スポンサーリンク

バーストの歴史

  • このトピックには1件の返信、1人の参加者があり、最後にポルポルにより2ヶ月前に更新されました。
2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #83968返信
    らっしー
    ゲスト

    自分の知る限りバーストの銃はFA-MASが最初なのですが、それ以前からあったのでしょうか?
    また、なぜバーストの銃は登場したのでしょうか?

    #83998返信
    ポルポル
    キーマスター

    バースト射撃が可能な初の銃はイタリアのブレダPGライフル(M1935)です。

    ブレダPGはオープンボルトのセミオートマチック・ライフルで、イタリア政府やコスタリカで使用されましたが、コスタリカに輸出されたモデルのセレクターは、セイフティ、セミオート、4点バーストという仕様になっています。

    ブレダPGのバーストカムはセミオート時でも作動するため、最初にセミオートで2発撃ったあとでセレクターをバーストモードに切り替えると2点バーストになり、再度トリガーを引くと4点バーストになります。

    Costa Rican Breda PG: The First Burst-Fire Rifle

    >なぜバーストの銃は登場したのでしょうか?

    火力の増大と弾薬の消費を抑える目的がありました。
    戦闘時には恐怖心からトリガーを引き続けてしまい、短時間に弾薬を切らしてしまう問題があり、機械的バースト射撃により無駄な消費を抑えて命中率を向上させることが期待できます。

    また一方でAN94やG11のように、高速な発射速度により銃口が大きく跳ね上がる前に複数弾を発射し命中率を向上させようとした設計思想もあります。

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
返信先: バーストの歴史
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました