市販品のフルオート化とクラスⅢライセンスについて

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話し フォーラム 実銃掲示板 市販品のフルオート化とクラスⅢライセンスについて

  • このトピックには8件の返信、1人の参加者があり、最後にみがもにより4ヶ月、 2週前に更新されました。
9件の投稿を表示中 - 1 - 9件目 (全9件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #83889返信
    名無しですみません。
    ゲスト

    アメリカではクラスⅢライセンスを持っていればフルオート火器の購入売買等が可能とのことですが、これは現在の市場に出回っているフルオート火器の中から購入できるということですか?
    それとも海外から軍用のライフルやらマシンピストルやらを新品で輸入できてしまうものなのでしょうか?

    また、クラスⅢライセンス(またはフルオート火器を所有できる何らかのライセンス)を持った一般人が自宅の火器をフルオート化して申請(または申請してからフルオート化)するのは合法でしょうか?

    仮にあらゆる条件をパスした上でマシンピストルを購入できたとして、それを通常の拳銃のように護身用として携帯することは可能ですか?

    #83894返信
    ポルポル
    キーマスター

    >これは現在の市場に出回っているフルオート火器の中から購入できるということですか?

    フルオート火器が合法な州に限りますが、仰る通りアメリカ国内の民間市場で流通しているフルオート火器のみ購入可能です。
    輸入や製造は規制されています。

    因みにクラス3 SOTはNFAウェポン(フルオート火器など)をビジネスとして売買するために必要なステータスで、民間人が趣味で購入する場合は必要ではありません。書類の手続きと200ドルの納税で購入可能です。

    また、一般的に「クラス3ライセンス」と呼ばれますが、厳密にはライセンスではありません。
    (ライセンスと言った方が説明が簡単なので私もライセンスと呼ぶことがありますが・・・)

    >それとも海外から軍用のライフルやらマシンピストルやらを新品で輸入できてしまうものなのでしょうか?

    フルオート火器を輸入するには、クラス1 SOTの他、タイプ08FFL、タイプ11FFLといったディーラーラインセスが必要となり、輸入したフルオート火器を軍や法執行機関に販売することが可能になりますが、民間人に販売することはできません。

    これらのライセンスはそれぞれ年間500~1000ドルの税金が掛かりますが、これ以上にライセンスの取得や維持費に掛かる総額が膨大なため、趣味目的でこのような手続きを取られることは一般的ではありません。

    >クラスⅢライセンス(またはフルオート火器を所有できる何らかのライセンス)を持った一般人が自宅の火器をフルオート化して申請(または申請してからフルオート化)するのは合法でしょうか?

    民間人が所持や販売できるように申請し登録することはできません。
    セミオートの民間モデルをフルオート化することは「マシンガンの製造」に該当し、クラス2 SOTの他、タイプ07FFL、タイプ10FFLといったディーラーライセンスが必要になります。
    この場合、軍や法執行機関に販売可能ですが、民間人に販売することはできません。
    これに掛かるコストは先に述べた通りです。

    >仮にあらゆる条件をパスした上でマシンピストルを購入できたとして、それを通常の拳銃のように護身用として携帯することは可能ですか?

    これはグレーゾーンです。

    州によっては携帯可能な銃のタイプが指定されています。
    もし法律に「ピストル」と明記されている場合、マシンピストルは法律上「マシンガン」と定義されるため、マシンピストルを携帯することはできません。
    また、マシンガンを明記して携帯を規制している場合もあります。

    しかし州によっては携帯可能な銃を特に指定していないところもあります。
    これらの州でマシンピストルを携帯可能かは不明です。
    法律上これを規制していないからといって実際に許可されるとは限りませんし、私自身フルオート火器を合法的に携帯している事例を見聞きしたことがありません。

    #83895返信
    名無しですみません。
    ゲスト

    分かりやすい説明ありがとうございますm(_ _)m
    仮に購入できたとしてもそこまでの過程、維持費などが枷になっているんですね……。

    だとすると現実的なのは流通市場からの調達でしょうかね。
    となると無難に200ドルの税金を払って購入するワケですが……。
    問題はその方法と値段です。
    以前、特別なオークションサイトのようなところで所有者から譲渡してもらう、みたいな話をこのサイトで読ませてもらった気がしますがネットでの購入が主ということでしょうか?

    現物の値段(この場合ベレッタの93R)は相場が決まってたりするのでしょうか?
    流通数も少ないでしょうし、当然正規価格やりも割高になることは覚悟しています( ̄∇ ̄:)

    それとyoutobeでベレッタ92シリーズをフルオート化した物を発泡している動画を見つけたのですが、このような銃はどこで手に入るのでしょう?
    個人やカスタムメーカーが作って売っているのでしょうか?

    Beretta 92FS Full Auto & Semi Firing with Control dynmicpara
    #83926返信
    ポルポル
    キーマスター

    >ネットでの購入が主ということでしょうか?

    ネットが多いですが、クラス3ディーラーのコミュニティーなど横の繋がりもあるので、そういったところ情報交換されていたりもします。

    >現物の値段(この場合ベレッタの93R)は相場が決まってたりするのでしょうか?

    93R(ディーラーサンプル)はアメリカ国内に23丁しか無いと言われているため、かなり高額です。
    相場は5万ドル前後になり、ディーラーの資格を得なければ入手できません。

    >ベレッタ92シリーズをフルオート化した物を発泡している動画を見つけたのですが、このような銃はどこで手に入るのでしょう?

    クラス3の銃を扱うディーラーから入手可能です。

    1986年5月19日より前に登録されたものか、あるいはそれ以後に登録されたディーラーサンプルだと思われます。
    恐らくディーラー本人、またはディーラーから借りて一般人が撃っているか、或いは違法に改造されものという可能性もあります。

    関連記事:民間にマシンガンが流通する経緯とは?

    >個人やカスタムメーカーが作って売っているのでしょうか?

    個人にしろメーカーにしろ、ライセンスがあれば製造可能です。
    1986年5月19日より前に登録されたものであれば個人が購入することが可能ですが、それ以後に製造されたものはディーラー間(または軍や法執行機関)でのみ売買可能です。

    #83942返信
    名無しですみません。
    ゲスト

    ありがとうございます。

    そんなにお高いなんてΣ(-᷅_-᷄๑)

    1986年以降に製造、登録された銃は個人での購入不可とのことですが、
    フルオート火器の製造販売権を持っているディーラーに自前で用意した銃を渡して、それをフルオート改造してもらうということは法律上可能なんでしょうか?

    #83946返信
    みがも
    ゲスト

    本物の元官給品のフルオートガンをそのまま購入できる機会はまずないと思うので、民間仕様をベースのフルオート化を資格・技術のある業者に依頼して組み上げてもらうというのは、フルオートガンの入手方法としては割と主流ではないでしょうか。ただ、フルオート化に必要な内部部品は組み上げればマシンガンになってしまうものである以上、部品単体でも規制が厳しく簡単には入手できないと聞きます。完成品じゃなく部品だけなら自作したり手軽に販売したり…というわけにはいきません。フルオート部品の組み込みもいわば特殊改造であるわけで、資格はもちろん技術でも信用できる業者を探す必要があり、きっと工賃も安くはありません。法律上はできないことはないとはいえ、この場合もやはりとんでもない時間と費用が掛かってしまうので簡単なことではなく…このサイトでも「銃の価格」の記事でフルオートガンの完成品販売価格がとんでもない値段で出ていますが、そうなるだけの理由があるわけです。

    横から失礼しました…

    #83955返信
    名無しですみません。
    ゲスト

    ありがとうございます。

    フルオート改造を請負う業者があるのは知りませんでした! むしろそっちがメジャーだったんですね。

    購入も改造も費用的な面を考えると気が遠くなりそうな道のりですね汗

    バンプストックのありがたみが分かった気がします笑

    残っていたつかえが取れました。ありがとうございます。

    #83959返信
    ポルポル
    キーマスター

    >フルオート火器の製造販売権を持っているディーラーに自前で用意した銃を渡して、それをフルオート改造してもらうということは法律上可能なんでしょうか?

    フルオートの銃を扱うディーラーではないAさんが、Aさん所有のセミオートライフルを製造ライセンスを持つディーラーにフルオート化を依頼し、それをAさんが所有するという意味でしょうか?
    もしそうでしたら、それは違法なので不可能です。

    フルオートの銃を所有する資格を持たない個人が1986年以後に製造されたフルオートの銃を所有することはできません。

    #83991返信
    みがも
    ゲスト

    正しくない情報を書き込んでしまい申し訳ありません…

    大昔のGun誌で諸星さんがフルオートMP5組み上げの企画をやっていらっしゃったのを読んだ覚えがあり、そういった方法もあるものと思っていたのですが、おそらく法律に関しての部分を私が十分理解せずに読み飛ばして誤解したかもしれません。ことこういう話題では軽率な書き込みをしてはいけませんでしたね…

9件の投稿を表示中 - 1 - 9件目 (全9件中)
返信先: 市販品のフルオート化とクラスⅢライセンスについて
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました