アメリカでレミントンM700ライフルを購入しようとしたら、ちょっとしたトラブル発生

gunshop
馴染みのガンショップへ行ってきました。最近、店を改装して陳列している銃の数も随分と増えました。

「何丁ぐらいあるの?」と店員に聞いてみると、「ライフル200丁とハンドガン200丁ぐらいあるよー」とのこと。

確かに、ざっと数えてもそれぐらい揃っています。

しかし、ここはカリフォルニア。ネバダのガンショップの様にアサルトライフルは見当たりません。ネバダに住みたいなぁ〜!

スポンサーリンク

上の写真は、「ちょっと店の写真撮らせてよ」とお願いして撮らせてもらったものですが、別の店員Aが撮影を良く思わなかったようで、途中で「やっぱり撮らないで」と拒否されたのでした。

このAは普段から態度があまり好きになれない店員です。他の店員は皆親切丁寧なのに、何故この店員Aだけ常にエラソーなのでしょうか。

以前、店員Aが「レミントンM700の.223口径は製造されていない!」と言い張ったのに対して、私が異論を唱えたことをまだ根に持っているのか?(そんなことはないか・・・)

それはともかく、今日はレミントンM700の.308口径を探すのが目的でした。

ローカルTVでCMにも出演中の店員「ジミー」に.308のM700を探してもらいましたが、在庫がありませんでした。そこで、注文することに・・。

同時に、登録手続きを始めるわけですが、そこでジミーが一言。

「あなたはアメリカ市民だっけ?」

それに対して「違う」と返すと、「エイリアンカード(移民カード)かグリーンカードが無いと買えないんだよ」と言われました。

私はそれを聞いて「またか・・・」と思いました。

知っていると思ったのに、ジミーも「外国人でもアメリカで銃を購入できる例外事項」を知らないのです。

あー!面倒くさいなー!もう!

 

自分 「それには例外事項があって、ハンティング・ライセンスがあれば外国人でも買えるんだよ」

店員 「いや、法律が変わって、外国人は買えなくなったんだよ」

自分 「いつから?」

店員 「三年前から」

自分 「三年前って、それ以降にこの店で何度も銃買ってるよ?」

店員 「最後に買ったのはいつ?」

自分 「今年に入ってからも買ってるよ」

店員 「ちょっと待って」

(ここで他の店員Aもやってきた)

自分 「店長のロンは居る?彼なら全て知ってるよ」

(そして店長を捜しに行くジミー。しかし、それを制止し「ロンは帰ったよ」と言う他の店員)

自分 「(あー!さっきまで店長居たのに、帰っちゃったの?挨拶しておけば良かった・・・)」

店員 「本当?エイリアンカード(移民カード)無くても買えるの?」

自分 「ここ見て!(登録用紙の裏の注意書を見せて)ほら?例外事項書いてあるでしょ?」

(書類を読み始める二人の店員)

そして・・・

店員 「あ、本当だ!知らなかったよー」(店員Aも驚きの様子)

自分 「(おいっ!)」

店員 「法律ってコロコロ変わるんだよねー」

ロン(店長)も店員を教育しておけよー!!
・・・そして、更に別の三人目の店員Bがやってきた。

店員B 「あのー、エイリアンカード無いと買えないはずなんだけど・・」

店員A 「良いんだ。もう終わったことだ。It’s all done…」
(そういって首を横に振る)

その後、登録手続きと同時にパスポート(I-94)のコピーも取る必要があるのですが、彼らはそれも知らないので、「コレとコレをコピーするんだよ」と言って全て教えました。
※現在I-94は法改正により撤廃されコピーを取る必要はありません。

なぜ客が店員に手続き方法を教えているのやら・・・。

レミントンM700は来週の金曜日に受け取り予定となっています。

初のボルトアクション・ライフルなので、色々と楽しみ。

追記:この後、無事レミントンM700と弾薬(.308win)を手に入れました。

タイトルとURLをコピーしました