UMPはなぜ普及しなかったのか

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話し フォーラム 実銃掲示板 UMPはなぜ普及しなかったのか

  • このトピックには1件の返信、1人の参加者があり、最後にポルポルにより1ヶ月前に更新されました。
2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #94065返信
    クシュネット
    ゲスト

    MP5は世界を代表するサブマシンガンですが
    それの後継機かつアメリカ市場をターゲットとしたUMPはそれほど成功しなかったと思います。

    これは何故なのでしょうか?
    UMPの方が現代的なサブマシンガンに思うのですが…

    #94066返信
    ポルポル
    キーマスター

    UMPはMP5より反動が大きくコントロールが難しいですが、MP5より安価で軽量です。
    ですが、法執行機関が現在保有しているMP5を捨ててまで乗り換えるほどの魅力は無いと言わざるを得ません。

    法執行機関が新しい銃を採用する際には必ず新規トレーニングが必要となり、それには時間とコストが掛かります。
    ユーザー視点ではMP5で用が足りるため、新たに出費する必用はないということになります。

    そしてUMPが登場したタイミングも悪く、時代に乗り遅れた感があります。
    当時のアメリカの法執行機関はサブマシンガンから汎用性の高いAR15に移行する流れがあり、コンパクトなサブマシンガンが必要であればMP7やP90という選択肢もありました。
    またパワーが必要であれば、.45ACPよりも強力な10mmオートを使用するMP5も存在します。
    そうした背景のなかでUMPの用途は限られてしまい、H&K社製品のなかでも中途半端な存在になっています。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
返信先: UMPはなぜ普及しなかったのか
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました