スポンサーリンク

実銃の展示方法について

  • このトピックには2件の返信、2人の参加者があり、最後にたまにより9ヶ月、 1週前に更新されました。
3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #90543返信
    たま
    ゲスト

    アメリカ等のガンショップの売り場や射撃場において、銃はセーフティをかけた状態で展示してあるのでしょうか。

    #90544返信
    ポルポル
    キーマスター

    ガンショップのショーケース内に陳列されている銃ではセイフティをかけていないことが多いです。
    そもそもマニュアルセイフティの無い銃も多いですし、1911やAR15のようにハンマーをコックしなければセイフティがオンにならない銃もあります。

    一方、ガンショーなどで客が銃に触れられる場所に陳列されている場合では、大抵何らかの方法で弾を発射できない状態にしています。

    その方法はタイラップを銃身に通したりハンマーを固定することもありますし、タイラップや外付け式のトリガーロックでトリガーを固定して撃てない状態にする場合もあります。

    #90545返信
    たま
    ゲスト

    回答ありがとうございます。
    AR15等はセーフティかけて展示するとスプリングがすぐにヘタりそうと思ってましたがセーフティをかけないことが多いのですね。ありがとうございました。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
返信先: 実銃の展示方法について
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました