SMGのマガジンを持って撃ってはいけない理由とは?

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話し フォーラム FAQ回答掲示板(休止中) SMGのマガジンを持って撃ってはいけない理由とは?

  • このトピックには0件の返信、1人の参加者があり、最後にポルポルにより2年、 6ヶ月前に更新されました。
1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #62249
    ポルポル
    キーマスター

    アサルトライフルやサブマシンガンのマガジンを持って撃ってはいけないのは何故ですか?

    マガジンがフォアグリップがわりとして使える銃との違いは何ですか?

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    以前の回答と重複しますが、マガジンを持って撃っても問題ない場合と、ジャムを誘発する場合があり、それは銃によって異なります。

    問題となるのは、マガジンを持つことでマガジンの角度が僅かに変わってしまうことです。

    薬室に対してマガジンの角度が変化すると、マガジンリップで保持された弾の角度が変化し、弾が薬室内へスムーズに装填されずジャムが発生しやすくなることがあります。

    もしマガジンを持った際にガタツキがあれば、それはジャムのリスクが高いと言えますが、実際にジャムが発生するかは銃や使用弾薬の相性にもよるため一概に言えません。

    しかし、現代の銃は工作精度が高いものが多いため、マガジンを持って撃っても問題ないことが殆どです。

    関連トピック:マシンピストルの保持方法について

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • フォーラム「FAQ回答掲示板(休止中)」には新規投稿および返信を追加できません。
タイトルとURLをコピーしました