前にオートマチックは合わん」という台詞が出てきました。やはり銃を撃つ・選ぶ場合にその人にとって向き不向きという物があるのでしょうか?

faq_aこれは意見が分かれるでしょう。私自身はそういったものは無いと考えています。仮に、肉体的に筋肉を静止させられない持病があるのであれば、その人にスナイパー・ライフルは向かないと言えるかもしれません。このゲーム内での台詞の真意はおそらく、リコイル(反動)を吸収する際に肘を必要以上に曲げて吸収しているので、スライドの後退と同時にフレームも同方向へ移動することで、ジャム(排莢不良)が発生しやすくなることを危惧しているのかと思います。しかし、一般的に癖を持っていても、それはトレーニングにより克服できるので、不向きだと言われても諦める必要はないでしょう。


faq_qハンドガン(オートマチック リボルバー)はどのようにしてクリーニングを行うのでしょうか? おおまか手順を教えてください。 またクリーニングを行う頻度についても教えてください。クリーニングは数発でも射撃したら毎回行うものなのでしょうか?

faq_aクリーニングは射撃後毎に行うことで寿命を延ばせます。銃身とシリンダー内に溶剤を浸したパッチ(布)を通し、数分放置後に真鍮ブラシを10~15回通します。その後、乾燥したパッチを通して終了です。汚れが落ちない場合は落ちるまで一連の作業を繰り返します。


faq_q友人と話していて浮かんだ疑問なのですが、ダブルアクションのリボルバーを連射するときや、初弾でもハンマーを起こさないまま引き金を勢いよく引くとシリンダーが鋭く回転して狙いがブレる気がします。これだけ勢いよく引くとそれだけで狙いがズレる気もしますが、シリンダーの回転が銃の挙動に影響があるのかどうか、宜しくお願いします。

faq_a影響ありません。
もし射撃中にブレるのであれば、それはシリンダーの回転によるものではなく、射撃姿勢やグリップなど他の原因が考えられます。


faq_q小説「キノの旅」でキノが使っている銃、カノンは実際するんですか?

faq_a実在します。これは、コルト Model. 1851 Navyです。アメリカのコルト社製パーカッション・リボルバーで、1850年から1873年にかけて、25万7,000丁以上製造されました。口径は.36口径。後に.44口径のアーミー・モデルも登場しています。

 

faq_q追加関連質問

過去に小説「キノの旅」に出てくるカノンは実際にある。という質問の回答をなさっていますが、仕様(液体火薬、フォアグリップ等)までも一緒なのですか?ちなみにもうひとつのキノの銃である「森の人」は実際にあるのでしょうか?

faq_a管理人はこの小説を読んだことが無いため詳細を知りません。小説に登場する”カノン”については、小説の表紙イラストからモデルとなったのはコルト Model. 1851 Navyだと判断しました。 また、コルト Model. 1851 Navyに液体推進薬やフォアグリップは使用されません。


faq_q質問なのですが、オートマグⅣという拳銃があり、開発途上で計画が頓挫したという話を聞いたのですが本当なのでしょうか? また、ご存知なら使用されるはずだった弾丸や口径など教えていただけませんでしょうか?

faq_aオートマグIVは1990年に10mm口径で市場に登場しました。また、1991年から.45ウィンチェスター・マグナムを使用する口径バリエーションが追加されましたが、1997年以降10mm口径のオートマグIVは製造されていません。 そして、1993年には.50AE口径でコンペンセイターを装備したオートマグVが登場しました。数年足らずの製造期間で、現在は製造されていません。


faq_q友人と漫画を読んでいて思ったのですが、対戦車ライフルなど(弾を装填した状態で)敵に接近され、その敵をライフルで殴りつけた場合などに暴発は起こりえるのでしょうか? トリガーを間違えて弾いたという暴発ではなく、衝撃によって火薬が炸裂する・または銃の構造が誤作動を起こすという要因の暴発に関してのお答えをお願いします。また、どのような銃がそのような暴発を起こしやすいでしょうか?

faq_a銃の対衝撃性の安全は日々進歩しており、そのモデルによっては、どの角度から衝撃が加わっても暴発しないまで安全性が確保されています。しかし、その技術はモデルによって様々であるため、一概にお答えできません。


faq_q映画「マトリックス」でネオの仲間のマウスが両手に持って撃ってた銃のモデルはなんですか?

faq_a実在しない架空の銃です。


faq_qよく映画等で、ライトと銃を同時に持つ場面がよくあります。その中で、銃とライトを交差させて構える方法がよく見られるのですが、他にライトと銃を同時に構える方法としてはどのようなものがあるのでしょうか?

faq_a非常に多くのフラッシュライト・テクニックがあるため、ここではご紹介しきれません。機会があれば後ほどご紹介したいですが、ビデオ等が多く市販されていますので、そちらをご覧になると分かりやすいかと思います。


faq_qS&W.M10ヘビーバレルを登場させるメリットは何だったのでしょうか?

faq_a精度と強度の向上を狙ったものですが、ヘビーバレルであるか無いかの差は微妙なもので、実用上殆ど体感できません。

 

faq_qまたテーパードバレルに民間向け、司法向け等はなく一般人でも購入する事が出来たのでしょうか?

faq_aはい、民間市場でも販売されました。

 

faq_qシリンダー長ですが、M10(3.98cm)M19(4.13cm)と雑誌にテクニカルデータとして載っていました。これだと1.5mmしか違いがありません。38Specialと357Magnumのケースには3.5mm位差があると思うのですが。このデータは間違いなのでしょうか?

faq_a間違いではありません。それぞれのケース長とシリンダー長は必ずしも比例しませんし、シリンダー長は余裕を持たせてデザインされているため、問題ありません


faq_q92Fやガバメントにハーフコックと言うセーフティーがあるのは知っていますが、リボルバーには無いのですか?
もし無い場合、リボルバーに弾が入っている状態でハンマーを倒しておくのは危なくないですか?

faq_aリボルバーにもハーフコックを備えたモデルはありますが、それらはシングルアクションで多くみられ、ダブルアクション・リボルバーでは一般的ではありません。現代のリボルバーにはトランスファー・バー等の安全装置が装備されているため、ハンマーをレストポジションに位置(倒しておく)させても安全が保たれます。


faq_qよく刑事ドラマで暴発防止の為なのか、リボルバーに全弾装填せず、一発だけ抜いてハンマーを空の弾倉の穴に収めてからホルスターに収めるシーンがありますが、リアルな描写なのでしょうか? してしかるべきといったようなリボルバーを持ち歩く際の必須の用心なのでしょうか?アメリカの警官や軍人は実際にそう教わり日常、実践しているのでしょか?また、その効果は?

 

faq_a日本警察で、”一発だけ装填していなかったという時代があった”というウワサは耳にしたことがありますが、実際にはそういったことはありません。全弾装填されますし、必須ではありません。これはアメリカにおいても同様です。 ただ、私個人の場合、就寝中ベッドルームにリボルバーを置くことはありますが、その際は寝ぼけて撃たないよう、念のため一発目は空にしています。仮に強盗があったとしても、5発あれば十分だと考えます。

 

faq_qオートマチックの場合、(恐らく勤務中はそうなっている筈)ブローバックしてチェンバーに弾丸を装填したまま帰宅した警官は、銃をその状態に放置したまま就寝するものなのでしょうか? つまり、素人の発想ですが、何かバネのようなものがハンマーを起こしたままだと伸びて緩んでしまわないか、空撃ちして構造物を元ある場所に戻さないと故障の原因になるのではないか、また射手の性格や銃の構造にもよると思いますが、警官のような職業の人間が普段、オートの銃を持ち歩く時、なるべくハンマーは起こしてセーフティーをかけるものなのでしょうか?

faq_a基本的に使用するとき以外は、弾をチャンバーに装填しないのがルールですから、そういったことは行われるべきではありません。しかし、チャンバーに装填してマニュアル・セイフティをオンにしている人も多いかと思います。SWATなど特殊な部隊を除き、警官が勤務中に所持する場合、そのピストルの殆どはダブル・アクション・ピストルを使用していますから、いわゆるハンマーを起こしてセイフティをオンにする、コック・アンド・ロックは利用されません。ピストルをキャリーするにも、コック・アンド・ロックでは不安が残ります。 因みに、これらのことは全て危険であるか否かの問題であって、装填しているとパーツが傷むなどといった心配はありません。ハンマーを起こしたまま放置しても、故障の原因にはなりません。


faq_q実際の銃ってどのくらいの重さなんでしょうか?やはり写真だけでは具体的なイメージがわかないもので……。弾が入っている時と入っていない時や、いろいろつけた時で重さは変わると思いますが、お持ちの銃だけでもいいので実際のグラム数などを示していただけると嬉しいです。
(ジャンルのページで大まかな重さを記されているので、ちょっとわがままなかと思いますが……)
同じ重さのものを持って、「なるほど、こんな感じなんだな」と感心してみたいと思います。

faq_a各重量(アンロード状態:弾薬なし)は以下の通りです。

ベレッタ92FS – 950グラム

キンバー・カスタムⅡ – 1,177グラム

スターム・ルガーGP100(4inバレル) – 1,115グラム

Cz52 – 880グラム

 


faq_qショットシェルとバレルの関係についてお尋ねしたいのですが、ショットシェルの中は発射薬と散弾の間にワッズってありますよね? ショットガンのバレルが1cmも絞りのあるフルチョークの場合、撃ったときワッズが詰まったりしないんでしょうか?

faq_a1cmの絞りが大きいか小さいかは、その銃の口径の大きさ次第かと思いますが、チョークは小さくても70%の絞りであるため、柔らかいワッズ(ワッド)は問題なく圧縮され排出されます。


faq_qはじめまして、銃に関しては素人ですが、質問させてください。
某アニメで、「オープンボルトの銃を投げるやつがあるか!!」とあるキャラが注意して相手の人物は銃を暴発させてしまいましたが、どうして銃が暴発してしまうのか教えてください。
(アニメの銃で申し訳ありませんが、現実世界のオートマチック拳銃と構造は変わらないと思います。)

faq_aこれは、その暴発を起こした銃の構造が分からなければ何ともお答えできません。一見するとクローズド・ボルトの銃は、オープン・ボルトに比べて暴発しやすいように思われがちですが、一概にそうとは言えません。このシステムの違いから暴発しやすいかどうかは判断しかねます。


faq_q映画で、左腕を曲げて体の前に出し、その上に銃を持った右手を乗せて撃つというシーンがあったのですが、あの構え方には何か特別なメリットがあるのでしょうか?
実際に構えてみても、左腕が疲れるだけだと思うのですが。

faq_a仰るとおり何のメリットもありません。日本のTVドラマ発祥の撃ち方だと思いますが、詳しくは分かりません。


faq_q私は将来米国へ移り住んで自分の銃を持って射撃を楽しみたいと考えているのですが、現実的に可能なのでしょうか?ご意見を聞かせてください

faq_aもちろん可能です。実際にそうされている人も多くいらっしゃいます。市民権やグリーンカードを持たなくても、2005年現在の法律では、ビザ持ちの留学生や駐在員でも銃を購入できます。


faq_qリボルバーについてですが、リボルバーの弾は跳弾するってきいたんですけど、本当でしょうか?
またセミオートなどは跳弾しないのですか?
そして跳弾のメカニズムを教えていただきたいのですがよろしいでしょうか?
自分はSAAとかS&Wのリボルバーが好きなので疑問に思い質問しました。
どうぞ宜しくお願いします!!

faq_aリボルバーに限らず、ライフル弾など、どんな弾でも跳弾の可能性があります。高速で軽量な弾頭ほど跳弾しやすいものですが、その特性は弾頭の種類によって異なります。


faq_q拳銃にはブローバックさせるためのスプリングを、ガバメントのように銃身下に配した物、P38のように左右に配した物、PSMのように銃身を包むように配した物がありますが、性能に対してどのように影響を及ぼすのでしょうか?
少し考えてみたものの
銃身下にスプリング→瞬時に狙いを付け易い。射撃時の跳ね上がりを抑える。 左右にスプリング→長時間狙いを定めていても疲れない。 銃身を包むようにスプリング→上記の中間。 程度しか考えつきませんでした。左右にスプリングを持つP38の様なフォルムを持つ拳銃があまり作られない辺り、なんらかのデメリットを抱えていると思うのですが・・・。

faq_aスライドやブリーチ・ブロックを前進させるリコイル・スプリングには、狙いやすくさせたり、反動を抑えたりといった効果はありません。リコイル・スプリングの配置位置は、銃のスリム化や、銃全体のデザインから設計者が配置した都合上の結果が殆どです。しかし、リコイル・スプリングの性能により作動がスムーズになったり、ジャムを減少させる効果が望めます。また、ワルサーP38を例とされましたが、このように左右にスプリングを配置することはパーツ数を増やすと同時に、メンテナンス性を悪くするため、現在ではこういったデザインはされません。

faq_qまた、ガバメント、CZ75、SIG220の様に銃身下にスプリングを配したため堅牢で角張ったフォルムになっている拳銃やP38、十四年式拳銃、L35の様に銃身の回りにスプリングがないため銃身がスラリと突き出したフォルムになっている(表現に乏しくてすみません)拳銃の形を表現する」言葉ってあるのでしょうか?よろしくお願いします。

faq_aそういった特別な名称があるといったことは記憶になく知りません。


faq_qS&W M36チーフ・スペシャル2inや、コルトディティクティブ2inの場合、38SPの弾を使うと思いますが、他の弾で撃てる弾は有りますか? 海外射撃ツアーの時に他の弾を試して見たいので宜しくお願いします

faq_a38SP使用のリボルバーでは、.38SP弾と同口径でケース長がそれより短い弾であれば可能な場合があります。例えば、オート・ピストル用の弾をハーフムーン・クリップやフルムーン・クリップといったアダプターを併用して使用することも、弾薬によっては可能です。しかし、多くのピストル弾の場合、ケースのデザインが異なるため使用できません。仮に使用できても、射撃ツアーではそのようなアダプターは用意されていないかもしれません。.357マグナム弾を使用するリボルバーでは、.38SPをそのまま使用できます。


faq_q銃に(ハンドガン)寿命というものがあるのでしょうか?

faq_aどんな工業製品も寿命があるように、銃にも寿命があります。しかしそれは保存状態や使用状況によって異なるので、寿命の長さは様々です。


faq_qベレッタM92SFは製造国のイタリアでマフィア対策に民間市販が禁止されてると聞いたのですが本当ですか?

faq_aマフィア対策であるかは分かりませんが、イタリアでは一般市民が軍用口径弾を所持することを法律で禁じているため、ベレッタ92Fに限らず、9x19mm口径等のハンドガンを所持することはできません。


faq_q兆弾した弾丸には殺傷力は残るのでしょうか?

faq_a殺傷力は残ります。殆どの場合、兆弾後の弾頭は変形しているため、通常より更に殺傷力が高まる場合があります。


faq_q日本人傭兵高部正樹氏の著書でハインドの攻撃にあった話を読みましたが、本当にアサルトライフルの弾でヘリを落とせないのですか?ブラックホークダウンを見ると、民兵の銃撃でブラックホークのメインローターから煙が上がったシーンがありましたが?(映画の様子を見るとAKかG3だと思います) うまくしたら落とせないでしょうか?

faq_a100%不可能とは言い切れませんし、可能であるとも断言できません。ライフルを使用して地上からヘリや戦闘機を攻撃するマニュアルもあるようなので、運と状況次第ではないでしょうか。


faq_qイギリス軍のL85A1は、バヨネットをつけたままで射撃できるのですか?

faq_aバヨネットを装着したままの射撃は可能です。


faq_q銃に使う弾について質問なんですが、使用期限みたいのとかあるのでしょうか?また何年ぐらもつのでしょうか?よろしくお願いします。

faq_a特に使用期限はありません。全ては保存状態によるので、状態次第で50年でも100年でも使用可能でしょう。


faq_qある小説を読んでいて「スタームルガー22口径のバレルに小さい穴をいくつも開けて、そこから発射時のガスを逃がすことでサイレンサーと同じ効果を出せ、しかも何発でも撃つことができる」という記述があったのですが実際にそういったことが可能なのでしょうか?

faq_a不可能です。
音を抑えるには発射ガスを外に逃がさないのが条件であるため、穴があればそこから発射ガスと一緒に音や衝撃波が発生することになります。


faq_q映画「S.W.A.T」のオープニングシーンで犯人がAK47を乱射してていままでTVで聞いてたのとぜんぜん違う音だなと思 ったのですが実際はあんな音なのでしょうか?(この映画はいろいろな点でリアルらしいので質問させていただきました)

