WW2時代の機銃はどうやって命中させる?

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話し フォーラム FAQ回答掲示板(休止中) WW2時代の機銃はどうやって命中させる?

  • このトピックには0件の返信、1人の参加者があり、最後にポルポルにより2年、 4ヶ月前に更新されました。
1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #63220
    ポルポル
    キーマスター

    WW2時代の戦闘機の機銃は翼にありますが照準器は操縦席にあります、どうゆう仕組みで目の前の敵に当てるですか?

    今の戦闘機はどうなっていますか?

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――

    2つのパターンがあり、1つは右の翼のマシンガンは進行方向より少し左向きに射撃し、左の翼のマシンガンは少し右向きに射撃することで、ある一定の距離で射線が交差するように設定されています。

    概ね前方100~400メートルの間で命中するように設定されており、射線が交差する部分で最大の破壊力を持ちます。

    これは主に空対空の空中戦で利用されました。

    もう1つは、両側の翼のマシンガンを平行に設定し、射線は交わりません。

    マシンガンを射撃した際、距離が遠くなるにつれて散弾のように弾が散るため、広範囲に散る弾で命中率を上げる目的があります。

    これは主に地上攻撃機などで設定されていました。

    現在では機体の胴体にマシンガンが固定されており、機体の動きで射線を修正し命中させます。

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • フォーラム「FAQ回答掲示板(休止中)」には新規投稿および返信を追加できません。
タイトルとURLをコピーしました