7.62㎜の弾

  • このトピックには1件の返信、1人の参加者があり、最後にポルポルにより3週、 3日前に更新されました。
2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #90839返信
    にしたに
    ゲスト

    なぜ世界のライフル弾薬は7.62㎜のものが多いのでしょうか?
    何か理由があるのでしょうか?

    #90840返信
    ポルポル
    キーマスター

    一言で言えば「ちょうどいい大きさだから」です。

    黒色火薬を使用していた時代には大口径が多く、米軍は.45口径の.45-70ガバメント、ロシア軍は10.7×58mmR、日本軍は11x60R村田といった10mm以上が主流でしたが、無煙火薬の時代になると小口径化されていきました。

    装薬の進化は射程距離、命中精度、ケースサイズなどに影響し、当時のフルサイズカートリッジでの射程距離や命中精度のバランスの良さを追求すると.30口径(7.62mm)が良い結果を出す平均的なサイズになります。

    アメリカでは.45-70ガバメント、.30-40クラグ、.30-06スプリングフィールド、7.62x51mmNATOと発展。
    ロシアでは10.7×58mmR、7.62x54mmRと発展。
    日本では11x60R村田、6.5x50mmSR、7.7x58mmSR、7.62x51mmと発展しています。

    アメリカでは.30-06スプリングフィールドの登場により民間市場で狩猟用として広く普及し、バランスの良い.30口径弾が高く評価されました。
    そして1954年に7.62x51mmがNATO標準となり、NATO諸国では最も多く利用される弾薬の一つになります。

    1980年に5.56x45mmがNATO標準となったことで小口径高速弾が普及しましたが、長距離射撃においては弾頭重量が必要となるため、使用目的次第で7.62mm口径も併用されています。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
返信先: 7.62㎜の弾
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました