先端が尖っている弾の違いとは?

  • このトピックには0件の返信、1人の参加者があり、最後にポルポルにより2年、 10ヶ月前に更新されました。
1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #63557
    ポルポル
    キーマスター

    弾丸が尖っている物とそうでない物の違いはなんでしょうか?

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――

    先端が尖っていない弾は貫通力が低い特徴があります。

    着弾時に拡張してダメージを与えるホローポイント弾や、紙のターゲットに穴を開けるワッドカッター弾など、用途によって様々な種類が存在します。

    一方、先が尖っている弾(ポンテッド・ブレット)は、フルメタルジャケット弾やアーマーピアシング弾で使用されることが多い形状です。

    フルメタルジャケットは鉛のコアを銅で覆っており、製造コストが安く、比較的貫通力の高い弾薬です。

    アーマーピアシング弾はフルメタルジャケット弾よりも貫通力が高く、ライフル弾においてはライフル弾に対応する防弾プレートを貫通可能な場合もあります。

    しかし、ホローポイント弾(先端に穴がある弾)の先端をプラスチックなどで栓をして、外見上先端が尖った弾も存在します。(ノスラー社のバリスティックチップなど)

    これは先端が尖っていても貫通力が低く、着弾時にプラスチック部分が潰れることで弾を拡張させ、ターゲットに大きなダメージを与える設計がされています。

    関連記事:弾の形状と種類

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • フォーラム「FAQ回答掲示板(休止中)」には新規投稿および返信を追加できません。
タイトルとURLをコピーしました