faq_a実際は異なります。現実の銃声はTVのスピーカーで再現できないので、TVや映画では誇張されるのが一般的です。


faq_q小説を書いているものですが、10歳ぐらいの少年が44マグナムのような強力な銃を撃つことが出来るのでしょうか?私は実銃を撃った事のない身分なので普通の銃ですら威力がわかりません。それと片手でも撃てるのでしょうか ? 設定としては、その少年は5歳から銃に親しんでるものとしています。(訓練し撃ち込んでいる)
faq_a何年も撃ちなれていれば、10歳の子供でも撃てるかもしれません。しかし、まだ筋肉が発達していない状態でマグナム弾を撃つのは、手首を痛めたり、銃を落としてしまう危険もあります。


faq_q鉄棒をやって手に豆ができるように、銃にも使っていれば手にできる「豆」みたいなものってあるのでしょうか? 傷とか痣とか…。 一気に二つも質問してすいません。宜しくお願いします。

faq_aトリガーを何度も引けば豆もできるでしょうし、銃のモデルによって、それが射手に合っていなければ、反動でパーツが指に擦れるなどして、擦り傷を負う場合もあります。


faq_qチェーンガンとかブレンガンと言う言葉を耳にしますが何ですか?

faq_aチェーン・ガンとは、チェーン駆動によって給弾を行う機関砲の総称です。
ブレンガンとは、1935年~1971年にイギリスで使用されたマシンガン(Bren Mk1~4、又はL4A1~L4A6)の名前です。 ブレン・マシンガンはチェコ製マシンガンZGB33やVz30から発展しました。


faq_q注意事項を読んでいきなり申し訳ないのですが、どこで調べてもわからないので実銃とは違いますがよろしければ質問させてください。
海外でも多分同じ様なものがあるかと思いますが、僕は現在プロップガンの購入を検討しています。 日本で販売されているものの多くは「モデルガンを改造したキャップ発火方式」ですが、その構造が全く想像が付か ないので教えて欲しいです。 通常のモデルガンは、カートリッジに「キャップ火薬」を入れて発火させますが、プロップガンではソコに何か違う ものを入れるのでしょうか??(よく「火薬パウダー」や「フラッシュパウダー」というものを聞きますが・・・) あまりにも複雑な構造だと初級の僕には購入が難しいかと思いますので、いろいろと教えてくださると助かります。

faq_aプロップガンも様々で、モデルガンのカートやデトネーターにチョーク加工した、モデルガンの延長上のものや、電気着火で発火させるもの、ブランク・カートリッジを使用するものなど、その構造と発火方法は様々です。現在日本で一般販売されているプロップガンは、電気着火のように火薬類取扱免許を必要としない、モデルガンと同等のもので、比較的簡単に扱えます。


faq_qメタルギアソリッド3のムービーで、ザ・ボスがスネークの持っている拳銃を一瞬で分解してしまうシーンがあったんですけど、あれは何をしているんですか? また、あんなことは可能なのですか?

faq_a該当ムービーを見ていないので何とも言えませんが、アクション映画などで見られる、一瞬で銃を分解する技は、実際には殆ど不可能です。


faq_q競技用として使われている38スーパーという弾薬について詳しいことが知りたいのですが、失敗作と言われています がどんな所が駄目だったんでしょうか?

faq_a.38スーパーは失敗作とは思えませんが、流通しなかったので、ビジネス的に失敗であったと言えそうです。その理由には、9x19mmと差別化できなかったことが挙げられます。


faq_qあの、俺グロック26を持ってるんですが、カスタムパーツを交換しようとして改造しようと思ったんですが、改造 がうまくできません。G26の細かい改造方法を教えてくれませんか?よろしくお願いします。

faq_a実銃のグロック26でしょうか?何をどう改造されたいのか具体的なことが分からないので、回答のしようがありません


faq_q最近エアガン、ガスガンにハマッてしましまして(爆 先日、デザートイーグルのガスガンを購入しました。 しばらく撃っていて、ふと思いついたのですが、デザートイーグルの実銃は飛距離がどの位あるのでしょうか?デザートイーグルに関する自分の貧しい知識では、理解不能な疑問なので 答えていただけるとありがたいです

faq_a拳銃の有効射程距離は、その殆どが約50メートル以内と言われています。


faq_q44マグナム弾や50AEなど反動の大きい弾を子供が撃つと手首が折れるといった話を聞きますがそんな実例が存在するのですか? あるいはその言葉が嘘ではないと言えるだけの実験データが存在するのですか?

faq_aそのような実例やデータの存在は、耳にしたことがありません。しかし、データーが無くとも、子供の手首が耐えられる力と、反動によって生まれる力から結果は予測可能です。


faq_qQ&Aの効果の指(?)を突っ込んで相手に撃たせて暴発させる~という質問の回答で気になったことがあるので質問させ ていただきます。 昔友達に見せてもらったマンガ(マスターキートンというやつです)で主人公がライフル(?)に指を突っ込んで相 手を脅すシーンがあるんですが、そのときの説明(?)で指を突っ込んだぐらいじゃ暴発しないといっていたので、 ここの回答と違うと思ったので質問させていたただきました。

faq_a異物によって銃身が破裂することはありますが、指が少し入った程度では問題なく発射できるかもしれません。


faq_q来年、グアムで実弾射撃しようと考えています。そのあと、ロシアのモスクワでも実弾射撃したいのですが、可能ですか? それはどのように調べればいいのでしょうか。当方は、ロシア語はわかります。

faq_aロシアの事情に詳しくないため回答できません。掲示板でご質問ください。


faq_qよく映画やテレビ等でサイレンサー?サプレッサー?(消音装置)がよく登場しますが、本当に射撃音はプスッとか、ぐらいになるんですか?アメリカでも許可を取れば持てると聞いたんですが、かなり気に なります。宜しくお願いします。

faq_aプスッという音にはなりませんが、それに近いレベルまで減音することも可能です。基本的に映画やTVでの銃声は基本的に作り物とお考えください。サイレンサーとの併用で、どんな弾を使用するかによっても、大きな銃声がしたり、機関部の作動音しか聞こえないまで効果が生まれたり様々です。


faq_qS&Wの38口径で、ニューナンブ式38口径のたまを撃てるでしょうか?

faq_aリボルバーでのお話しですが、基本的に撃てます。しかし、.38口径とはあくまで口径の大きさを指すもので、弾の種類とは異なります。そのため、例外もあります。


faq_qついこの間、「コンストリクター(だったっけ?)」 というガスガンを見かけました。とてもかっこいいな と見とれてしまいましたが、ちょっと疑問になること が1つ。見たところリボルバーのようなのですが、で は、シリンダーとマガジンを併用させて、どちらとも 使える銃器、というのは製造・使用が可能なのでしょ うか?また、実現すればいったいどのくらいの大きさ になるのか、教えてください。素人からの変な質問ですが、お願いします。

faq_a可能か不可能かは設計のアイディア次第でしょう。そのため大きさなどは予測不可能です。


faq_q大口径などとよく言われますが、どれくらいの口径からそう呼ばれるのでしょうか

faq_a比較の問題なので時代によって定義が変っています。近代ピストルでは、第一次~二次世界大戦以降、9mm口径が一般的なサービス・ピストル口径であったため、9mm口径より大きい口径を大口径と呼ぶ傾向があります。ライフルでは、7~8mm以上が一般的に大口径です。


faq_q自分は結構初心者なんですけど,ただP90は大好きです!!!でも完璧まではないですが、P90のことはいっぱい知りたいです。何でもいいです,雑学とかでもいいです,役に立たない物でもいいです,ただP90をちょっとでもしりたいのどP90のことを教えてください。お願いします。

faq_a個々のモデルについては、詳しく解説しません。質問の注意事項を再読下さい。


faq_qえー友達とこのじゅうがいいよ、いや,でも自分はこれがいいなど言ってるうちに、じぶんはP90がいいといったらともだちは ”でもねーあれはまだ実戦投入されてないんだよー”とか言われましたがペルー大使館のなんとかいがいに実戦投入されましたか?

faq_aオランダを始めとするヨーロッパ数カ国軍とその警察、また、アメリカの治安機関(SWATなど)で採用されています。


faq_q今友達と喧嘩してるんです。なぜかというとG3SASは本物の銃なのか,というよりも存在するのかってことです。 出来るだけ早く答えを知って仲を戻したいです。

faq_a回答が遅れたので手遅れかもしれませんが、電動エアガンのG3/SASというモデルは、実銃には存在しません。しかし、実銃に手を加えることで同じものを再現することは可能です。




 
 
 
 
 
こんな記事も読まれています





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ





にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ サバゲーへ にほんブログ村 その他趣味ブログ トイガンへ

過去記事(ランダム表示)