ヘリカルマガジンが広く使用されない理由とは?

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話し フォーラム FAQ回答掲示板(休止中) ヘリカルマガジンが広く使用されない理由とは?

  • このトピックには0件の返信、1人の参加者があり、最後にポルポルにより2年、 8ヶ月前に更新されました。
1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #63311
    ポルポル
    キーマスター

    ヘリカル式弾倉は弾がいっぱい入って良いと思うのですが、北朝鮮くらいしか見ないのはなぜですか、この弾倉について教えてください。

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――

    ヘリカルマガジンを採用している銃には、キャリコ(アメリカ)、Bizon/PP-90M1(ロシア)、CF05/CS/LS06(中国)、VD01(ハンガリー)、88式/98式(北朝鮮)などがあります。

    ヘリカルマガジンは装弾数が多く、比較的軽装でも多くの弾を携帯でき、射撃姿勢がプローンでもマガジンが邪魔になりにくいなどの利点があります。

    しかし一方で問題が多く、信頼性が低くジャムが多い、作動不良を起こすと一度に多くの弾が無駄になる、銃が取り回しにくくなる、トップヘビーとなりバランスが悪い、マガジンの構造が複雑で分解清掃に手間が掛かる、マガジンへの装填や排出に時間を要する、マガジンの製造コストが高い・・・等々、実用面で合理性の低いマガジンです。

    特に北朝鮮の場合はバヨネットラグを利用して固定しているため、着剣できません。

    関連記事:
    BIZONサブマシンガンのマガジンの構造とは?
    Calico M-100とS&W M&P

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • フォーラム「FAQ回答掲示板(休止中)」には新規投稿および返信を追加できません。
タイトルとURLをコピーしました