TOZ-106

  • このトピックには1件の返信、2人の参加者があり、最後にポルポルにより8ヶ月、 2週前に更新されました。
2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #96519返信
    わさび
    ゲスト

    ロシアのTOZ-106はどのような銃でしょうか?
    調べた限りモシンナガンを散弾銃にしたようなもののようなのですが資料が少なくよくわかりませんでした。
    何かご存知の事があれば教えて下さい。

    #96522返信
    ポルポル
    キーマスター

    TOZ-106はMTs20ボルトアクションショットガンのバリエーションの1つです。
    1964年にロシアのツーラにあるTsKIB SOOが狩猟用20ゲージショットガンとしてMTs20を製造しました。
    MTs20はマガジン装弾数2発または4発のボックスマガジンを使用し、木製固定ストックが備わっています。

    MTs20には以下のバリエーションが存在します。

    MTs 20 20ゲージ、装弾数2+1発、銃身長635mm
    MTs 20-01 20ゲージ、MTs 20-01以降は装弾数4+1発
    MTs 20-01M スコープ付属
    MTs 20-02 28ゲージ
    MTs 20-03 32ゲージ
    MTs 20-04(TOZ-106) フォールディングストック、銃身長295mmショートバレル
    MTs 20-07 ライフルバージョン.308winモデル
    MTs 20-08 銃身長550mm、ストック無し
    MTs 20-09 銃身長550mm

    TOZ-106(MTs 20-04)は1994年に狩猟用として発売されましたが、コンパクトなため人や野生動物から身を守るための護身用やホームディフェンス用としても使用されました。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
返信先: TOZ-106
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました