ロングアクションとショートアクションの違いとは?

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話し フォーラム FAQ回答掲示板(休止中) ロングアクションとショートアクションの違いとは?

  • このトピックには0件の返信、1人の参加者があり、最後にポルポルにより2年、 10ヶ月前に更新されました。
1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #63596
    ポルポル
    キーマスター

    ロングアクションとショートアクションの違いをお教えください。

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――

    銃の機関部(弾の装填や排莢、ボルトの閉鎖や解放を行う場所)を「アクション」と呼び、全長が長いアクションをロングアクション、短いアクションをショートアクションと呼びます。

    アクションの長さは使用する弾薬の全長によって異なり、.223remや.308winなどではショートアクションが使用され、7mmや.30-06などではロングアクションが使用されます。

    またメーカーによって長さが異なり、同じショートアクションでもレミントンとウィンチェスターでは長さが異なります。
    (アクションの長さは、ストックとアクションを固定する前後のレシーバースクリュー/アクションホールの間隔を計測されます)

    その他、ショートとロングに加えて、「ミニアクション」、「ミドルアクション」、「マグナムアクション」という様に、長さをより細かく分類しているメーカーも存在します。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • フォーラム「FAQ回答掲示板(休止中)」には新規投稿および返信を追加できません。
タイトルとURLをコピーしました