MP5の今後

  • このトピックには1件の返信、2人の参加者があり、最後にポルポルにより5ヶ月、 2週前に更新されました。
2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #96496返信
    リナ一ド
    ゲスト

    登場以来「特殊部隊など公的機関向けの高性能な短機関銃」として著名なMP5ですが、基本設計が古いなどの理由で置き換える動きはあったりするのでしょうか。勿論M2重機関銃のように何十年も第一線に居続ける火器もありますが、様々なメーカーが公的機関向けの製品を発表している比較的競争の激しそうなジャンルにおいて登場から半世紀ほども経つMP5にはそろそろ第一線を退くといった話が聞こえてきてもおかしくないように思えるのです。

    #96500返信
    ポルポル
    キーマスター

    70~90年代と比較すると現在のMP5のシェアは小さくなっています。

    アメリカでは1997年のノースハリウッド銃撃事件や2001年の同時多発テロを切っ掛けに、ボディーアーマー貫通能力や200メートルを超える射程距離を求められるようになり、ライフル(AR15)やPDW(FN P90/H&K MP7)に置き換わる法執行機関が増えています。

    また軍においても同様に、デルタフォースやネイビーシールズがMP5からSIG MCXに交替したように、火力の向上が求められています。

    設計の古さは交替理由の1つではありますが、要求される内容の変化が要因となっている傾向があります。

    しかし、PDWに変更した法執行機関によっては「MP5の方が良かった」という現場の声もあり、まだしばらくはMP5も現役で利用されそうです。
    都市部では貫通弾による二次被害のリスクが高いため、9mmホローポイント弾の貫通力の低さや命中精度の高さからMP5に需要があります。

    関連トピック:UMPはなぜ普及しなかったのか

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
返信先: MP5の今後
あなたの情報:




Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検出しました

 

広告ブロッカーをオフにしてブラウザを更新してください。

当サイトは広告収入で運営しており、広告を表示して応援していただける方へ情報を提供したいと考えております。

ご協力のほどよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました