スポンサーリンク

SIG P320の暴発事故はまだ収まっていない?

HB-PLAZA 入門者にやさしい銃器の話し フォーラム 実銃掲示板 SIG P320の暴発事故はまだ収まっていない?

  • このトピックには2件の返信、1人の参加者があり、最後にゆうたにより3週、 5日前に更新されました。
3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #86643返信
    ゆうた
    ゲスト

    いつもお世話になっております。
    またよろしくお願いします。

    SIG P320の暴発事故なのですが、まだ収まっていないのでしょうか?
    某大型掲示板では今年の6月にも2件あったと書いていました。
    銃に触れずホルスターに入れているだけで暴発するとのことですが、これが事実ならとんでもない欠陥品だと思います。
    SIGは何も対応をしていないのでしょうか?
    米軍正式採用のM17/M18では何も問題は起こってないのでしょうか?
    私はSIG贔屓なので、これが事実だとは信じたくないのですが…。

    #86650返信
    ポルポル
    キーマスター

    暴発事故の対策として、2017年8月にトリガー、ストライカー、シアー、ディスコネクター、セイフティレバーをアップグレードされています。

    しかし、対策後も事故の報告が相次ぎ、ご指摘の6月の事故はフロリダ州とミズーリ州で発生し、どちらも足を負傷しています。
    (下記参考資料28ページ参照)

    現在はSIGに対して陪審審理が要求され訴訟問題となっているのですが、実際に銃の欠陥が原因なのか、それとも報告内容に間違いがあるのか分からないのが実状です。

    2017年の対策時には第三者機関でテストされ「問題なし」と判断されましたが、その後も事故の報告が続いているという謎があり、アメリカのネット上でも「まだ銃に問題がある」、「誤射に対する処分を恐れて警官が嘘の報告をしている」、「ガンメーカーを攻撃したい政治グループや弁護士による陰謀」・・・など、様々な説があります。

    ホルスターに収まった状態でトリガーに触れていないにも関わらず撃発する問題については、対策前のモデルでは薬室に装填された状態でスライドが後退した際にシアーが外れてストライカーが解放され撃発する可能性がありましたが、対策後のモデルでは構造上撃発するとは考えにくいと思われます。

    対策後のシアーはストライカーが掛かる接触面が前後に二つあり、何らかの原因でシアーが滑ってストライカーが解放されてもシアー上にある二つ目の接触面で停止する構造になっています。
    もし、この二つ目の接触面でストライカーが停止しないとすればシアーが深く落ちているため、トリガーが引かれていると考えられます。

    ただしこの問題については再現が行われておらず原因不明です。

    >米軍正式採用のM17/M18では何も問題は起こってないのでしょうか?

    私が知る限り対策後にそういった報告は無いようですが、詳細に調べたわけではないので見落としがあるかもしれません。

    参考資料PDF(英語)

    #86656返信
    ゆうた
    ゲスト

    ポルさん、いつもありがとうございます。
    P320の暴発は原因がよくわからないのですね。
    そういう銃をそのまま市販していいものか、と個人的には思ってしまうのですが、P320自体の売れ行きは好調みたいなのでアメリカ人の考えることはよくわかりません。
    「売れているからこれでいいんだ」で済ますのではなく、SIGは一度P320をゼロから洗い直してみる必要があるのではないでしょうか?
    個人的に信頼していたSIGに裏切られたようでとても残念です。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
返信先: SIG P320の暴発事故はまだ収まっていない?
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました