9mm弾の高性能化?

  • このトピックには1件の返信、1人の参加者があり、最後にポルポルにより1ヶ月、 3週前に更新されました。
2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #99410返信
    ゲスト

    アームズマガジンなどで9×19mmの弾が高性能化してるとありますが、具体的に古い9㎜と比較して近年の物は何が高性能化したのでしょうか?

    #99411返信
    ポルポル
    キーマスター

    当該記事内での「高性能化」の意味については前後の文脈を見なければ分かりませんが、恐らく9mmホローポイント弾の進化を指していると想像します。

    かつての9mmホローポイント弾は、フィードランプで抵抗となり装填不良が多い、着弾時の拡張が不確実、着弾後のコアとジャケット分離による貫通力低下・・・等々の問題がありました。
    (当時から.45ACPは着弾時の拡張に問題がなかったため、9mmは比較的に信頼性が低いという評価でした)

    しかし1986年のマイアミ銃撃事件以降、ホローポイント弾の研究開発が進み、時代と共にこうした問題が解決されるようになりました。

    以前なら作動の信頼性重視ならFMJ一択となるところ、現在ではホローポイント弾(JHP)を選択する不安は払拭されています。

    関連記事:FBIが.40S&Wより9mmを選択した理由とは?

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
返信先: 9mm弾の高性能化?
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました